ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0185EA

生贄少女と彼女の転生騎士

あらすじ  ベルは森の中で家族のスノードと暮らしていた。そんな彼女はいつも夢を見る。ボロボロになりながらも自分を守る騎士の夢を。ベルは、それがもしかしたら前世の記憶かもしれないと思っていた。彼女には人間には使えないはずの魔法が使えたからだ。きっとそれが何か関係あるものだと思えてならなかった。だが、魔法が使えるせいで麓の村の住人から忌み嫌われていた。そしてそれが理由で、彼女はある日村の住人に生贄に選ばれてしまう。
作者名 遠出八千代
キーワード R15 残酷な描写あり  冒険 シリアス ダーク 中世 魔王 勇者 西洋 転生 異世界転生じゃない ヤンデレ ファンタジー 騎士
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 05月26日 16時53分
最終部分掲載日 2017年 07月25日 19時02分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 63件
総合評価 145pt
ポイント評価 10pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 50,546文字
N6085EO| 小説情報| 完結済(全4部分) | 現実世界〔恋愛〕
 私達中学三年生は夏休みの終わりから運動系の部活も含め、皆本格的な受験勉強に移行した。インターハイを終えた陸上部の天童君もこの夏で本格的な受験勉強に入ったらしく、私と同じく隣町の塾までバスで通っている。偶然バス停で彼と出//
N3876EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
 母の香水は大人のにおいがした。嗅いだことのない香りで、なんというか上品なサラダ油みたいなにおいだった。私は、香水を始めにつけた首筋の匂いを確認するため、顎を引き、くんくんと嗅いでみたけれど、自分の体につけた香水の香りが//
N9858EN| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
 春子はバイオロイドだ。今年で製造から16年が経過する。だが、ごく平凡な女子高生らしく、朝起きて、ご飯を食べ、電車に乗り、学校に向かう。放課後は友人と喫茶店かカラオケにいき何気ない日常に勤しむ。そんなある日、春子はあるア//
N2680EN| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
 初めてのお客さんですね!ハロー、ハロー、こんにちは!ようこそ、猫猫亭に!ほら、お客さんもそんな入口に立ってないで、冷やかしじゃなったらどうぞ中に。狭いですけど。注文はクリームパスタでよろしいですか?ん、なんですか?料理//
N1902EM| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
 私の名前は薫という。今年で歳は二十半ばを迎える。父を結核で亡くし、幼い姉妹達を養うため叔父の家に女中として奉公に行った。そして、そこで叔父の息子「清太郎」と出会うことになる。あれは、まだ清太郎さんが両の手の指で数えられ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ