ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0596DT

雨とコーヒーと私

短編
あらすじ 季節は秋、とある街に住む女子大生である『私』はレポートの資料を求めに古書店へ赴く。
その帰り道天気予報にない急な雨に遭い、急ぎ足で駆け出すとふと喫茶店が目に留まる。
雨宿りだけも何だし、折角だからと入店するとそこには若いマスターが居て…。
雨の憂鬱を出会いが塗り替えるささやかな物語。
作者名 メイカ
キーワード 日常 女主人公 レコード盤 喫茶店 成長 秋 雨 コーヒー
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 01月12日 19時35分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 20pt
ポイント評価 10pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,545文字
N2909DW| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
不治の病に罹り、入院生活を余儀なくされる少女・ヘレナ。 失意の彼女を救った優しいヘレナの兄は、先日親友を事故で亡くし酷く落ち込んでいる。 そんな彼の為に、ヘレナは残された僅かな時間を注ぎ込みあるものを創る決意をした。 そ//
N0596DT| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
季節は秋、とある街に住む女子大生である『私』はレポートの資料を求めに古書店へ赴く。 その帰り道天気予報にない急な雨に遭い、急ぎ足で駆け出すとふと喫茶店が目に留まる。 雨宿りだけも何だし、折角だからと入店するとそこには若い//
N0382DM| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
人間と妖怪がひっそりと共存する現代世界。 磯姫の少女・姫乃と親友の妖怪である雪女の少女・冴雪は、共に営む氷菓専門店を海へと出張させていた。 二人と一緒に居るのは人語を解する雉柄の化け猫と、彼女達を引き合わせる切っ掛けを作//
N9486CY| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
これは私がまだまだ幼く遠出も出来ない、物心付く前頃の記憶です。 何もかもが新鮮で透き通って見えた景色、その中でも特に綺麗で心に焼き付いていた光景があります。 その光景と感覚を私なりの言葉で綴ってみました、宜しければどうか//
N5383CR| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
舞台は過去、白亜期を生きる最大規模の翼竜・ケツァルコアトルスの物語。 動物ドキュメンタリー番組風に、主人公・ケツァルコアトルスの一日の暮らしを追います。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ