挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
境界迷宮と異界の魔術師 作者:小野崎えいじ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

404/1302

389 幻惑の森

 王城の探索も一通り終わり、ラムリヤが仲間として加わったところで……みんなでシリウス号に乗り込み、まずは予定通り空から森を見てみるということになった。
 操船は俺が行う。操船しながら周囲の状況を把握して、地図を作るためである。
 光魔法で姿を消したシリウス号が浮上する。森へ向かう冒険者達の姿を眼下に見ながら彼らと同じ方向へと飛行船を進めていく。
 外壁を越えて、森に差し掛かった途端――。

「テオドール。これを見て」

 と、クラウディアが方位磁石を見せてくる。方位を示す針がぐるぐるとせわしなく回っていた。

「予想はしていたけど……迷うわけだ」

 方位が分からなくても適当に彷徨っていれば外縁部に導かれてしまうのであれば、森から脱出する分には心配いらないのかも知れない。自分の位置を見失っても森の外縁部をぐるりと歩けば拠点には戻れるという寸法だ。

 事実、そのようにして森で得た物資を担いで拠点に戻る冒険者達の姿も上空から確認できた。外縁部は草原だから砂漠を歩くよりは気温も凌ぎやすくなるだろうし、食料や飲み水も上手くすれば確保できるだろう。冒険者達も上手く森の特性を利用しているようだ。

 そのまま森の上空を進む。やはり樹冠の密度が高く、森の中の様子は空からでは窺い知れない。
 まずはこのまま森を縦断してから外縁部を一周して、緑の生い茂る範囲がどれだけ広がっているのかなどを縮尺模型にすることで大体の地形を把握させてもらうとしよう。
 方位磁石が無いから方向感覚は狂ってしまうのだろうが、水晶板から見える旧都の位置を目安にすれば大まかには問題がないはずだ。
 そのまま進んだところで、グレイスが尋ねてくる。

「ん……船の進行方向を変えましたか?」
「いや。ちゃんと旧都を目安に進んでるし進行方向は変えていないはずだけど……あれ?」

 んん? 旧都を置く方角を間違えていた……か? シリウス号の進む速度を緩めて、状況を確認する。
 ――いや、待て。何か違和感がある。旧都から出てきてまず森を縦断するのだから……街を背負うように進んでいればいいのだ。
 だからこの位置関係で間違いがない……はず。そんな単純なことで、悩む理由なんてないのに。何か間違っているような、妙な違和感があった。
 見ればみんなもどこか腑に落ちないような、怪訝そうな表情を浮かべている。

「……マルレーン。祝福を」

 俺が言うと、マルレーンが頷いて祈りの仕草を見せた。更に精神防御の光魔法まで重ね掛けする。

「進む方向は間違ってない、はずなんだ。この違和感自体が森にある結界の効果だとするなら納得がいく」

 対策を取ったからか、先程まであった違和感が薄れていく。

「ああ。確かにこれは厄介ね。方位磁石も役に立たない。感覚まで狂わされるとなれば……森の中では、自分がどこにいるか分からなくなるでしょう」

 ローズマリーの言葉に頷く。
 勘に従っても駄目だろうし、理詰めで進もうとした場合も認識を惑わされて外に連れ出されるという寸法だ。
 俺達がすぐに気付けたのは、遠くまで見通せて自分の位置を見失わない空からだったからだろう。

 シリウス号の進む速度や人員の多さも関係している。
 急激に違和感が強くなった上に、人数が多いので結界の影響に個人差まで出て、逆にこちらの認識を惑わしているという手札が浮き彫りになってしまった。
 これが森の中だったらと考えた場合、探索しながら進むとなれば何が起こっているかも分からないだろう。

 件の冒険者グループはどうやって奥に進んだのだろうか。
 例えば……星の位置を確認して方角を見るとか? どちらにしろ認識が惑わされていることに気付けなければ森の中央に向かって進むことはできまい。
 間違っているかもと思いつつも、どこに行けば良いかも分からずに森の中を彷徨うとなったら、かなり精神的な負担の大きな探索になることは間違いない。

「どうする?」

 シーラが尋ねてくる。

「予定通りだよ。このまま一旦森を真っ直ぐ突っ切って、外周に沿って飛ぶ。地図を作ることからかな」

 地図の上に書き記す事柄が増えたぐらいだ。この森は方位磁石を狂わせる他に、認識阻害の結界が広がっている。ならば、その結界の範囲がどこからどこまでなのかを大まかに調べることで、更に探索範囲を絞り込むことができるだろう。地上探索はそれからということになる。



 外周部分をシリウス号で巡って森の広さと形を検分。縮尺模型に地図として作り出す。
 更に認識阻害に対して月女神の祝福で防御する組としない組を作ることで、どのあたりで違和感を感じるか、どのあたりに差し掛かれば違和感が消えるかを、森の上空を往復して割り出していく。
 その結果として――大まかな探索範囲を決めることができた。

「こんなところかな」

 立体模型を見ながら言う。

「お疲れ様です、テオドール様」
「ん。ありがとう」

 アシュレイが持って来てくれたお茶を飲みながら、更に結界内部――探索範囲を拡大した模型を作る。
 結界の範囲は楕円を描いているが……このあたりは感覚頼りで割り出したところもあるので誤差が出てしまうのは仕方がないだろう。
 ここから結界内部に間違いないと思われる場所を、幾つかのブロックに分けて順繰りに探索していくという計画だ。ブロックごとに分けて探索し、マスを潰していくことで、捜索範囲の漏れや無駄を無くす。

 シリウス号は探索ブロック中央付近上空に待機。討魔騎士団をブロックの4隅に待機させて、迷ったかなと思ったら樹上に出てシリウス号を確認すればシリウス号と騎士団達の位置関係から自分のおおよその居場所が分かるという寸法だ。

「では、楕円の中央付近から始めましょうか」

 探索班はパーティーメンバーと、アウリア、エルハーム姫という形になるか。
 船で待機する側は主に監視役となる。基準点になっている騎士団員が攻撃を仕掛けられた際に、援軍や救助を送るような形で……つまりは前線基地となってもらうわけだ。



「すまぬな、お主ら」

 降下しながらアウリアが言うと、枝葉が独りでに掻き分けられるように森の中に降りるための道を作ってくれる。そのまま空いた空間の中に飛び込んで、地上へと舞い降りた。
 森林特有の濃い空気。湿度が高い。鳥や虫、動物の鳴く声がどこからか響いてくる。植生、森の様子は熱帯雨林のそれとでも言えば良いのか。
 ……対策せずに長時間行動をするとそれだけで体力を消耗させられるな。まずは探索班の面々を風のフィールドで防壁を作り、虫や蛇、ヒル等から身を守ると共に快適な温度、湿度を維持することから始めよう。

「ありがとうございます」

 エルハーム姫が礼を言ってくる。

「いえ」

 みんなに魔法をかけながら、周囲を見やる。シダやヤシの木など、北方では見ることのない植物が多いようだ。
 極彩色の鳥が飛び立っていくのが見えた。生態系も、外の砂漠とはまるで違うようである。

 このあたりは既に森の奥ということになるはずだ。冒険者の探索範囲外だから人の手が入った様子も見られないが……アウリアがいると茂みの深いところは枝葉が避けてくれる。後は空中移動を組み合わせれば、割合苦労せずに探索ができそうだ。

「良し――行け」

 魔力を宿らせたバロールを樹上に飛ばし、俺達と共に移動させることで地上班と空中班の間で、互いの位置関係を分かりやすくする。

「……動物が多いわ。そこかしこにいるのね」

 周囲の温度差を探っていたイルムヒルトが言った。となると生命感知の魔法も役に立たないかな。片眼鏡も森全体を覆っている微弱な魔力のせいで情報過多という感じだし。

「分かった。全部把握するのは大変だろうから、こっちに迫ってくるような動きをする者がいないかを警戒してくれればいいよ。ただ……噂話にあった人影には体温や臭い、音があるか分からないから探知能力だけを過信しないこと」
「了解」
「分かったわ」
「はーい」

 シーラ、イルムヒルト、セラフィナの3人が頷く。

「では儂も契約精霊を、互いの位置が分かる程度の距離に広げて探索していくとしよう」
「よろしくお願いします」
「精霊達には何か怪しげな建物を見たことがないかと聞いてみたが、低位の精霊は自我が希薄で要領を得ん。契約精霊以外からの情報は期待できぬと思ってくれ」
「広範囲探知に枝葉避けをしてくれるだけで充分助かってますよ」
「ふうむ。そう言ってくれると嬉しいがの」

 と、アウリアは相好を崩すのであった。
 では……ジャングルの探索と行こうか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ