挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

81/84

湖と心肺蘇生

遅れてすみません。
思えば下らない人生(二度目)だったな…。あ、でも女神に見つけてもらえればそれで生き返れるのか…。

誠「おーい?グロウル、そろそろ正気に…」

グロウル「ブツブツブツ…。」

誠「くそ…仕方ないな…。」

俺は落下しながら辺りを見回した。すると近くに大きな湖があるのが目に入った。俺は転移魔法を使い、グロウルと一緒に湖上空に転移した。

誠「グロウル?湖に入るから息止めとけよ?」

グロウル「ブツブツブツ…。」

誠「はあ…もはや尊敬に値するよ、全く…。」

俺はブツブツうるさいグロウルを無視して、大きく息を吸い込んだ。そしてグロウルを抱えたまま湖に飛び込み、そのまま岸部に泳ぎ着いた。

誠「ふう…おいグロウル…平気か?」

グロウル「……。」

誠「グ、グロウルゥ!?」

何度かグロウルの肩を掴み揺らしながら名前を呼んだが、グロウルは目を覚ますことなく動くこともなかった。

誠「ど、どうするんだこれ…!?し、死んでるのか…!?いやでもまだわからないし心肺蘇生とかした方が…!?」

俺は焦りながらも、やるだけやったほうがいいという冷静な判断をすることができた。生唾を飲み込んだあと、グロウルの服の胸元をはだけさせた。

誠「わ、悪く思うなよ…!」

はだけさせたグロウルの柔肌に片手を当てた。暖かく柔らかい感触に少し胸を高鳴らせながら、俺は心肺蘇生を始めた。

誠「た、確か三十回だったか…?」

俺は保健の授業を思い出しながら、グロウルの胸を強く押し続けた。そして三十回胸を押したあと、俺はグロウルの顎を右手で押し上げ左手で鼻を摘まんだ。

誠「胸元を見ながら…だったよな…。」

俺はグロウルの胸元を見ながら、唇をグロウルの唇と重ねた。そして息を吹き込みグロウルの二つの丘を見ながら、胸元が膨らむのを確認した。

誠「も、もう一回か…。」

もう一度グロウルの胸に手を当て数回強く押していると、グロウルが水を吐きながら息を吹き替えした。上手くいったみたいだ…保健の授業聞いといてよかった…。

グロウル「ま、誠さん…?」

誠「だ、大丈夫か…?」

グロウル「あ、はい…大丈夫ですけど…誠さんも顔赤いですよ…?」

誠「えっ!?あ、いやこれは…その…。」

グロウル「…?もしかして風邪ですか…?」

グロウルは額を俺の額と合わせて、俺に熱があるか確かめた。息もかかるような至近距離が数秒間続いた。

グロウル「熱は…ないみたいですね…。」

誠「お、おう…ありがとな…そ、それじゃ俺はこれで…。」

俺は立ち上がりグロウルに背を向け、皆のところに戻ろうとした。が、そのときグロウルに呼び止められてしまった。

グロウル「あ、あの…誠さん?」

誠「な、なんだよ…?」

グロウル「助けてくれたんですよね…その、ありがとうございました…。」

誠「あ、ああいや…こちらこそありがとな…。」

グロウル「…?」

俺はグロウルに感づかれる前に逃げるように走り去った。残されたグロウルは自分の胸元がはだけているのを見て、状況を把握したように胸元と口元を手で押さえ顔を赤くした。

ベル「誠さんどこ行っちゃったんですかね…。」

千夏「それなりに時間経ってますよね…。」

アイラ「ま、そのうち帰ってくるだろ。」

誠「ただいま。」

アイラ「うわっ!?び、ビックリさせるなよ…。」

誠「わりいわりい。」

俺は腰が抜けたように倒れ込んでしまったアイラに手を伸ばし、アイラの手を掴み立ち上がらせた。

セナ「どこ行ってたの…?」

誠「ちょっと人(?)助けにな。」

アルス「グロウルさんのことですか…?」

女神「あれ、そういえばグロウルさんは…?」

誠「グロウルはまあ…色々あってあっちの方にいるよ。てかまだ機嫌直ってないのな。」

俺は来た方を指差しながらそう言った。色々の部分を思い出さないようにしたが、ついさっきの出来事だったせいで無理だった。

剣聖「…どうしたの?顔赤いけど?」

誠「…え?い、いや気のせいだよ…。」

千夏「もしかしてグロウルさんと何かあったんですか…?」

誠「な、なにもないって!顔怖いぞ!」

千夏「本当ですか…?」

誠「ほ、本当だって!ほ、ほらもう帰るぞ!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ