ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0622DY

吸血嫌いの吸血鬼~伯爵様は血が苦手~

あらすじ  ボティルアーモ街の港から見えるリスタムン島に住むレムン伯爵は吸血鬼。――というウワサがあるのは、きっとレムン伯爵家の人と交流がないからだと、食堂兼総菜屋を営むシャルは考えていた。吸血鬼なんて、いるはずがない。
 けれどレムン伯爵家の当主、サムタンは間違いなく吸血鬼だった。しかも彼は血が苦手で、いつも貧血気味。
 愛を知った吸血鬼は血を吸わずに生きていける。――そうと知ったサムタンは愛を求めて島を抜け出したはいいものの、シャルの食堂裏で貧血を起こして倒れてしまった。
 吸血嫌いの吸血鬼レムンと、そんなものは存在しないと思っているシャルの物語。

カクヨムにも掲載しています。https://kakuyomu.jp/works/1177354054881855475
作者名 水戸けい
キーワード 異類婚姻譚 ヒストリカル シリアス 女主人公 西洋 中世 吸血鬼 人狼 執事 町娘 伯爵 貴族 アイリス恋愛F大賞7
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 04月20日 10時43分
最終部分掲載日 2017年 05月12日 18時00分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 9件
総合評価 28pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 109,314文字
N1234EC| 小説情報| 連載(全80部分) | 歴史〔文芸〕
 左大臣・久我久秀の三の姫、朔は公家の姫らしく、しとやかにするのが苦手だった。父の勧めで都から二日ほどの距離にある別荘に、遊びに来ていた。  朔の「変わり者」というウワサを聞き、好奇心から従者に紛れ込んでいた、家柄は良い//
N0622DY| 小説情報| 完結済(全23部分) | 異世界〔恋愛〕
 ボティルアーモ街の港から見えるリスタムン島に住むレムン伯爵は吸血鬼。――というウワサがあるのは、きっとレムン伯爵家の人と交流がないからだと、食堂兼総菜屋を営むシャルは考えていた。吸血鬼なんて、いるはずがない。  けれど//
N8215DP| 小説情報| 完結済(全42部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 竹井田晴信は、霧衣の国主であり父親の孝信の悪政を、民から訴えられた。家臣らからも勧められ、父を姉婿のいる茅野へと追放する。  父親が国内の里の郷士から人質を取っていたと知り、そこまでしなければ離反をされかねないほど、酷//
N8212DP| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 これは心理テストです。グラスの中の水は、どのくらい入っていますか。ぱっと思い付いた量を、書いてください。  バカみたい。  そう思いながら、アヤカはみんなと同じようにペンを持って、記入した。  どういう結果が発表される//
N8188DJ| 小説情報| 完結済(全126部分) | 歴史〔文芸〕
 神の末裔である申皇の治める世。各地にある申皇の管理下に置かれた国は、『府』と呼ばれ、官僚である領主と豪族が管理をし、民を虐げていた。そんな中、自らを楽士と称する烏有は「民のための府」を求めて、旅をしていた。そんな折、彼//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ