ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0145BY

大きな狐と女の子

短編
あらすじ 僕がまだ小さかった頃、畑仕事をする両親そばでいつも一人で遊んでいました。そんな時、見知らぬ女の子に連れられて林の中へ。すると…。
作者名 日下部良介
キーワード 冬童話2014
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 01月14日 15時22分
感想 4件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 18pt
ポイント評価 10pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,365文字
N6602EO| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
バレンタインデーが過ぎたら、男性はホワイトデーにどうするか考えなくてはならない…。
N6596EO| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
朝起きるとテーブルの上にバレンタインのチョコがあった。きっと、妻からのものだ…。
N5276EN| 小説情報| 連載(全5部分) | エッセイ〔その他〕
 こんにちは。日下部良介です。  この作品は節目となる時期に書かせて頂いている自己紹介的なエッセイです。今回はどんな節目なのかと言うと、僕がここに初めて作品を投稿したのが2008年2月27日。つまり、もうすぐで10年にな//
N3063EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
亜衣は親友の友里のために恋のキューピットになろうと決意した。しかし、やることなすこと裏目に出る。果たして、友里の恋は…。 『告白2018』作品“募る想いを胸に抱いて”の番外編です。
N2440EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
小学6年の時の陸上記録会。一人小さな男子が出場していた。私はなぜか彼が気になった。中学に入ると彼が同じクラスだった…。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ