挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

2章 DT、先生になる

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/362

41話 都会は怖い人がいる所です

 あかん、22時頃には凄まじい眠気が襲ってくる。
 きっとくる~……いやぁ―――
 やりたい事、一杯あるのに(泣)
 王都、キュエレーに着いた北川家一行は、入門審査を受けていた。

 雄一とホーラとテツは冒険者としての身分証で、他の面子は、シホーヌの怪しい身分証明書で無事通過する事ができた。

 荷物検査を受けている時、警備兵に雄一は声をかけられる。

「なぁ、アンタも名を上げる為に来たクチかい?」
「名を? 何の事か分からないが、俺達は冒険者ギルド本部で試験を受ける為に呼ばれただけだが?」

 本当に何の事か分からなかった雄一は、眉を寄せながら言う姿に、警備兵も違うならいいよ、と、あっさり引き下がるので、少し気持ち悪さがあったが、自分達には関係ないだろうと割り切る。

「なんだったでしょうか?」
「さあな? なんとなく面倒事な気がするから関わらないほうが良さそうな気がするが、それよりも目先の問題を解決しようか? 俺達が寝る場所の確保だ」
「その通りなのです! 寝る所も大事なのですが、美味しいご飯が食べられる所を探して欲しいのですぅ!」

 アホ毛をピコピコ激しく自己主張させる奴を見て、だそうだ、とテツに残念そうに伝える。

「でも、大事な事ではありますよね?」

 まあな、と肩を竦める雄一は、ゆっくりと馬車を走らせて、入門した。


 入門して、メインストリートに入ると、人通りの多さにレイアのテンションが跳ね上がる。勿論、プラス2名も。

「凄い、今日は祭でもある日なのかっ? 屋台も一杯だし!」

 レイアとシホーヌとアクアが辺りを落ち着きなく、見渡しているなか、テツとホーラは眉を寄せて、何やら考え込んでいるようだ。
 雄一も同じように眉を寄せる。

 雄一の膝の上のアリアは、不安そうに雄一の胸元をギュッと小さな手で握る。
 それと同時に、肩車されているミュウも少し震えるようにして、雄一の頭に四肢を使って抱きついてきた。

「大丈夫か? 2人とも?」

 雄一は、気遣ってアリアとミュウに声をかけると、アリアは雄一の胸に顔を伏せて抱きついてくる。ミュウは、弱ったガゥを発動して口を開く。

「がぅ……ずっと、ジロジロ見るヤツ、嫌い」

 気持ち悪そうに言うミュウの足をポンポンと叩いて、俺が傍にいると言うと、更に掴みかかってくる。

「ユウ、これがさっきの警備兵の言ってた意味だと思う?」
「ああ、それじゃないという話で、これが普通という話なら、俺は冒険者ギルド本部に目を付けられてもいいから、とんぼ返りするな」

 雄一達がメインストリートに入った辺りから、冒険者風の者、つまり、荒くれ者、騎士崩れといった者が、剣踊や魔法を実践して見せながら、それを観察する者達で溢れ始めた。

 だから、最初は、本当に祭があるのかと、雄一も最初は勘違いをした。
 じろじろ見られるのも、いかにも田舎者といった風に見えているのかな?ぐらいにしか考えていなかった。

 だが、それは勘違いだと思い知らされる事になる。

 ジロジロ見られているのは、雄一、ホーラ、テツの3人である。その中でも特に雄一を値踏みするようにして見てくるので、その視線に晒されたアリアとミュウが怯えてしまっていた。

 気持ちが悪いのを我慢して進むと、馬車を預かってくれる場所を発見すると、とりあえず、馬車を預けて、外に出る。

 出た所で、まだ眉を寄せていたテツが雄一に話しかけてくる。

「武術大会でもあるんでしょうか?」
「似て非なるモノですよ、お客様」

 話しかけた雄一ではなく、近くに寄ってきた男が代わりに答えた。

 長身痩躯の油断がならないタイプの商人風の男が、テツの言葉に返事をしてきたようである。

「何を、サラッと自分の顧客にしてるんだ? まだ、何も買ってないし、買う予定もないんだが?」

 目を細めて、観察するようにその男に見つめながらも、軽口を叩くように喋り、クギも刺す。

 雄一の切り返しに虚を突かれたのか、愛想笑いを浮かべていた男は、一瞬、素の表情に戻ると笑い出す。

「いや、初めてですよ。いきなり、それを突っ込まれた方は貴方が初めてです。途中で言ってこられる方や、最後まで突っ込むか悩む方であれば出会った事はありますが……本当に面白い」

 大半は、気付かずに最後までそのままという方が多いんですけどね、と最初と比べて、若干、温度を感じる笑顔を向けてくる。

「喜んで貰って何よりだ。俺達は、急ぐから行く。もう会わない事を祈るわ」

 正直、得体も知れなく、武力とは違う凄味を感じる男に、家族を晒すのを嫌った雄一は、有無を言わさず、話をブチ切る。

 ブチ切った雄一は、みんなを連れて離れようとするが、男に呼び止められる。
 止まる気はなかった雄一だったが、自分の中の何かが警鐘を鳴らし、足を止めて、男との間に自分を挟んで振り返る。

「そんなに警戒しないでください。取って食おうという訳ではありませんし、本当に貴方が気に入ったのですよ」
「そんなミエミエの嘘を言われて信じる馬鹿がいるかよ? お前みたいな奴は、金と結婚して、墓まで一緒ってタイプが他人を気に入るか?」

 男の言葉を半眼で否定してくる雄一に、先程より、更に好意的な笑みを見せてくる。

「貴方の性格が気に入ったというは、嘘じゃありません。お察しの通り、私はそういう人間です。貴方からは儲け話の匂いがする。私の鼻が教えるのですよ、この方と縁を持っておけ、とね」

 嫌そうな顔をする雄一を、笑みを浮かべて見つめる男。

「ですので、お近づきに、貴方が警戒しない程度の情報を2つ提供しましょう。1つは、そこの坊やが言っていた……」
「坊やじゃないっ! テツだぁ!!」

 みんな、雄一任せで黙っていたが、急に話を振られたテツが、坊や呼ばわりされ、思わず名乗る。

 そのテツを雄一は無言で拳骨を落とし、痛がるテツは頭を押さえて屈む。
 それを見ていたホーラが、馬鹿、と呟いて、手で顔を覆うと、それを涙目で見つめるテツが、

「酷いよ、ホーラ姉さん……」

 そして、次はホーラから遠慮のない拳骨を貰い、地面に転がり、悶絶するテツ。

「フッフフ、テツ君とホーラさんですか。この方と比べると霞みますが、充分、貴方達からも金の匂いがしますよ? 今後もお付き合いさせて欲しいものです」

 ホーラとテツに愛想笑いを配ると、雄一に向き直り、仕切り直してくる。

「話の腰を折ってしまいましたが、テツ君が言ってた武術大会のようなものが、1週間後に開催されます。私の見立てが正しいなら、キュエレーに来るのも初めてで、話ですら知らない状態でこられてると思いますので、武術大会との違いをお話しますね?」

 首都には、冒険者ギルドの依頼を受けて仕事をするやり方が少し違う方法があるらしい。
 1人でやるソロ活動。複数の者が集まってするパーティ。雄一やホーラ、テツと一緒に行動するようなモノ。首都には3つ目に、コミュニティーと呼ばれるモノがあるという。

 それは、10人以上の集まりのある組織のようなモノを指す。

 そのコミュニティーで、依頼をこなしていき、評価を高めれば、より良い仕事を廻して貰えるようになる。

 コミュニティーのトップは、貴族の称号を持つモノを旗にして作られるらしい。

「そのコミュニティーの評判を劇的に変動させる大会が近々あり、各コミュニティーから代表者を出し、その成績がコミュニティーの強さのステイタスになるのですよ」

 趣旨は理解できるが、日々の評価だけで、判断してはいけないのだろうかと興味なさそうに聞いているが、痛みから復活したテツとホーラは少し、興味があるようで耳を傾けていた。

「この時期は、新人勧誘や、強い者に大会に出て貰えるように交渉するスカウトが、うろつき、それらにアピールするモノが徘徊するという事です」
「そういうタイミングで新人勧誘は分かるが、代理で大会に出て貰うってのはコミュニティー関係なくないか?」

 雄一は、それではコミュニティーの存在理由に問題が生まれそうだと思い、口にする。

「それは、交渉力があるコミュニティーと評価されますので、問題ありません。交渉も戦いであり、聞く気のなかった貴方が私に話に興味を持って質問して貰えるように話を展開するように?」

 苦虫を噛み潰したような顔をする雄一に、笑みを浮かべる男。

「おそらく、目端の利く者が貴方を勧誘に来るでしょうから、どういうスタンスを貫くかは早めに決めておかれると良いでしょう」

 仏頂面をする雄一に、再び、笑みを浮かべる男は、懐から紙を取り出し、万年筆を取り出すとサラサラと何かを書き始め、終わると雄一に差し出す。

「2つ目は、お勧めの宿をご紹介させて貰います。私の名前、エイビスと伝えて頂けたら、毎食デザートが付いてくるサービスがありますので、一度覗いてみられたらどうでしょうか?」

 男、エイビスは、お辞儀をすると、背を向けて去って行こうとするので、雄一は呼び掛ける。

「さすがに、名乗らせて、自分が名乗らないのは失礼だから……」
「いえいえ、結構です。それと、私とコンタクトを取りたくなったら、メインストリートで店を構える者の誰でも良いので、エイビスの店を聞けば、どこか教えて貰えますので、次、会える日をお待ちしておりますね、ユウイチ様?」

 去っていくエイビスの背中を見つめて、見えなくなると雄一は末恐ろしいヤツだ、と呟くと同時に盛大な溜息を吐く。

「えっと、どうされますか? 主様?」

 ずっと黙って経過を見守っていたメンバーのアクアが問いかけてくる。

「あの野郎の言いなりになってるようで気分は良くないが、ここは素直にいってみようと思う」
「信用できないみたいな事を、ユウは言ってたけど、どういう心境の変化さ?」

 不思議そうに問いかけてくるホーラに、残念なお知らせをしようとしてる自分に呆れる。

「確かに、信用はできないんだが、アイツが金に煩いという事は通じた。そして、俺で儲け話を絡ませる事ができると信じているようだったからな。こんな下らない事で儲けをフイにしたりはしない」
「じゃ、紹介された宿に行くのです? 行くなら早めに行ったほうがいいのです。そろそろ、空の色が茜色になりそうなのですぅ」

 そうは言ったが気乗りがしない雄一は、緩慢な動きで、みんなを見渡し、行くか?と溜息混じりに言うと、エイビスに渡された紙に書かれた地図に従い、『マッチョの集い亭』へと向かって歩き出した。
 感想や誤字がありましたら、気楽に感想欄にお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ