ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0586CP

僕は、お父さんだから(書籍名:遺伝子コンプレックス)

あらすじ 遺伝子最適化が合法化され、日本人は美しく優秀であることが一般的になった。そんなご時世に、最適化されていない『未調整』の布津野忠人は、三十歳にして解雇され無職になってしまう。ある日のハローワークからの帰り道、彼は公園で完璧なまでに美しい二人の子どもに出会った。
「申し訳ありませんが、僕たちを助けてくれませんか?」
彼は何となく二人と一緒に逃げ回ることになり、次第に最適化された子どもの人身売買の現場へと巻き込まれていく。 

――これは『未調整』の男と『モドキ』の子どもが、本物の『家族』になる物語。


※プライムノベルス様より2017年6月21日に『遺伝子コンプレックス』として出版させて頂くことになりました。
作者名 舛本つたな
キーワード 残酷な描写あり  ディストピア 家族・親子 デザインチルドレン 草食系ハードボイルド SF 遺伝子操作 主人公最強 ヒューマンドラマ
ジャンル アクション〔文芸〕
掲載日 2015年 03月25日 13時52分
最終部分掲載日 2017年 11月21日 19時00分
感想 547件
レビュー 6件
ブックマーク登録 6,038件
総合評価 17,316pt
ポイント評価 2,615pt  : 2,625pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 717,586文字
N0586CP| 小説情報| 完結済(全106部分) | アクション〔文芸〕
遺伝子最適化が合法化され、日本人は美しく優秀であることが一般的になった。そんなご時世に、最適化されていない『未調整』の布津野忠人は、三十歳にして解雇され無職になってしまう。ある日のハローワークからの帰り道、彼は公園で完璧//
N8933DX| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
 これは、2017/04/10〜2017/04/15の期間に、私が拙作を使って小説家になろうにおける効果的なタイトルを検証した結果です。小説家になろうではタイトルは非常に重要と言われています。また一部では、文字数が長い小//
N6397CO| 小説情報| 完結済(全13部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
「父さんは正義のヒーローだったんだ」――高校生ハヤトは父親からそう告白され、アマヤドリ荘に住むように言われた。そこで出会った美しい少年に命じられ食堂の料理人になることに。天才少女、陰陽師、未来人、神様……個性豊かな住民に//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ