ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0186BU

魔法書を作る人

あらすじ 35歳童貞社畜の四十万静はサービス残業中に過労で倒れてしまう。
思い返せば酷い一生だった。オタばれからいじめられ、以来だれにも心を開かず、就職してからは働いて働いて、友達も恋人もなく孤独に生きてきた。
結局、そのまま息を引き取った静は異世界に転生し、7歳の誕生日に前世の記憶を取り戻す。
折角、手に入れたチャンス。今度こそ誰にも束縛されず自由に、心を開いて生きようと決意する。
こちらの世界には漫画もアニメもないけれど、どうやら魔法はあるらしい。
今こそ、あの名作で描かれた魔法を実現するとき!
決意を胸に静はシズとして生きる。
ネット投稿は不慣れです。おかしいところがありましたらご指摘いただけると助かります。
2013年12月31日、本編完結しました。
2014年5月30日、書籍1巻発売しました。
2014年9月30日、書籍2巻発売しました。
2015年4月30日、書籍3巻発売しました。
2015年9月30日、書籍4巻発売しました。
2016年1月30日、書籍5巻発売しました。
2016年6月30日、書籍6巻発売しました。書籍は完結となります。
作者名 いくさや
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生  魔法 異世界 学園 少年 転生 主人公きもい 成長に期待、無理か
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2013年 09月08日 18時23分
最終部分掲載日 2015年 06月11日 19時02分
感想 1,840件
感想受付停止中
レビュー 4件
ブックマーク登録 24,505件
総合評価 69,057pt
ポイント評価 9,919pt  : 10,128pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 890,278文字
N9894EA| 小説情報| 連載(全94部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
昔むかし、あるところに強く優しい一匹のドラゴンがいました。 ドラゴンは仲の良かったたった一人の人間に頼まれ、人の街を守り続けました。 ですが、あまりに強すぎるドラゴンだったために、街の人からは恐れられ、嫌われていました。//
N0847DB| 小説情報| 連載(全179部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
世界的に有名な考古学者である苅谷織人は、七十歳を過ぎても冒険心の塊。 だが、既に世界中の謎は明らかにされようとしていて、彼の求める冒険は手に入らないと嘆くようになっていた。 そんな中、教え子の問題児の起こしたトラブルに対//
N4023CS| 小説情報| 連載(全24部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔法書を作る人の番外編です。 本編を読了後に読む事を強くお勧めいたします。 基本的に作者がネタを思いついた時に更新しますので、時系列がバラバラで、不定期の連載となります事をご留意いただけると幸いです。
N0186BU| 小説情報| 完結済(全238部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
35歳童貞社畜の四十万静はサービス残業中に過労で倒れてしまう。 思い返せば酷い一生だった。オタばれからいじめられ、以来だれにも心を開かず、就職してからは働いて働いて、友達も恋人もなく孤独に生きてきた。 結局、そのまま息を//
N4099BS| 小説情報| 連載(全19部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
目覚めると全裸で神木の下。 変態&不審者の疑いから逃げた先で少年が手に入れたのは三種の神器と呼ばれる神具だった。 ここはどこなのか。どうしてこんなところにいるのか。神具って?妖精ってなに? 様々な疑問はあるもののとりあえ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/N0186BU

魔法書を作る人 - チラシの裏の読書感想文

魔法書を作る人35歳童貞社畜の四十万静はサービス残業中に過労で倒れてしまう。 思い返せば酷い一生だった。オタばれからいじめられ、以来だれにも心を開かず、就職してからは働い
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-1222.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ