挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

2章 DT、先生になる

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/362

54話 大会の好敵手は、ボンボンではありませんでした

 ごめんなさい、予約したつもりができてませんでした(泣)

 なので、9時に遅れて予約させて頂きました。パチ屋開店前に間に合ってるからいいよね?(笑)

 次回予告!!

 多分、明日も更新するけど、平日仕様でお願いします!!

 お報せは以上であります!(笑)
 雄一は、ティファーニアを連れて、再び、マッチョの集い亭へと戻ってきた。

 大会について聞いた事を纏める為である。

 あの後、ユリアから説明された事を確認と予定を決める為にテーブル席に座る。

 雄一が戻ってきたのを知ったアリアとミュウが駆け寄ってくると椅子に座る雄一の膝の上にアリアと、肩車してくるミュウに苦笑する。

「そこにいてもいいけど、これから話し合いをするから、静かにしてるんだぞ?」

 良い子の2人は、アリアは、コックンと頷き、ミュウは、ガゥと返事をしたので、雄一は好きにさせる。
 対面にいる2人は手を振って、挨拶されて、微笑ましそうに見つめ、手を振り返すテツとティファーニア。

「さて、今後の予定を決める為に、確認事項から始めるか」

 そう言うと、テツとティファーニアは、雄一を見て頷いてくる。

「まず、大会が始まるのが2日後で、対戦相手の抽選が明日にされ、結果はその日の夕方に発表される」

 雄一はそういうと2人を見る。

「場所は、街の外、南門の抜けた先を利用した広い空間で行われる」

 何も対戦相手は、武器をメインで戦う者ばかりではなく、魔法を行使してくる者いる。そんな中、狭い空間でやれば、魔法の制限が加えられる魔法をメインに使う者が不利になる。その辺りの公平さを重んじたというが、雄一は、建物の中でやったら損害が出るのを嫌ったのだろうと読んでいた。

「そこまで分かってる状態で、俺達が考えないといけないポイントはなんだろうか?」

 雄一は、ティファーニアに問いかけると、一考した後、答えてくる。

「あれだけ、広い場所でやるなら、位置取りをどうするか考えておくのが大事じゃないのでしょうか?」
「違うな、言葉は似てるが、俺達が頭を悩ませるのは、場所取りだ」

 ちっちち、と指を振りながら言ってくる雄一に、ティファーニアは首を傾げて聞き返す。

「位置取りではなく、場所取りですか?」

 ティファーニアの言葉に雄一は頷く。

 混乱したように、何が何だか分からなくているティファーニアに、飲み物を運んできたミランダが、笑いながら口を挟んでくる。

「ユウイチが言ってるのは、戦いをする者の話じゃなくて、観戦する者達の話よ?」

 そう言ってくるミランダに、笑いながら、「そんな事で頭を悩まさないでしょう?」と口にするが、言葉にするとまさかと思ったらしく、雄一を見つめる。

 雄一は、やっと分かったかとばかりに、ニヤッと笑うと頷いてくる。

「それだけ広い場所でやるとなると、全体が良く見える場所を早めに押さえておく必要がある」
「ええっ! 戦うテツ君の心配じゃなくて、観戦する人の心配ですか? 先生!」

 ティファーニアが、驚き過ぎて、テーブルに手を着いて、立ち上がる。

 それを見てる雄一は、ティファーニアは何を言ってるんだ?と言いたげな顔をして、膝にいるアリアの黒くて艶やかな髪を撫でていた。
 そして、ああっ、と声を洩らすと、ティファーニアとのズレに雄一は気付く。

「ティファーニアは、相手を調べて、こいつならこう戦うとかの対策を立てる必要があると言いたいのか?」
「当然じゃないんですか?」

 やっぱり、そうだったか、と言いたげな、溜息を吐く。そして、頭を掻こうとしたが、雄一の頭を枕にして既に寝ているミュウの邪魔をしそうだったので、衝動を抑える。

「まあ、ベルグノートぐらいの相手なら、考えても無駄にならないだろうが、それ以上の存在が何人かいるらしい」
「そうなんですか? ユウイチさん」

 少し嬉しそうなテツがそう言ってくるのを頷いてみせる。

「ああ、エイビスから話を聞きだした時に、俺達の存在を知る前は、他のヤツとコンタクトを取ろうとしてたらしい。その候補に上げていた者が、2人いたと言っていたが、勿論、ベルグノートは選考外だったらしいぞ」
「そんな……」

 ショックを受けて、テツを見つめて、大丈夫だろうかと不安そうな顔を見せる。
 テツは何を勘違いしたのか、男前の顔をして、微笑むのを見て、残念そうに雄一は、眉間を揉む。

 ここにホーラがいたら、雄一は、傷ついただろうが、今回はいなくて運が良い男であった。

「落ち着いて考えるんだ。ベルグノート自体はたいした事がないが、魔剣の力はたいしたものだ」

 雄一は、指を一本立てて、注目と言わんばかりにティファーニアに見せつけると続きを話す。

「そのベルグノートが勝つ為に、あの親子は色々工作してる。だから、俺も相手を見た訳ではないから、断言は避けるが、下手したら、テツはベルグノートと戦えずに、ベルグノートは離脱という展開もあるという事だ」

 本当にその可能性はくじ運次第では、高そうだと雄一は笑う。

「僕としては、それは困るんですけど……」
「まあ、お前の気持ちも分かるが、性格はともかく、目は確かそうなエイビスが言っている以上、覚悟だけはしておけ」

 2人のやり取りを見ていた、ティファーニアが、頬に一滴の汗を流す。

「あのぉ……2人のやり取りを見てると、ベルグノートは敵として見てないように感じるのですが?」
「実際に敵にすらならならない相手だからな。魔剣の存在に気付かなかった事は大きいが、それを踏まえても、この馬鹿が油断し過ぎた事と、手加減をし過ぎたのが敗因だからな?」

 雄一の何でもないとばかりの発言を聞いて、固まるティファーニア。
 言われたテツは、乾いた笑いを洩らして、項垂れる。

「2人が戦ってるところを見た訳じゃないが、戦った場所の状況を見る限り、油断したのは間違いないが、自分が戦った被害が、周り、ティファーニア達にいかないように必要以上に加減したのが、敗因だ」

 雄一の言葉を受けたティファーニアは、テツを見て、「そうなの?」と問いかける。テツは左右の人差し指をツンツンと当てながら、頼りない笑いをティファーニアに向ける。

「テツは不器用で、加減が下手だからな。大方、格好でもつけたんだろうな?」

 テツが多少の被害を目を瞑る覚悟があれば、あそこで負ける過去は存在していなかったであろう。

 そう言われたテツは、顔を真っ赤にして俯く。

 2人の反応から、本気で言ってると理解したティファーニアは呆けるように交互に2人を見つめる。

「で、話を戻すが、ベルグノート以上の存在になってくると、下手に対策立てると揚げ足取られかねないんだな。その場で対応するが正解だと思う。勿論、長い時間取って確認できるなら無意味とは言わないが、戦いとは騙し合いなところがあるからな」

 膝にいるアリアも寝たようで、体がずれないように位置修正をしながら答える雄一を見たティファーニアは、苦笑するしかないとばかりに笑う。

「戦いに絶対はないが、こういう時は、あれこれと悩むより、全力を尽くせるように自然体でいるのが一番大事だからな」

 何より、後2日で何が出来る、と雄一は笑う。

「という訳で、これから下見に行こうと思う。だが、この子達をベッドに連れていくから、ちょっと待っててくれ」

 雄一は、ミランダに出された飲み物、コーヒーを一気に飲みする。

 アリアを、こわれもの、を扱うように優しく抱き抱えるのを見たティファーニアは、頬笑みを浮かべながら声をかける。

「慣れた感じがしますね?」
「いつもの事だからな?」

 そう言う雄一にティファーニアは、「先生、優しい顔をされてます」と頬笑みを浮かべる。

「ユウイチさん、ミュウが頭の上で盛大に涎を垂らしてますけど……」
「いつもの事だ……頭も洗ってくるから、少し延長でよろしく頼む」

 アチャーと言いたげな顔をするテツが、雄一に言うと達観した目をして返答してくる。

 そう言って、席を外す雄一を2人は見送り、顔を見合わせると笑い合いながら、ミランダが出してくれた飲み物を口にする。

 テツは苦味に顔を顰めるのを見て、ティファーニアの顔の笑みが更に綻んだ。


 出る準備が済んだ雄一を出迎えた2人と合流すると、ティファーニアの案内で南門を抜ける。
 そして、案内されるがまま、連れて行かれると、杭とロープで繋いだだけの手抜き感が誘う場所にやってくる。

「もっと広く取ってるのかと思ったが、そうでもないんだな?」

 連れてこられた場所を見た雄一の感想であった。

 フーン、と鼻を鳴らすようにして、闊歩すると、丁度、舞台の中央最前列といった対面に貴賓席がある位置にくると、一つ頷く。
 近くに生えてた3mほどの木を見つけると、巴でサックリと斬る。それを持ちあげると空中に放り投げると、フッという掛け声と共に巴で木を斬りつけると、5本の杭をこさえる。

「えっ? 今、1回しか斬ったように見えなかったのだけど?」

 冷や汗を流すティファーニアは、目を泳がせてテツを見つめる。
 見つめられたテツも苦笑いをしながら答える。

「今のは僕では、3回まで目を追うのが精一杯でした。あれでもユウイチさんは、気軽にやってるレベルなんですけどね……」

 ハァ、と溜息を零すティファーニアだったが、それ以前に、あの木を軽々と投げる雄一もおかしいと気付き、更に溜息を零す。

 そんな事、お構いなしの雄一は、鼻歌を歌いながら、目を着けた場所にいくと四方に杭を叩きつけるように打ち込む。
 そして、中央に幅が一番広かった杭を打ち込み、巴を一閃して、雄一側から平らな面ができるように斬る。

 振り返った雄一が、腰に出る時に持ってきたと思われる縄をテツに放って言う。

「これを四方の杭に縛って、囲いにしろ」

 雄一に言われるがまま、作業を始めるテツ。

「えっと、先生。何をされてるのですか?」
「決まってるだろ? 場所取りだ。出場選手の家族席はあって然るべきだろ?」

 そう言いつつ、平らにした面にナイフで彫り込みで、文句のあるやつは、マッチョの集い亭にいるユウイチまで、と書き込む。

 ハァ……となんと言ったらいいか分からない顔をするティファーニアの様子を見る限り、一般的な事ではないようだが、気にしない雄一は、自分の作業に満足したように頷く。

 そんな満足そうな顔をする雄一に声をかける者がいた。

「あの、あの、そこに書かれているお名前を見させて貰ったのですが、貴方がダンガの冒険者のユウイチさんですかぁ?」

 振り返った先には、黒いローブを羽織ったティファーニアより小柄な少女が雄一を見上げて、間違ってたらどうしようといった顔をして問いかけてくる。

「ああ、そうだが、早速、文句のあるが来るとは、びっくりだな?」

 アワワッ、と本当に声に出して、口をワナワナさせる少女は、手を大袈裟に左右とも胸の前でサヨウナラするように振る。

「違う、違うのですよ。私は、貴方に会いたくて、伺っただけなのですよぉ」

 赤髪を短い尻尾のようにポニーテールにする少女は、緑の瞳を涙で潤ませて、「本当に違うんですよぉ」と両手を神に祈るようにして訴えてくる。

「分かったから、泣きそうな顔するな。で、俺に何の用があってきたんだ?」
「えっと、えっと。ユウイチさんが大会に参加するという噂があったので、前々から打診のあったコミュニティーの代表に参加したのに、出ないと聞いたのですが本当ですかぁ?」

 本当におどおどして窺うようする少女に、素直に頷く。

 それを見た少女は、えぇ――と叫ぶ。

「そんな、そんな、ユウイチさんに間近で見て貰えて、あわよくば、ユウイチさんと戦えたかもしれないのに……」

 本当に泣きそうに顔を歪める少女の対応に困った雄一は、情けなくもテツとティファーニアに視線をやる。
 テツは、早々に雄一の視線から逃げる。その様子に雄一は、テツに「薄情者!」と小声で罵る。

 ここは自分の出番だとばかりに前に出たティファーニアに後光を感じる雄一。

「先生に見て貰いたかったのは分かるけど、戦って、どうするつもりなの?」

 そうだったとばかりに目を見開いた少女は、目元を拭うと雄一を見てくる。

「そう、そうだったぁ、ユウイチさんが噂通りの人なら、聞いて欲しいお話がありますぅ」
「それは悪い事したな。俺は出ないが、俺の代わりにコイツが出る」

 テツに指を指すと、少女は、どうもと頭を下げると、すぐに興味を失ったようで雄一に視線を戻す。
 それに落ち込んで地面に『の』を書き始めるテツを苦笑をしながら見守るティファーニア。

「えと、えと、大会が終わった後でいいので、お手合わせをお願いしてもいいですかぁ?」
「それぐらいなら、別に構わないぞ?」

 雄一が快諾すると、手を叩いて、本当に嬉しそうにしてくる。

「絶対、絶対、約束ですぅ。後、できたら、試合での私も見ておいてくださいね?」

 撤回する間を与える前に退散しようという浅はかな考えが見えるが微笑ましいの雄一は見逃す。

 スキップするように退散しようとしてた少女が振り返る。
 やっちゃったという顔をした少女が離れた所から大きめの声で言ってくる。

「ごめんなさい、ごめんなさい。私は、ポプリと言います。ポプリ、先月、11歳になりました!」

 雄一の前方では、「もう、大人ですぅ!」と言わんばかりに無い胸を張る少女、ポプリの姿を見て、笑みを浮かべる。

「ポプリな? 覚えておくが、年は言う必要はなかったと思うぞ?」

 雄一にそう言われたポプリは、やっちゃった顔から、やらかした顔にクラスチェンジすると、顔を両手で隠して、今度は脱兎の如く逃亡する。

 逃げるポプリを見送ったティファーニアは苦笑しながら言ってくる。

「何だったんでしょうね、あの子?」

 そういうティファーニアを横目に、まだイジけるテツを見つめて、雄一は口を開く。

「テツ、今の子が、エイビスが言ってた2人のうちの1人、灼熱の魔女、ポプリだ。油断するなよ?」

 イジけてたテツが跳ね起きるように、雄一を見つめると、走り去ったポプリが向かった先を見つめて、放心する。
 ティファーニアも同じように驚いて、ポプリの背中を捜すように見つめる。

 雄一は、観客としても楽しめそうだと、笑みを浮かべた。
 感想や誤字がありましたら気楽によろしくお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ