ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0176BE

エルフ彼氏

短編
あらすじ 告白された。付き合い始めた。最初のデート。彼とは大学で出会った。一個年下の……エルフの男の子。
作者名 牛髑髏タウン
キーワード 青春 エルフ 会話 大学生 現代 告白 SF
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2012年 04月14日 13時38分
最終更新日 2013年 10月12日 22時27分
感想 12件
レビュー 1件
ブックマーク登録 318件
総合評価 1,875pt
ポイント評価 614pt  : 625pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 11,190文字
N8855EC| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「魔王に999のダメージを与えた! 魔王を倒した!」 勇者とその仲間である格闘家ゴルモス、魔術師リーナ、そして「計算士」ネーシャが魔王に立ち向かう。 何度も何度も。
N9850DT| 小説情報| 連載(全32部) | 異世界〔恋愛〕
 異世界にも関わらずまるで現実と同じように「就職しろ」と言われたので仕方なく転職の神殿に向かった就職浪人中のタケマサは「殺人でみんなを笑顔にするの」と何度聞いてもセリフがバグってるとしか思えない女の子ティルミアと出会う。//
N9824DF| 小説情報| 連載(全12部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
夜な夜な、バーで行われる会話のかけらと、その周辺のできごと。妄想たくましい人も、異世界からの客人も、お酒を飲みながら話に花を咲かせる。ただそんな話です。
N0417CV| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
山、谷、山、谷、山、谷。  端から、一の山、一の谷、二の山、二の谷、三の山、三の谷と呼ばれていた。そこに住む若者、マサヒトとミキヒサは二の山の頂上に来ていた。今日この日、この谷にやってくる「黒い嵐」を見るために。
N7729CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
俺達四人は、文化祭の後夜祭にあわせて、大文字焼きのまねごとをすることにした。もちろん許可なんか出ないから、勝手にやることにしたんだ。大丈夫、山火事なんか起こさないぜ。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n0176be

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ