ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0068DT

森のウシュク

短編
あらすじ ウシュクは精霊に近いひとの魂で、精霊になるため、森の泉の中にずっと座っていた。人としての記憶はすでになく、いつからここにいるのか、もう覚えていない。精霊になる日も近づいたある日、彼女のもとに、誰かを探して森を彷徨う、憔悴した男が現れて……
作者名 茉雪ゆえ
キーワード 古典恋愛 中世 貴族 妖精 精霊 騎士
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 01月11日 14時42分
最終更新日 2017年 01月13日 21時08分
感想 7件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 735件
総合評価 3,982pt
ポイント評価 1,257pt  : 1,255pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,542文字
N7099DT| 小説情報| 連載(全12部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔法の国の片田舎、鄙びた町で育った「小さなブランシェ」は、学者になりたかった。けれど兄の強いすすめで、魔法使いを目指すことになる。魔法の名門、『園』で彼女を待つのは、個性的な魔法使いの卵たちと、彼女も知らない『自分の秘密//
N9888EB| 小説情報| 連載(全1部分) | コメディー〔文芸〕
――王妃と王女の身辺を調査せよ。 なにやら、奥宮にて、王妃と王女に近寄る怪しい女官がいるらしい。近衛隊のジャスティンとクリストファーは上官に、奥宮への潜入捜査を指示される。二人は女官に扮し、奥宮の人々に紛れる事になったの//
N1253CJ| 小説情報| 完結済(全55部分) | 異世界〔恋愛〕
見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリスNEOから2016/9/30に書籍版が発売されました。書籍化//
N7548CQ| 小説情報| 完結済(全4部分) | 異世界〔恋愛〕
 領主様――ポルタ伯爵様のご長男のウェスペル様は、道楽息子の好色息子で、ちゃらんぽらんのダメ息子だ。なんでも、社交界デビューを迎えてからというもの、ふわふわふらふら、あちらこちら、貴婦人たちと遊び歩いているそうな。  …//
N0068DT| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
ウシュクは精霊に近いひとの魂で、精霊になるため、森の泉の中にずっと座っていた。人としての記憶はすでになく、いつからここにいるのか、もう覚えていない。精霊になる日も近づいたある日、彼女のもとに、誰かを探して森を彷徨う、憔悴//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n0068dt

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ