挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アリスズc 作者:霧島まるは

振動


「私が元素を扱う魔法使いなら……」

 ハレは、荷馬車の隣に座るコーを見た。

 トーは、もういない。

 先に帰ると駆け出してしまったのだ。

 都で起きた、異国人との戦いでモモとキクが怪我をしたと聞き、何かの役に立つかもしれないと。

 最初はコーも行くと言っていたのだが、一人で大丈夫だと押しとどめられていた。

「コーたちは、振動を扱う魔法使いなのだろう」

 彼らの治療法は独特だ。

 身体に手を押し当て、特殊な音を出す。

 音そのものが治療しているのではなく、おそらく音の生み出す振動が何かに作用しているのだろう。

 得意な治療は、主に身体の内側のことで、外傷は苦手のようだ。

 太陽の魔法は、傷ついた部分を再構成し生命力を高めるようだが、身体の中のズレや歪みを治療できるわけではない。

「ハレイルーシュリクスの胸の音も、血の流れる音も、思考の流れる音も聞こえるよ」

 コーは、照れたように笑った。

 さらりと、すごいことを言うものだ。

 ホックスは、いまでも宮殿で彼女に会うと、魔法の話をしているという。

 旅をしていた時の、まだあまりしゃべれなかった時とは違い、いまのコーには言葉と知識が積まれて行こうとしている。

 だから、彼のまとめる月の一族の魔法の文献は、少しずつ増えていっている。

 その理路整然とした資料を見る度に、太陽の魔法についても残したいと思う心はあった。

 だが、いまのこの国を統べているイデアメリトスは、それを許すまい。

 再び異国人の襲来がないとも限らないし、ずっと北の地に閉じ込められている、もう一つの魔法一族のこともある。

「大丈夫だよ、ハレイルーシュリクス」

 考え込んでいた自分の肩を、コーがとんとんと指先でつつく。

「ハレイルーシュリクスが守るものは、私も守るから」

 無邪気な笑顔だ。

 あれだけの戦禍を目の当たりにしてなお、彼女の瞳に濁りも迷いもない。

「ありがとう、コー」

 肩をつついた手に、そっと自分の手を重ねると。

 迷いのない瞳に、ぽっと温度がともった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ