ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0220BS

氷妃を殺した暗殺者

短編
あらすじ 氷妃と呼ばれる王妃が居た。美しい容姿とは裏腹に心は氷のように冷やかだったという。皇帝からの寵愛も向けられず、それでもなお凛と咲き誇る氷の華。そんな氷妃に突き付けられた一本の短剣。自分を殺すために向けられた暗殺者に、氷妃は穏やかに微笑んだ。「私は――貴方を心からお待ちしておりました」
作者名 佐倉硯
キーワード R15  悪役令嬢 恋愛 ファンタジー シリアス すれ違い 中世 皇帝 王妃 じれじれ ドキドキ ハラハラ
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2013年 07月08日 23時33分
最終更新日 2013年 08月06日 00時34分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 3,060件
総合評価 12,540pt
ポイント評価 3,204pt  : 3,216pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,650文字
N3073DV| 小説情報| 完結済(全6部) | 現実世界〔恋愛〕
人見知りで赤面症が激しく、内向的な自分をどうにかしたいと思いつつ、ままならない学校生活を過ごしている岡田紗雪(おかださゆき)。 そんな紗雪の日課は、放課後の図書室から陸上部の部活動風景を眺める事だった。 その中でも一際頑//
N4817DV| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
僕の父親はクズだ。一代で大きな会社を立ち上げ、日本の経済の一端を担うまでにもなっているが、一方プライベートでは家族を蔑ろにし、愛人を何人も囲う最低な奴。そんな父と絶対離婚しない儚げな母。そんな母と僕は、突然異世界に連れ去//
N2779CB| 小説情報| 連載(全11部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
何の予備知識もなく突然異世界に落ちた神崎直人。勇者としての自覚もなく、また周囲も彼を勇者と知らないまま、彼は奴隷として異世界で生きていくことを余儀なくされた。非道なまでに虐げられ続けた直人は、募った憎悪が爆発し、異世界の//
N9423DF| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
システム運営部第二システム課課長の横山さんは、仕事の鬼と呼ばれ、眉間にシワを寄せているのがデフォルトだ。 そんなマイペースな横山さんに影響され、取り巻く環境や、周囲の人々が徐々に心境の変化を起こしていく。 営業部に所属す//
N6120DF| 小説情報| 連載(全2部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
シャルル・ホワイティスは前世の記憶を持つ以外は、ちょっと生い立ちが複雑なだけのどこにでもいる少女である――と本人は思っている。 四大精霊の一人が保護者になったり、亡国の王子様を拾ったり、望む平凡とはなぜか縁遠くなりながら//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ