挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
道の果ては 作者:花咲リナ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/23

5



ローアルが運んできたのは、お粥のようなドロドロした白い物だった。

「はい、あーん」

木のスプーンで一口掬い、ニコニコとこちらに向けるローアル。

「……一人で」
「あーん」
「……」

小さく口を開けると、上手い具合にスプーンを入れられる。

広がるのは、温かい味。

「……おいしい」

思わず零れた言葉。
本当においしい。
こんなに美味しいもの、初めて食べた。

味はお粥ではなかったが、優しい薄味で、食感はじゃが芋に似ている。

「……たくさん食べてくださいね」

一瞬だけ、何か言いたそうな表情を浮かべたローアルだったが、すぐに嬉しそうな笑顔でスプーンをこちらに向けた。


「あの、一人で」
「遠慮はいりませんよ」

結局、全部食べさせてもらった。
今度は自分で食べよう。


サイドテーブルに置いたままだった水を飲み、一息つく。

ローアルは空になった皿を下げに行き、ヘルもそれに付いて行った。
今この部屋にいるのは、自分とムゥだけだ。

最優先に考えるべきことは、この世界に残るかどうか。
薄暗くなってきた外の景色を眺めながら、考えを巡らす。

正直、ここは帰るべきなのだと思う。
この世界に残ったとして、常識も何も分からない場所で一人暮らしていくのは難しい。
だったら日本に帰った方が、断然良いに決まってる。

だけどなぜか。迷う自分がいることに、戸惑っていた。
どうして迷うのか。答えは歴然としているのに。日本に帰れば難なく暮らしていける。自分を必要としている人がいる。

必要としている……。
本当に?

いや、例えそうでなかったとしても、この世界より安全なはずだ。
なのに、どうして――。

分からない。
分からないことは、そのままでいい。
だけど、ヘルは答えを出せという。

どうすれば、いいのだろう。


「アキヨ」

ハッと我に返る。
見れば、すぐ近くにローアルが立っていた。全然気付かなかった。
ヘルはまだ戻ってきていないようだ。

ローアルはベッドの端に腰掛け、こちらに体を向ける。
その表情は、真剣なものだった。

「ヘルから聞きました。元の世界に戻るか、迷っているって」
「……」

正に今、考えていたことを言われ、無意識に身構えてしまう。

「私達はアキヨの答えを尊重します。ただ――」

ローアルは逡巡するように言葉を切る。
優しく手を握られた。
夜空のような瞳が、揺れる。


「アキヨは、向こうに帰って幸せですか?」

「……え」


予想外の言葉に、思考が止まった。

「し、あわせ……?」

考えたこともなかった。
思い付きもしなかった。
だって。

「分からない。しあわせってなに」


幸せだと思ったことなんてない。
だけど、不幸だと思ったこともなかった。
自分で命を絶とうとしたことはないけど、生に執着したこともない。
ただ、それだけ。

幼い頃、施設で暮らした数年間。なぜ自分は生きているのか考えていた。
いくら本を読んでも分からない。記憶を失くして空っぽの自分が、空っぽの日常を消費することに何の意味があるのだろう。何のために、生きているのだろう。
だけど逆に、死ぬ理由もなかった。

祖父の家で過ごした日々。
祖父は言った。『役に立て』と。
初めて、生きる意味を見い出せた。だから例え暴力を奮われたとしても逆らわなかったし、見知らぬ人との婚約にだって従った。
それが、自分に与えられた存在意義だったから。

この世界に来てからも、何も変わらない。

働く場所があり、それを求められている限り拒否する理由はない。例え鑑賞用でも奴隷でも、必要とされているのならそれで良かった。

研究所でも、どんな実験だって受け入れた。実験体だろうと、それを必要としている人が目の前にいた。

どんな状況でも、そこに自分の存在意義があるのなら生きてきた。

だけど、今この家に、この場所に。
自分がいる理由はない。

だから、日本に帰る。

そう、今までの自分のルールに従えばそうなるはずだ。
なのに、なんで。


「幸せを知らないのなら、これから知っていけばいい」

優しい声に、肩が震えた。

「アキヨ」

握られた手が熱い。
熱が伝わってくる感覚に身震いする。

そうか。

ヘルもローアルも、優しいのだ。

初めて、こんな優しさに触れてしまったから。

だから、迷ってしまう。

この優しさに、縋ってしまうのだ。


「どうすれば、いいの」

出た声は余りに弱々しく、今にも消えてしまいそうだった。
だけど、彼には聞こえたようだ。

「この世界に残ればいい」

何の迷いもなく、ローアルは言い切った。

思わず顔を上げる。しかしその表情を見る前に、視界が暗くなった。
突然のことに動揺するが、すぐに抱き締められているのだと気付く。

「アキヨ……」

名前を呼ぶ声は、どこか不安げに揺れている。

こんな風に抱き締められたのは、記憶する限り初めてで。
温かい体温が、じわりと沁みる。

まるで母親に縋りつく子供のように――、こんな風に抱き締めてくる相手を、突き放す方法なんて知らない。

「……」

今まで、記憶する限り。
自分で選択することなんて、なかった。

言われた通りに従い、求められる通りに動いてきた。
だけど今回は違う。

初めて迫られた選択肢。
……ああ、そうか。
だから、こんなにも――。


「っ」

――怖いのか。


「……わたし」

選択することって、怖い。
こんなに、怖いことだったんだ。

選んだ道が、間違っているかもしれない。
いつか後悔する日が、来るかもしれない。
だけど……。

「わたしは」


ごめんなさい――……。


「この世界に、残ってもいいですか」


ごめんなさい、お祖父様。

私は、彼の言う「しあわせ」が何なのか、知りたいと思ってしまいました。



「っ!もちろんです!!」

途端、パッと顔を上げたローアルは満面の笑みを浮かべ、次の瞬間にはギューッと抱き締められた。

「ああっ、アキヨ!ありがとうございます!」

なぜかお礼を言われ戸惑う。

いや、それより。

だんだんと抱き締める力が強くなり、病み上がりの身体が悲鳴をあげていた。

「……ローアル、さん」
「っ!」

バッと体を離すローアル。気付いたのかと思ったが、違うらしい。

肩を掴んだまま、こちらを凝視している。

「今……!」
「?」

「初めて、名前を……!!」

言われて気付く。
確かにローアルの名前を呼んだのは、これが初めてかもしれない。

何か駄目だったのだろうか。

少し不安になりローアルを伺うが、その瞳はなぜか輝いている。

「もう一度、呼んでいただけませんか!?」

「ろ、ローアルさん」
「呼び捨てで構いません」
「……ローアル?」

「ああっ!」

呼ぶと、左胸を抑えるローアル。
……大丈夫だろうか。

気付けば再びローアルの腕に閉じ込められていて、抵抗を諦め、体の力を抜く。


――少し、早まったかな。

そう思いながらも、不思議と気分は軽かった。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ