ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0394BJ

アリクイさんのおはなし

短編
あらすじ アリクイ一家についてのおはなし。
謎解き要素もあります。ほのぼの系を目指して書いたのに…(後は読んでのとおりです)
テーマは「信号機」と「独り言」合宿中に書いた作品です。
作者名 遠藤 鞘
キーワード 残酷な描写あり  SF 悲劇 動物 現代(モダン) パラレル 晒し中
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2012年 09月14日 23時46分
最終更新日 2012年 09月15日 00時19分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 48pt
ポイント評価 24pt  : 22pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,794文字
N0394BJ| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
アリクイ一家についてのおはなし。 謎解き要素もあります。ほのぼの系を目指して書いたのに…(後は読んでのとおりです) テーマは「信号機」と「独り言」合宿中に書いた作品です。
N6271BH| 小説情報| 完結済(全3部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
前編:アクアリウムを舞台とした「水樹」と「和」の二人で織りなす一夏の切なく淡い、甘い恋物語。 後編:前編で示唆される二人の抱える問題が奇妙な方向に転がっていき、前編とは全く違ったトーンの話となります。解決編です。 ※H//
N8807BC| 小説情報| 連載(全14部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
平凡に生きてきた高校生「木下 悠一」の前に、ある日現れたのは美少女・・・ではなくおっさんだった!? 悠一は彼から謎の「三つの石」を授けられる。 平凡だと思ってきた「この世界」にはどうやら不思議も魔法もあるらしい。 悠一と//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ