挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

11章 DT,見守る愛を貫く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

355/364

11章の登場人物紹介

    11章の登場人物紹介


 ○ サラサ   17歳


 ペーシア王国にある唯一の冒険者ギルドの受付嬢の1人。

 アリア達の受け入れ手続きで知り合い、腐ってた事に気付かされて奮起し始めた意外と打たれ強い少女。

 公私を分ける事と無関心は違う事を実感しながらペーシア王国の復興に尽力し始める。



 ○ アラート  永遠の少女らしい


 今代の精霊王。

 元は火の精霊であったらしいが、前世のアクアに精霊王の座を譲られて精霊王になった。

 色々あり、アクアを恨み、水の精霊を冷遇し続けた。

 精霊王になる条件が優しさである事に気付けずにいたが今回の件で知る事になる。
 しかも隠れた理由で精霊王は選ばれてるのではなく押し付けられているという事実にアラートは愕然とした。

 ちなみに初代精霊王は見事に意中の相手と結婚した事を僻まれて精霊王にされた経緯があった。

 精霊、精霊獣は総じて結婚願望が強いが歴代、結婚できたのは初代精霊王のみである。

 アラートは最近、ウェディングドレスを眺めながらアグートのアイディアに乗るかどうか悩む日々らしい。
 感想や誤字がありましたら、気楽に感想欄にお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ