挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
境界迷宮と異界の魔術師 作者:小野崎えいじ
114/1092

107 北の塔にて

「んー……」

 額を軽く撫でられるような感触で目が覚める。
 薄く目を開くと、そこには逆さに俺を覗き込むセラフィナがいて俺の頭を小さな掌で軽く撫でていた。くすぐったい。

「――おはよう」

 朝の挨拶をすると楽しそうにくすくすと笑って部屋の中を飛んでいく。

「ごはん、出来たって。みんなを起こしてきて」

 そんな事を言い残して扉の前まで行く。セラフィナが軽く指を振るうと、独りでに扉が開いてその隙間から出て行った。
 ……家妖精だからと言うべきか。
 さっきの扉のように、彼女は触れなくても家の中の物を動かせる。セラフィナの見守る前で箒が触れずとも動いて勝手に掃除したりと言った具合だ。

 という訳で、みんなの家事の負担や手間がかなり減っていたりする。朝目が覚めると掃除が終わっていたりだとか。家人が寝ている間に家事を終わらせておくという、非常に妖精らしい事をしている。

 まあ、それでも家事については持ち回りだ。例えば食事の準備だとかはその1つだろう。グレイス達は隣で眠っている。今日の当番はシーラとイルムヒルトだ。

 欠伸を1つして身体を起こそうと思ったが、胸の上にグレイスの手が乗せられていた。
 隣にグレイスとマルレーン。マルレーンを挟んでアシュレイ。
 マルレーンと寄り添うように眠るアシュレイ。その姿はどことなく仲の良い姉妹と言った風情だ。

 3人の寝顔――改めて見ると破壊力の高い光景だ。普段着でも迷宮に行く時の装備でもなく。夜着を纏った無防備な姿というのが何とも刺激が強いというか。

「グレイス」

 セラフィナにされたように。軽く彼女の真っ白な額に指先で触れる。前髪が指に触れると、柔らかくて艶やかな髪だ。指の間から零れるように流れて行った。

「ん、おはようございます……」

 グレイスが薄く眼を開けて微笑みを浮かべる。

「おはよう」

 グレイスの手が軽く俺の頬を撫でて離れていった。アシュレイとマルレーンの柔らかな髪にも軽く指を差し込んで指で梳く。

「……テオドール様……くすぐったいです」

 それに気付いたアシュレイがくすくすと楽しそうに笑う。マルレーンも目を開けてくすぐったそうに笑みを浮かべて身体を捩る。
 マルレーンがお返しとばかりに、脇腹の辺りをくすぐってくる。それを見たグレイスとアシュレイも面白がって参戦してきた。

「いやちょっと。3人がかりは……」

 一応言っては見たが、彼女達は目配せし合うと悪戯っぽい笑みを浮かべて協力し合ってきた。しばらく布団の中でじゃれあう。彼女達の楽しそうな声が寝室に響いた。



「あー……おはよう」
「おはよう」
「おはようございます」

 着替えてから下に降りていく。シーラとイルムヒルト、それにセラフィナが食卓に朝食を運んでいる所だった。
 3人と布団の中で転げ回ったおかげで、今朝はきっちり目が覚めた。目が覚めないわけがない。色々刺激の強い朝だったからな。

 最近は、朝が弱くていけない。夜は母さんの手帳の暗号解読をしているからだ。
 それでグレイスも、俺より先には寝られないとお茶を淹れてくれたり。アシュレイとマルレーンも魔力コントロールの自主練習に励んだりと。以前よりみんなで夜更かししている事が増えた。
 そうやってみんなで夜更かししながらの暗号解読作業というのは、そこはかとなく楽しくはあるのだけれど。

 暗号の方がどうなっているのかと言えば――解読の糸口は掴めて来ている。
 母さんの書いた日記らしきものがコードブックになっているようで、そこから符丁の解読が出来そう、といった所だ。
 日記の記述と俺の記憶に食い違いというか……実際とは違う事が書いてあるのが分かったからな。

 母さんとグレイスは例年、誕生日に俺の祝いをしてくれたが……その日に全く違う事が書いてあって。そこがヒントになったというわけだ。
 手帳の日付と照らし合わせて、日記の文字を数字に変換したり、その数字を文字に当てはめたり、ああでもないこうでもないと頭を捻っている所である。日付によって符丁変換のルールが変わるようでなかなかすぐにとは行かないが、これはこれで楽しんでやっている。

 とりあえず献立のレシピが、符丁を変換すると薬品の調合レシピだったというのは突き止めた。この調子で魔法の詠唱の方も解読出来ていければと思う。

「イルムは、最近の朝はどう?」

 寒くないかと言外に尋ねてみると、彼女は頷く。

「魔道具があるからかなり調子が良いわ。ありがとね、テオドール君」
「もう少しすれば寒さも和らいでくる」

 シーラが言う。春、か。冬場に陸路が閉ざされていたから、春になると一気に色んな人の入れ替わりがあるらしい。タームウィルズに入ってくる者。離れていく者。様々だ。



 さて。みんな揃って準備が整った所で朝食である。

 ラヴィーネはこちらが食事に手をつけるまで、鳥肉を前に不動の構えだ。この辺、狼らしく上下関係はきっちりしているのである。

「今日は――アシュレイとシーラは予定があるんだっけ」
「そうです。オフィーリア様とご一緒する予定なのですが」

 アシュレイはペレスフォード学舎で講義。シーラは盗賊ギルドに支払いがあるそうだ。

「私も孤児院に顔を出して来ようかな」
「それなら、シーラと一緒に行ってくると良いんじゃないかな」

 と言うとシーラが頷く。彼女達の予定は決まり、と。アシュレイとラヴィーネ。シーラとイルムヒルト。複数メンバーで動いてもらえれば俺としても安心だ。
 しかしそうなると――メンバーが少なくなるので、今日の迷宮探索は休みだな。

「俺はちょっと王城に用がある。少し進展があったようだから、手が空いたら顔を出してほしいって言われてるんだ」

 北の塔の方にな。ローズマリーは俺が相手なら話をする。そうでなければ古文書の解読自体を真面目に進めないと……そんなような事を言っているそうだし。
 ま、話を聞きに行くには丁度良いのだろう。

「分かりました。マルレーン様はどうなさいます? 私と一緒にお留守番なさいますか?」

 グレイスの言葉にマルレーンが頷く。当然セラフィナも一緒だ。

「魔法通信機は忘れずに持って行ってね。何かあったら連絡を」

 と、言うと彼女達は頷いた。家のメンバー全員分の魔法通信機は出来上がってきている。
 サーバー型の試作段階のようなもので、パーティー内だけなら俺の持っている通信機を経由して相互連絡が可能になった、という代物だ。俺達が使う分には現時点でもこれで十分ではあろう。



 ――余り早く出かけて行ってもなんなので。
 昼食を摂って一休みしてから王城に出向く事にした。家を出て玄関先で空に向かって竜笛を吹くと、王城の方からリンドブルムがそれを聞きつけて、厩舎を抜け出し、まっしぐらに飛んでくる。お陰で王城への行き来が非常に楽だ。

「じゃあちょっと行ってくる」
「はい。お気をつけて」

 見送りに出て来てくれたグレイス、マルレーン、セラフィナに小さく手を振って、空へと舞い上がる。ぐんぐん加速すると、あっという間に王城の広場までリンドブルムは運んでくれた。リンドブルムとしてはちょっと物足りない感じかも知れない。まあ、遠乗りはいずれと言う事で。

「おや。チェスター卿」
「ああ、大使殿。今日は迷宮探索はお休みですか」

 そういう彼も迷宮探索は休みなのだろう。
 広場にはチェスターがいて、日向に腰かけて兵士達の訓練を眺めていたようだ。

「ええ。今日は――北の塔に用事が」

 と言うと、チェスターの表情がぴくりと動いた。

「ローズマリー様に用が?」
「ええ。チェスター卿もご一緒なさいますか?」

 ローズマリーは療養中という名目になっていて基本的には会えないはずだからな。俺と一緒に行けば話ぐらいは出来ると思うのだ。

「構わないのですか?」
「ええ。チェスター卿さえ良ければですが」
「それでは……少々お見舞いにお付き合いさせて頂ければと」



「許可無き者はお通ししてはならないとの陛下の通達が出ています」
「だから。その許可はどうやったら出るんだ?」
「それは――お答え出来かねます」

 北の塔に向かうと、入り口の所で問答している者がいた。

「ヘルフリート殿下……」

 チェスターが呟く。第3王子ヘルフリートだ。

「チェスター卿……それに――君か」

 ヘルフリート王子はチェスターの声が聞こえたのか、振り向いて髪を掻く。
 それでも、前ほどには冷静さは失っていないようだ。
 前回会った時は帰って来てすぐだったらしいからな。ローズマリーの派閥も分裂してしまっていたから、混乱して王太子と第2王子に会いに行ったようだと、アルフレッドからは聞いている。

 人物評も聞いて見たが、アルフレッド自身はあまり顔を突き合わせたことがないので直接には良く知らないそうだ。
 他の王子や王女に比べるとそんなには目立たないそうで。王宮内での評価も同様との事だ。ローズマリーの弟にしては、という所か。
 うーん。魔術師に対する反感は……案外姉の偽装工作の言動による影響だったりするのだろうか?

「……姉上に会いに来た、のか?」
「そうなります」

 偽っても仕方ないのでそう答える。少し調べれば北の塔に出入り可能な一部の者が俺だと言うのは分かる事だろうし。

「――話があるのでしたら、一緒に参りますか?」

 そう尋ねてみると、ヘルフリート王子は驚いたように目を丸くした。
 随分意外そうな反応だな。思ってもみなかったという所か。

 王城セオレムは、ヘルフリートにしてみれば実家なのだし。そこに俺がいたら戸惑う気持ちも理解出来ないわけではない。なので向こうが思うほどにはヘルフリートに対して敵対意識を持っているわけではないのだ。

 同行については――ローズマリーならばチェスターやヘルフリート相手に、表沙汰に出来ない部分について口を滑らせるような事もないだろうというのもある。

「構いませんよね?」
「大使殿が同行し、立ち会う場合は許可が出ております。但し、北の塔に立ち行った方は誰であれメルヴィン陛下に報告する決まりになっておりますのでご了承を」

 門番に尋ねると、そんな答えが返って来た。俺が一緒なら許可、と言う辺り、大体メルヴィン王もローズマリーに関しては俺と似たような意見らしい。

「どうして……君が……。いや、しかし」

 ヘルフリートは迷っていたようだが、結局頷いた。
 やや俯きがちのまま、チェスターと俺の後ろを大人しく付いてくる形。さて。ローズマリーには何の話が聞ける事やら。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ