挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

1章 DT、父親になる

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/362

29話 世界二位でいいらしいです

 雄一の行動原理の一端をお伝えできたしょうか?最初のほうで疑問に思われた方もいたと思いますので、伝わっていると嬉しく思います。
 ソラ村から、とんぼ返りした雄一達は、夕方には帰宅する事ができた。

 早い帰りに、びっくりした様子のシホーヌとアクアだったが、雄一が背負うエルフの少年を見て、何やら納得したようで、2人は顔を見合わせる。
 シホーヌが空き部屋に走り、エルフの少年を寝かせる準備をする為に向かい、アクアは、井戸に向かい、そこに置かれている桶と手拭を取りに走った。

 ホーラは雄一に近づいて、

「じゃ、アタイは冒険者ギルドに事情説明してくるさ」
「頼む、俺も必要と言われたら、明日にでも出向くと伝えてくれ」

 頷いたホーラは、玄関に向かって歩いていった。

 雄一は、背中にいるエルフの少年を抱え直すと、シホーヌが呼ぶ部屋へと向かって行った。

 桶を持ったアクアも雄一に続くように入ってくる。

「ユウイチ、他に必要なモノはないのです?」
「そうだな、この子が目を覚ました時に、水を飲ませたいから、コップと水差しを持って来てくれるか?」

 シホーヌは、分かったのです、と雄一に答えると部屋から出ていく。

「では、後で、主様の夕食をこちらに運んできますね」
「ありがとう、でも、子供達が食べてからでいいからな?」

 はい、と笑顔を浮かべたアクアが部屋のドアを閉じて出ていくと、廊下で、

「アリア、ミュウ。今日は、主様のところに行ってはいけませんよ? 寝てる子もいますから、この部屋に近づかないようにね?」

 アクアが、2人の手を取って、連れていく姿が壁越しでも見えそうで笑みを浮かべ、アクアに感謝する。

 桶に引っかけられている手拭を水に浸し、しっかり水気を切り、エルフの少年の顔や手の汚れを拭いていってやる。

 時折、お母さん、ごめんなさい、などの言葉を呟きながら、涙を流す少年の涙を手拭で拭ってやる。

 彷徨わせるように、右手を上げる少年の手を雄一は掴んで、しっかりと握ってやる。ホッとしたような表情をして、若干表情を穏やかして、寝息が落ち着きだすのを見て、雄一も安堵の溜息を吐き、見守り続けた。


 それから、しばらくの時が流れ、月の傾きから、日付は変わっただろうという時間になると、エルフの少年の瞼が痙攣するのに気付いた雄一は、見つめる。

 目を開いたかと思えば、弾けるように起き上がろうとするのに気付き、雄一は肩を押さえる。

 あああっ!!!と叫んで、暴れるエルフの少年の耳元で、大きめの声で伝える。

「もう、終わったんだ! モンスターもいない。自分をしっかり持て!!」

 雄一の声にびっくりしたように、ビクッと体を震わせて、キョロキョロと目で辺りを見渡す。正面にいる雄一を見て、あっ、と小さい声を出して、自分の置かれている状況を少し理解したようで、唇を噛み締める。

 落ち着いたようだと思った雄一は、コップに水を汲み、と少年に差し出す。

「ガブ飲みはするな、胃がビックリするからな?」

 雄一は、少年にコップを握らせる。

 コップに視線をやりながら、雄一に話しかけてくる。

「貴方が、村で僕を助けてくれた人ですよね?」

 雄一は、ああ、と答えると、聞き辛そうにしたエルフの少年は、踏ん切りをつけるようにして聞いてくる。

「お母さんは……?」
「勝手して悪いとは思ったが、あの場で埋葬させて貰った。村の人達は、申し訳ないが、できるだけ集めて、火葬しかしてやれてない」

 雄一の言葉を聞いて、顔を顰める。

「村で生き残ったのは、僕だけですか?」
「おそらくは……勿論、村の外に脱出して逃げ伸びた者がいるかもしれないがな」

 エルフの少年は、首を横に振り、言ってくる。

「あの襲われ方で、村から脱出できた者がいたとは思えません。村のどこかで隠れてやり過ごした僕達のようしてなければ……」

 そこから、エルフの少年は、自分の気持ちを整理するように、モンスターに襲われた時の事を語り始めた。


 村長の最終判断で、冒険者ギルドに依頼を出す事を決まった時、村長の息子がダンガまで走った。
 依頼が張り出される前の日のお昼過ぎに、申請を済まし、陽が落ちた頃に村長の息子が依頼を出して帰ってきた。

 その夜の事である。ソラ村に悲劇が訪れたのは……

 最初に襲われたのは、少年の隣の家だったらしい。

 モンスターの怒号と、隣から聞こえる悲鳴に寝ていた少年の家族全員が起きて、家を飛び出すと、隣の家の者達が、オークに吊るし上げられ息絶えている姿を見せつけられた。

 それがキッカケのように至る場所から、悲鳴と怒号が聞こえてきたそうである。

 固まる少年の手を両親が掴むと森へと駆け出した。

 そのまま逃げても掴まると思った親達は、森の奥にある備蓄庫に逃げ込む事にしたらしい。

 備蓄庫の扉は石でできていて丈夫なうえ、取っ手がオークの蹄のようなでっかい指では掴めないタイプだったので、やり過ごそうという考えだったようである。

 当初は上手くいっていたようで、時折、叩く音はするが、安全なうえ、備蓄庫だったので、食べ物にも困らなかった。

 そして、時間の経過が分かりにくいので、どれくらい経ったか分からなかったそうだが、人間、自分の安全が確保されると他人の心配をし出すもので、少年も例に漏れず、自分の友達の事が心配になったそうだ。

 両親が寝ている隙に、扉をそっと開けて覗くと、オークと目がバッチリ合い、開いた隙間に指を挟まれて、こじ開けられ、跳び起きた両親が少年を守るように抱き締める。

 オークはその時点では1匹だったので、父親が時間稼ぎをするから、母親に少年を連れて逃げるように言う。少年がダダをこねて、みんな一緒がいいと泣くが、父親は、微笑むと母親と少年を突き飛ばすように外に向かわせるとオークに特攻したらしい。

 母親に連れられて、森を走り、オークに囲まれて、母親に抱き締められるようにして、下敷きにされているところに、雄一が来たようである。


「すまん、俺がもう少し、早くきていれば、お前の両親を助ける事ができたかもしれないのに……」
「いえ、時間感覚がおかしくなっていましたが、多分、依頼が張り出された次の日に村に来て頂けたと思います。村長は、冒険者が来るのは、張り出されて4日はかかるだろうと言っていましたから」

 辛そうにはしているが、だいぶ落ち着いたようで、理性の光が灯ったようである。

 エルフの少年は。ベットの上で、正座をすると、ゆっくりと頭を下げてくる。

「助けて頂いたのに、お礼もまだでした。有難うございました。失礼ながら、お名前を聞かせて貰って良いでしょうか?」
「雄一だ。無理に大人の対応せずに、やつあたりをしてくれて良かったんだぞ?」

 エルフの少年が、首を横に振って言ってくる。

「僕は、ユウイチさんが話してくれた、クソガキさんがお母さんに言われたように、引き継げるような男になりたいのです。それに……もう充分、泣かせて頂きました」

 恥ずかしそうに頬を染める少年を見つめ、そうか、と雄一は呟く。

「さっきの話の続きですが、クソガキさんは、あの後、どうされているのですか?」

 エルフの少年は、雄一の目の動きを見逃さないとばかりに、見つめてくるので苦笑しながら、悪足掻きとばかりに目を瞑る。

「きっと、四苦八苦しながら、可愛い娘達の面倒を見てるんじゃねぇーか?」

 雄一の言葉に、そうですかと、嬉しげに笑みを初めて浮かべたエルフの少年は、再び、頭を下げて、今度は頼み事をしてくる。

「助けて貰えただけで、満足するところではあるのですが、我儘ついでに、もう一つ聞いて頂けないでしょうか?」
「いってみな」

 雄一は、笑みを浮かべながら、そう言うと、エルフの少年は、一呼吸吐くと気合いを入れて言ってくる。

「僕をここに置いてくれませんか? 僕は、生きる目標ができたのです。少しでも近くで見ていたいのです」

 お願いします、何でもしますからと、三度、頭を下げてくる。

 雄一は、嘆息する。

「男が無闇に頭を下げるな。男の価値が下がる」
「僕にとって、ここは下げるに値する時です」

 引かないという意思を込めた強い視線を受けて、雄一は内心、喜ぶ。
 出会った時、起きた時の死んだような目が、生きた目に成っている事に。ただ、そうなった理由を思うと背中が痒くなってしまうと苦笑する。

「俺は、男には厳しいぜ?」
「耐えてみせます、乗り越えてみせます!」

 雄一は、へっ、と笑うと、エルフの少年に問いかける。

「坊主、名は?」
「失礼しました。僕の名前は、テツです」

 雄一は、うんうん、と頷き、エルフの少年、テツを見つめる。

「テツ、お前の生きる目標はなんだ?」
「ユウイチさんと肩を並べる男になる事です」

 それを聞いた、馬鹿にしたような顔をして、喝を入れるようにテツに言う。

「馬鹿野郎! そんな小さい事言ってどうする! 言うなら、世界一のお父さんと言われる男になります! ぐらい言えねぇーのか!!」

 目指すなら、世界一だろ!とテツに叩きつけるように言うと、テツは顔を紅潮させ、震えながら言ってくる。

「はい! 僕は世界二位・・・・のお父さんになってみせます!!」
「なんで、世界二位なんだよ?」

 苦笑する雄一に、テツは笑みを浮かべて言ってくる。

「世界一は目の前にいます。だから、僕はその次席を誰にも譲る気はありません!」

 雄一は、馬鹿野郎がっ!とテツの頭に軽く拳骨を落とすが、テツは嬉しそうに痛がる。

 2人はお互いの顔を見合わせると、テンションが上がってしまい、笑いだしてしまい、しばらく笑い続けた。


 そして、30分後、雄一とテツは、廊下の板張りのうえに正座をして、眠そうにするシホーヌ達に睨まれていた。
 テンションが上がり過ぎて、夜中であるというのを忘れて騒いで、寝ていた皆を起こしてしまい、お説教タイムである。

 潔い、土下座をする雄一に倣って、テツも一緒に頭を下げる事で、許しを得た2人は、朝まで、『男の価値とは?』という議題で、熱く語り合ったそうである。
 感想や誤字がありましたら、気軽に感想欄へお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ