挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【習作】描写力アップを目指そう企画 作者:描写力アップ企画管理者

第二回 因縁のラストバトル企画(2017.7.22正午〆)

58/63

女王の巡り(序) (たびー 作)

※作者本人ページでも同作品の完全版を公開予定です。
 ととん、たたん、ととん、たたん……。
 聞きなれない音にヨナは耳を澄ませた。
 見あげると、密生した樹木の大小の葉が風にそよぐ。木漏れ日が細い線となって薄暗い森を照らす。水辺は遠いはずだが、葉がこすれあう音は川の水音と錯覚させる。
 鳥が木をつつく音だろうか。猿か小さな生き物が枝を渡っているのか。
 それとも森に住まう精霊たちのささやく声だろうか。覡である伯父ならば、聞き分けることができるだろうが、ヨナにはまだ無理なことだ。
 ヨナは首をかしげて、こんどは鼻をひくつかせた。
 湿った土のにおい、むせかえるような緑のにおい、かすかに漂う甘い香りは密林に咲くあざやかな花のもの。夏の盛りだ。熟れすぎて酒のような芳香を放つ果実もある。
 お伴の山猫のゴゥが、三角の大きな耳の先を小刻みに揺らす。
 気のせいか。
 ヨナは人一人が通れるくらいに草が踏みしだかれた獣道に目を戻した。
 ……そういえば、いつの間にか鳥たちの声が消えた……
 目のはしに異変を感じたと思うより早く、目の前に黒いものが立ちふさがった。ヨナは思わず後ずさった。姿勢を低くして、ゴゥが牙をむき唸りをあげた。
「まて!」
 ヨナは声でゴゥを押しとどめたが、なおも低く唸り続け、ヨナの半歩前に陣取った。
 人か、猿か? 背を丸めているのかひどく小さい。陽を背にしているが、褐色の肌に白い顔料で両の頬に縦に二本、目が並んで描かれているのがわかった。それは口をゆがめた。
 ひゅん。
 微かに風を切って、ヨナの鼻先を黒く鋭い刃先がかすめた。
 石刀か!? 
 薬草を求めて深入りし過ぎた。知らぬ間に他部族よその森へ入り込んでしまったか?
 けれど自分がきた方角を考えれば、ここは行き来のある隣のワコニノ族の土地のはず。彼らは煮炊き以外には石器は使わない。ましてや、とつぜん襲ってなど来ない。
「まて! 我はイゾノ族、闘う気は……!」
 ヨナの言葉を解さないのか、話し終わらぬうちに、再び喉元めがけて黒曜石の刃が繰り出された。ヨナは腰の鞘から抜き放った青銅の剣でとっさに防いだ。
 がきん!
 高い音を立てて、石刀が二つに折れた。ひゅう、と襲撃者は口笛を吹いて飛び退った。
 なんて力だ。ヨナの手は痺れた。
 ヨナは動きを止めた目の前の人物と対峙して、はたと気づいた。
 半分影のさすむきだしの胸に、わずかな膨らみがある。腰を伸ばしてもヨナよりも低い背丈、がっしりした肩、しかし蜂のようにくびれた腰。へそのしたの秘所はわずかな布で隠され、すねあてをした足が草むらへすっと伸びている。
 幾重にもかけられた細かな管玉の首飾りが鳴り、眉毛の上で切りそろえられた短い黒髪がゆれた。
 おんな……少女か!
 自分よりも年下に見えた少女は、半笑いのまま拳に壊れた石器の柄を握りこんでヨナへと一気に間合いを詰めた。
 ヨナより先に、ゴゥが牙と爪を光らせ少女に飛びかかったせつな、激しい悲鳴をあげ地面を転げた。
「ゴゥ!」
 もがくゴゥの右前脚から血が流れているのが見えた。ヨナは殴りかかってきた少女をかわすと、掴んだ腕を背中にねじりあげた。
 少女の手から柄が落ちた。ゴゥの姿を確かめるまえに、ひゅっ、と音がしてヨナの眼前を風が通り抜け、近くの幹に矢が突き刺さった。
 ほかにもいる。
 とっさにヨナは少女を突き飛ばしてゴゥを掴みあげ、木の茂みに飛び込んだ。
 どこだ。
 ヨナはゴゥを抱え、木立を盾にして走った。
 ととん、たたん、ととん、たたん……。
 木のうえを移動している? 枝に飛び移って追ってくる……!
 ヨナは二人ぶんの音を聞きつけた。
 ヨナの部族の手練れの戦士でも、樹上を渡れるものなどいない。ヨナの背中が粟立った。
 もしや、緑蒼宮殿(シャンバラ)の戦士か。しかし、ここ何十年と噂を聞かなかったのに。
 脚絆はヨナの足を草や枝から守ったが、むき出しの肩や腹は容赦なく切りつけていく。痛みを感じるいとまもなく、時おり頭上をかすめる矢を避けながらヨナは走った。ゴゥの前足の傷を押さえて胸に抱いた。血よ止まれと念じながら。ゴゥは低く唸り続けている。樹上を移り行くざわめきと、ゴゥのいきむような唸り声が重なり合った。
 だん!
 再び少女はヨナの前に立ちはだかった。
「逃げろ!」
 ヨナはゴゥを少女の背後へと投げた。少女は立ち上がりざま、体をねじりながら足を振り抜いた。
 瞬間、目の前が真っ白に光った。踵がヨナの鼻をとらえ、首が真横を向き、からだが反転した。するどい痛みと衝撃。ヨナの喉はあふれる血を無理に飲み込んだ。
 うかつに血を吐き出して大地を汚したら、精霊の怒りを買うだろう。
 力の入らぬ足でヨナは大木に掴まり立ちあがった。鼻と口から血が流れた。腹に力を溜めると、木の中の流れを捕まえる。
『おまえは何者だ。我をイゾノ族と分かっての所業か』
 少女の動きが止まった。
 胸をそびやかし、腕組みして少女は不敵に笑った。
『木にすがらねば、<話し>もできぬか』
 直接体に響いた声にヨナの目は見開かれた。
『喜べ、女王の夫に選ばれたことを』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ