ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0337DT

俺には言えない~亡き祖父の意味深な一言~

短編
あらすじ 祖父の残した一言。
私には当初、ボケがそこまで進行したか、という程度の認識だった。
だが、その意味を今考えると、絶対に言えない一言だった……。
作者名 リューク
キーワード 日常 私小説 ホームドラマ 嫉妬 束縛 寛容
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 01月12日 00時19分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 7件
総合評価 117pt
ポイント評価 51pt  : 52pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 548文字
N0940EC| 小説情報| 連載(全8部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
王国暦512年、一つの国が滅びた。 王国の名は「オルレンシア」かつて騎士王によって建国された王国である。 滅びる王国から2人の騎士によって連れ出された若き王子の姿があった。 「アリューゼ・フォン・オルレンシア」第13代王//
N8670EE| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
吹きすさぶ吹雪の夜。 僕の目の前で、目を腫らして涙ぐむ君が居る。 別れの短編物語。
N0959DN| 小説情報| 連載(全134部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
城と歴史に魅せられた俺(30)は彼女無しの生粋のオタクとして現代日本で生を全うするはずだった。 ところが、ある日買い物に出て気づいたら異世界に飛ばされていた。 それも鎧兜に魔法、魔物のおまけまでついてくるファンタジーな世//
N5094EC| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
この話は、私自身の経験と推測によるものです。 正しい保証などは一切ありません。裏付けを必ずご自身の手で行ってください。
N5948EA| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
初めましての人は初めまして、お久しぶりの人はお久しぶりです。リュークですァィ(。・Д・)ゞ 今回は、私のふと思った疑問をつらつらと取り留めもなく書いております。 なぜ異世界にレベルやスキルという概念が必要なのかという疑//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ