挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

2章 DT、先生になる

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/362

60話 大会当日の朝らしいです

 さーて、ゆっくりとエンジンをかけていきますよ~
 仕事は、エンジン切らせてくださいと、土下座する覚悟があります!(これがいいたかった(笑))
 大会当日の早朝、マッチョの集い亭の裏庭でテツを目撃する。

 昨日の夜にそのまま訓練をしたいと騒ぐかと思えば、神妙な顔をしたまま、軽く食事を取ると床に着いたテツが、井戸の前で水を浴びているところに雄一は遭遇した。

 見る人が見れば、精神集中や、気合いを入れる為にやっているように見えるかもしれないが、雄一の目にはテツの迷い、恐れを洗い流そうとしてるように見えた。

 雄一は、昨日、テツが食堂を出て行った後、ホーラと話した内容を思い出していた。


「テツはどうだった? あまり芳しくはないのは見てて分かるが、どんな感じだ?」
「お察しの通り、テツは苦戦してるさ。でも、テツもユウが言ってる意味はだいぶ理解してきてる。ただ……」

 そこまで言ってホーラは言葉を濁してくる。
 雄一もそうじゃないかと思いつつ、問いかけたので、その先を促したりはしない。

「ユウのように空中を駆けるようにできるようにもなった。まだ完全ではないけど、姿を認識できなくなる事もある。それでも、どこにいるか分からないという事にならない」

 ある一定の距離に来ると足音がしなくとも分かってしまうとホーラは顔を顰める。
 ワザと気付かないフリをしようかと考えた事もあるそうだが、自分がされたら感情を爆発させると思い、やるのを思い留まる出来事が起きるほど、訓練中のテツは、見てて胸が痛くなる必死さだったらしい。

 ホーラは自分の手を握り締めながら、雄一を見つめて、言葉を紡ぐ。

「テツもアタイも、言葉にできないところまで理解が進んでると思うさ。だけど、その感覚的な部分、ううん、なんて言ったらいいさ……悔しいさ、言いたい事が言葉にできない感覚はっ!」

 そう、これは技術や力の強さがモノを言う部分ではない。これを雄一が理解したのは、シホーヌと出会う前の元の世界にいた時の話である。

 雄一もまた、苦悩して、たまたまの偶然と諦めない気持ちがその領域に至らせた。
 チートを得る前である事から、テツとホーラが分からなくなっているのは、何も戦う事だけの話ではないという事である。

 だから、本当ならテツ達に手取り足とりと教えてやりたい。だが、それは叶わない。雄一の語学力が足らないというだけではなく、自分の中で生まれた言葉でしか理解できないのだから。

 ホーラもテツもそこまでは理解が進んでいるから、雄一に何も教えを請いにこない。

「主様、2人にそれを教えてあげてはあげないのですか?」

 アクアが、言い辛そうに雄一を窺うように言ってくる。その横でシホーヌがウンウンと頷く姿があった。

「教えて、なんとかなる話なら、とっくの前に教えている」

 雄一の言葉にホーラは頷く。

 シホーヌとアクアが顔を見合わせて、溜息を吐く姿に申し訳ない気持ちと情けない気持ちにさせられた。


 という事が、昨日の夜にあった事を思い出している間もずっとテツは延々と水浴びを続けていたので、雄一は声をかける。

「テツ、そろそろ、止めておけ。まだこの寒い時期にそれは体を悪くする」

 テツは、水をかける手を止めて、はい、と消え入りそうな声で言うと立ち上がる。
 立ち上がったテツに雄一は手拭を放る。

「それで、体を拭いたら、試合前のウォーミングアップに少し、手合わせをしよう」

 雄一の言葉にも、ただ頷くだけのテツを見て、雄一は、眉を寄せる。想像以上に思いつめているテツにしてやれる事があるかもしれないと昨日の夜に気付いた事を駄目元でしようかと悩んでた気持ちに踏ん切りがつく。テツ同様、雄一も足掻くとしようと。

 拭き終わったテツに構えろというと、井戸の近くに置いてあったテツの得物のツーハンドレットソードを手に取り、構えるのを見た雄一は、巴で横一線してくる。

 明らかにいつもより遅い動きのテツですら、雄一の攻撃を余裕を持ってかわせるほどの攻撃をしてくるのを今度はテツが眉を寄せる。
 2合ほど打ち合うと、テツは雄一の頭上に隙があると思うと反射で上段から斬りかかる。

 完全に決まると思っていた攻撃は、自然な動きで、たまたま、頭上にきた巴の柄に当たり、弾かれる。
 弾かれたテツは、えっ?と呟いているような顔をするが、流れるように攻撃をしてくる雄一はまるで演武を舞っているように見え、遊ばれているのかと、ムッとしてしまう。

 そして、雄一に上段から叩きつけられるように打たれて、滑らせるように巴を流す。得物が流れた事で生まれたガラ空きの胴を横一線で切り払おうとすると、雄一は気付けば、テツの隣に立っており、拳を脇腹に入れられて、軽く吹っ飛ばされる。

 この段階になるとテツも何かがおかしいと感じ始める。

 流れを変える為に、テツは、思いきって、狙い易そうな、雄一の左肩から袈裟切りをしようと突進しようとした時、雄一の行動を見て、たたら踏む。

 雄一は、テツが攻撃しようと考えた場所の左肩を庇うように巴の掲げていたのである。

 テツは、気付く。

 隙がある、たまたま、ガラ空きの胴、狙い易そう、などとそんな良い条件が揃う訳がないと。

 何かに気付いたテツの様子に雄一は、巴を下ろして、近づいて、テツの肩に手を置く。

「これは技術を用いたものだ。まだ、お前にはできないだろうが、お前を苦しめる壁を乗り越えるキッカケに成る事を祈っている」

 そう言ってテツを通り過ぎて食堂の方向に歩いていく雄一の背に向かって、いつもの元気を取り戻したテツが、叫んでくる。

「ユウイチさん、有難うございましたっ!」

 そんなテツを背中越しに見つめて、笑みを浮かべる。

「濡れた服を着替えて、朝飯にしよう。今日から大会が始まるからな」

 雄一の言葉に、はいっ!と返事したテツは、雄一とテツに充てられた部屋に向かって走っていくのを見送った雄一は、再び、食堂へと歩いていった。


 着替えて戻ってきたテツは、昨日の分も食べると言わんばかりに、ガツガツ食べる姿を家族に見せて、微笑まれる。

 テツを眺めながら、シホーヌとアクアが雄一の傍へとやってくる。

「主様、テツに何をされたのですか?」
「別に? いつも通りに軽く手合わせしてやっただけだぞ?」

 アクアは、ジト―と横目で雄一を見つめて、「本当ですか?」と聞いてくるが雄一は肩を竦めるだけでノーコメントを貫く。

 訳知り顔のシホーヌが、雄一の二の腕を叩きながら、サムズアップしてくる。

「私は、ユウイチならきっとやってくれると信じてたのですぅ!」

 などと、調子の良い事を言ってくる駄女神の可愛い鼻を摘むように人差し指と親指で挟むと持ちあげる。

「イタタッ、何をするのですぅ!!」

 シホーヌはつま先立ちになりながら、両手で雄一の手にしがみ付く。

「いや、可愛い鼻があったから、食卓の色取りを華やかにしようかと?」
「鼻と花の違いがあるのですっ、調子に乗って、嘘言った事を怒ってるのですぅ? 許して欲しいのですぅ!」

 ヒーンと泣くシホーヌは、我が身ならず、我が鼻を守る為に、懺悔をする。
 本来なら、聞く側じゃないのかと思いつつも、抓んでいた鼻を離してやると、鼻の先を真っ赤にしたシホーヌに涙目で睨まれる。

 雄一から距離を取ると強気になって、

「ユウイチのアホタレ~、ユウイチのでべそ……じゃなかったのですぅ?」
「おい、待て、いつ見た? この服を着た時は確か、俺は背を向けてたと思うんだが?」

 雄一は、ゆっくりとシホーヌに近づき、「お前、いらん事に力使ってないよな?」と問いかけると、シホーヌはアクアに、「バレたのですぅ!」と声をかける。

 かけられたアクアに視線を向けると、んん??と言った顔をしたまま、汗を滝のように流す。

「アクア、お前も共犯か?」
「ち、違いますっ! 私は、無関係です。だって、私は、主様がパンツを脱ぐ時は目を瞑りました! あっ……」

 雄一は、ほっほう、と目を細める。

「お前らに……生きてる事を後悔させてやらぁ――!」

 悪鬼と化した雄一が、2人を追いかけ始める。

 その雄一に捕まったら終わると悟った2人も必死に逃げるが、お互いの事をアホーやらバカーと言いながら逃げる。

 そんな、久しぶりな北川家の雰囲気になり、テツやホーラに笑みが浮かぶ。

 そして、掴まった2人をみの虫のように縛り、吊るし上げると、椅子の上に立つ、アリアとミュウにより擽られる。

 擽られて、大口を開けた瞬間に、種をしっかり取ってやる優しさをみせる雄一が、梅干しを放り込んでいく。

 酸っぱさとこそばゆさに負けて、マジ泣きして謝る10秒前の話。

 それを離れて、呆れた顔して見ていたレイアが、溜息を吐く。

「大会当日もいつも通りとか、馬鹿なんじゃないの?」
「レイア、あれは強さというのよ?」

 口をへの字にして、ミランダを見上げる。
 ミランダは、ニッコリと笑い、レイアが肘を使って、テツの席に小皿を押しやろうとしているモノを元の位置に戻す。

「レイア、ちゃんとトマトは食べましょうね?」

 バッチリ、好き嫌いを把握されてしまっているレイアは、気合いを入れて、トマトを口に放り込むと、青臭さとネチョとした触感に涙を流した。


 朝食が済むと、北川家総出で、冒険者ギルドへやってくる。

 本来なら試合会場の街の外に直行するところだが、対戦相手は決まっていても、何試合目かは、最終的な参加意思の確認をした後、本人に告知される仕組みに成っている為である。

 冒険者ギルド前にはティファーニアが待っており、その姿を見つけるとテツは嬉しそうに手を振って、近寄っていく。

「おはようございます。大会日和の良い天気になって良かったですねっ!」

 テツは、空を見上げて、突き抜けるような快晴な天気に笑みを浮かべる。

「おはよう、テツ君。そして、みなさんも、おはようございます。テツ君、とっても元気だけど、先生のやってた事できるようになったの?」
「いえ、まだできませんっ!」

 胸を張るように言ってくるテツに、「なのに、どうして、そんなに元気になってるの?」と苦笑しながら、後ろにいる雄一を見るが笑みを浮かべながら、肩を竦められるだけで何も言ってこない。

 少し、困った顔をしたティファーニアであったが、首を振って、何かをふっ切る。
 そして、テツの手を取ると激励を送る。

「もう、グダグダ言わない。私は、テツ君を信じると決めたの。だから、テツ君、私の期待に応えてね!」

 見つめてくるティファーニアにテツは頬を紅潮させながら、はいっ!と力強い返事を返す。

 そんな微笑ましいモノを見つめていると、ティファーニアの後ろから、熟成された者が近づいてくる。50年物の受付嬢ユリアであった。

 ユリアは、テツの前に来るとテツの目を観察するように声をかけてくる。

「良く来たね。で、坊や、大会に参加する覚悟はあるかい?」
「勿論です。僕は、大会に出て勝つ為にやってきてます」

 テツの瞳に迷いがないと判断したユリアが、笑みを浮かべると封筒をテツに手渡す。
 テツに手渡すと、ユリアはその場から離れていく。

 その背を見送ったテツが、封筒を切ると、トーナメント式の出場選手の名前が並んでいた。
 そして、第一試合のところを見つめたテツが、みんなに向き直り、笑みを浮かべて言ってくる。

「僕の出番は、第一試合です」

 気合いを漲らせるテツを雄一は見つめて、楽しみは早い内に始まるようだと笑みを浮かべた。
 感想や誤字がありましたら、気楽に感想欄へお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ