ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0343DT

或る日の彼女

短編
あらすじ 初投稿です。午後を気ままに過ごすだけの女の子のお話。テストの意味合いが強く、別段捻ってるわけでもありません。もしかしたらこの世界観で話を続ける・・・かも?
作者名 漣蓮
キーワード 日常
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 01月12日 00時24分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 328文字
N8293DV| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
春一番も吹いた数日後、雨が降る中「私」は何時も通り行きつけの店へ向かう。
N5988DT| 小説情報| 連載(全2部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
街で最大の鍛冶屋の一人娘である"私"は勉強や店の手伝いをしながら気楽に暮らしていた。忍び寄る魔の手に気付かずに・・・
N5260DT| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
受験の差し迫ったある冬の夜、彼女には別の試練が待ち受けていた・・・
N4327DT| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
あの日、あの時、あの場所で・・・白百合のような美しい彼女と過ごした時間を思い出したい。
N3374DT| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
部活も勉強もうまくいかなくて・・・それでも学校に通う女子高生の寂しい冬の午後のお話

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ