ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0325ED

オバケなんてないさ

短編
あらすじ オバケなんていないと言っていた彼女は、オバケを見たいと言っていた。
作者名 羽栗明日
キーワード ミステリー サスペンス 怪談 男主人公
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月18日 22時18分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 20pt
ポイント評価 9pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,359文字
N3749EA| 小説情報| 連載(全7部) | 推理〔文芸〕
 戸時雅人は悩みを抱えている大学生。普段の人間関係など彼の悩みは尽きない。そう考えながら眠りにつくと彼は知らない夢の世界に迷い込む。そのこともまた、彼の悩みの一つだった。  行きつけの喫茶店の常連である探偵・須玖寺薫とひ//
N0325ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
オバケなんていないと言っていた彼女は、オバケを見たいと言っていた。
N5545DZ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
死んでしまった私。いつの間にか知らない場所に寝ていた。そこで私は彼女と出会う。
N7935DV| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
自分の思い出が詰まった場所。そんな場所、あなたにありますか?
N5765DV| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
これは私達が生きてく上で、忘れてはいけないこと

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ