挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー 作者:バイブルさん

4章 DT、表舞台に立つ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

125/362

幕間 亡命する馬鹿共達

 幕間2つ目、多分、幕間は後2つの合計4つの予定です。
 激しく息切れしたブタもとい、宰相ゴードンは隠れ家に取り撒き達を連れてやってきた。
 別に走ってやってきた訳ではないが、いつもの乗り心地の良い馬車を使うと目立つ為、仕方がなくボロい幌馬車に揺られてやってきた。

 何故、そんなに息切れしているのかというと悪路を速度を落とさずにやってきた為に自分の腹に無駄に余った肉が躍って気持ち悪くなり、そんななか、馬車を降り、階段で考えたら100段ぐらいの坂を昇ったからであった。

 明らかに不摂生と運動不足のレベルではなかった。

 這うようにして歩き、書斎にあるデスクの椅子に座ると目の前にいる者達を見て、ゴードンは隠さず舌打ちをする。

 ゴードンの取り巻き達は、2通りの反応を示していた。

 1つは、無事逃げられたと安堵する者とこの後の事を思い、ゴードンに縋るように見つめる者である。
 これには、ゴードンでなくとも舌打ちをしたくなるというものである。

 今までは、馬鹿な奴らだったから使い勝手が良かったがこうなってくると邪魔者以外の何者でもない。
 だから、ゴードンは思う。こいつらとも縁の切り時かもしれないと……

「しかし、あのタダの冒険者風情が調子に乗りおって、腹立たしいっ!」
「そうだ、そうだ、しかも、フリーガン本部を1人で壊滅させたとか盛り過ぎであろう」

 いつものようにゴードンにゴマすりするやり方だと、くだらないものを見るような目で見つめる。
 普段であれば、それに気分良くしていただろうが、今はそんな状況ではない。それを分からずにいつも通りにゴマを擦ってくる馬鹿者達を本気で囮にして国外脱出を計ろうかと悩む。

 もう現状、ナイファにいるのは得策ではない。ずっと隠れ続けるという選択肢は嫌だという思いもあるが、エルフ相手にいつまでも逃げ切れるものではない。

 エルフも問題だが、エルフが動くまでには時間の猶予があるが、雄一達が動き出すのは、早いはずである。
 この国の軍は、警戒に値しない。何故ならば、ほぼ機能していなく、下手をすると空中分解する恐れすらある。何せ、国庫には殆ど金などないのだから。

 となると、フリーガン本部を1人でという話を脇に置けば、フリーガンを潰せるほどの戦力を有する冒険者、雄一の存在が目の上のタンコブである。

 ゴードンは思う。あの冒険者、ユウイチといった、あの男の名前がどうにも引っかかっていた。どこかで聞いた覚えがあると。

「誰か、あの冒険者を知ってる者はおるか?」

 ゴードンは、考えても思い出せなかったから取り巻きに問いかける。

「あんなどこの馬の骨と知れない者など知ってる者などおりましょうか?」

 先頭に立っていたゴードンを除いた一番の身分の侯爵の男が囀る。

 ゴードンは今は、おべっかではなく情報が欲しいんだ、と苛立ち隠さずに取り巻き達を眺めているとモジモジするように両手の指をワナワナさせる男に気付く。

「確か、お前はザザラン男爵だったか? 何か知っているのか?」

 モジモジするように困った顔をしていた男爵に声をかける。

 話しかけられた男爵は更に挙動不審になりながらも、ゴードンに促され口を開く。

「わ、私の記憶違いでなければ、ゴードン様が以前、冒険者ギルド長に出る杭は打てと仰った相手ではないかと……」

 そう言われたゴードンではあるが、心当たりがいくつもあり、眉を寄せる。気分次第でやり、その冒険者の恋人を奪う為になどという理由であれば、数えるのも億劫になる数である。

「そんな適当な説明があるかっ!」

 先程、ゴードンにおべっかした侯爵が男爵を叱責する。それを見つめるゴードンは、それでもお前よりは有能そうだと思った言葉はかろうじて飲み込む。

「そ、その冒険者は、ロン侯爵の縁戚だったポメラニアン子爵と対峙して潰した男でございます。500という数の相手を5分とかからず、殺さずに鎮圧し、そして……」
「あの、ドラゴンを倒したという冒険者か……」

 そこまで言われて、やっと雄一の事を思い出したゴードンに男爵は「その通りでございます」と頷く。

 ゴードンは、フリーガン本部を1人で壊滅させたというのも眉唾じゃないかもしれないと唸る。
 そうなると雄一の危険度レベルが上がり、ここにいられる時間が更に減った事に舌打ちをする。

 できれば、ここから隣国とゆっくり交渉して少しでも条件を悪くしないで協力を得ようと考えていたが、3割は国を取られる覚悟も必要かもしれない。

 色んな意味で失態を重ねて焦った侯爵が勢い込んでゴードンに言ってくる。

「とはいえ、所詮は冒険者。先程、部下の報告を聞いたところ、フリーガン末端は勿論、私達と懇意にしていた商人共も襲い、金なども根こそぎ奪っていったようですな。生まれが知れると言うもの」

 無能は囀るな、と叫びたいのを堪える。

 その言葉に反応するように仕方がなく言葉を洩らす。

「冒険者など金の為に動いておる。どさくさに紛れるだろうな。何せ、フリーガンの資金だけでも国の予算レベル……」

 そこまで口にした瞬間、ゴードンの背中に冷たい汗が伝う。

 ゴードンは、手で口を覆い、声を洩らさないようにして言葉を発する。

「もし、あの冒険者が自分の懐を暖かくする為にではなく、別の目的の為に集めているとしたら……」

 ゴードンがブツブツと言うのを見ていた取り巻き達が首を傾げて近くの者達と目を交わし合う。

 そんななか、雄一の説明をした男爵が言ってくる。

「ゴードン様、一応、最悪の可能性は考えられた方が良いかと具申させて頂きます。ここを早めに放棄されたほうが安全かと」

 男爵の言葉に反論を始める取り巻き達。やっと逃げてきて一段落と安心した場所を手放せと言われて怒り狂っていた。

 ゴードンは、そう言ってきた男爵を見つめ、この男爵の優先順位を上げる。勿論、見捨てない順番である。

 正直、ゴードンとて騒ぐ馬鹿共と同じく、もう少しここでゆっくりしたい。だが、このまま座すると破滅の可能性が見え隠れしているのに、留まるほど馬鹿ではない。

「ザザラン男爵、すぐに出る用意を始めろ」

 男爵は短く返事を返すとすぐに部屋から出ていった。

 どうしてだとか、考え直せなどとピーチクと騒ぐ取り巻きを無視して、隣国パラメキとの交渉を考える。

 これはさすがに3割で被害を収めるのは無理と判断する。

 半分は持って行かれる覚悟を決めると取り巻きを放置して、書斎から出ていった。
 だが、このまま、尻尾を巻いて逃げるのは腹立たしいゴードンは一矢報いる為に自分に着いてきている部下に命令する。

「あの者に連絡を」

 そう言いながら、嫌がらせぐらいにしか効果がないだろうと分かりつつもやらずにはいれないゴードンであった。



 そして、半日後、テツ達がこの隠れ家に気付いてやってくると、もぬけの殻になっていた。
 感想や誤字がありましたら気楽に感想欄へお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ