ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0145BY

大きな狐と女の子

短編
あらすじ 僕がまだ小さかった頃、畑仕事をする両親そばでいつも一人で遊んでいました。そんな時、見知らぬ女の子に連れられて林の中へ。すると…。
作者名 日下部良介
キーワード 冬童話2014
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 01月14日 15時22分
感想 4件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 18pt
ポイント評価 10pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,365文字
N7507EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
休日出勤が当たり前の中間管理職。いつものように家を出たのだけれど…。
N3948EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
愛しの横浜球団がクライマックスシリーズ進出を賭けて戦っている折、子供とキャッチボールをしていた僕は見知らぬ男に声を掛けられた…。
N3425EG| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
いつもカップルで賑わうデートスポット。でも、今日は様子が違う…。
N2924EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
仲のいい妻と娘が最近ハマったゲームをしながらガールズトークに花を咲かせている…
N2322EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
最近、台所に小蠅が目立つ。そこで妻が買ってきたのは…。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ