挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/84

女神(小)と復活魔法

女神「乾杯~。」

今俺達はギルドで、新たに仲間に加わった女神と歓迎会をしていた。俺は全くと言っていいほど歓迎してないけどな…。

アルス「…そういえば女神さんの名前聞いてませんでしたね。」

剣聖「あ、確かに。」

女神「私の名前ですか?名前はБИЁыΩΡです。」

誠「……。」

アイラ「…え?」

千夏「…はい?」

女神「ですからБИЁыΩΡですよ。」

ベル「そ、そうなんですか!でも呼びにくいので女神さんって呼ぶことにしますね!」

女神「え?でも、せっかくですし…」

ベル「いや、女神さんがいいです!」

女神「は、はあ…。」

強引に女神の呼び名を決めたあと、俺達は会計を終えてギルドを出た。家までの帰り道、俺は隣にいたセナになんとなく質問を投げ掛けた。

誠「さっきの何語だと思う…?」

セナ「知らない…。」

誠「だよな…。」

セナ「誠と女神は知り合いじゃないの…?」

誠「知り合い…なのかな…?」

そんな話をしていると、さっきまで隣にいなかったはずの女神が隣に現れた。そして明るい声で話しかけてきた。

女神「なに話してるんですか?」

誠「うおっ!?ビックリしたな…。」

女神「む…人をお化けみたいに言わないでくださいよ。」

誠「人じゃないだろ…。」

女神「もうほとんど人だと思いますけどね…ってそうじゃなくて、なに話してたんですか?」

セナ「誠と女神が知り合いかって話…。」

女神「え?知り合いもなにもパーティメンバーじゃないですか。」

誠「…俺は認めてないぞ。」

女神「何を今更、是非って言ってくれたじゃないですか!」

誠「…本心じゃない。」

女神「ツンデレってやつですか~?可愛いですね~?」

女神はそう言いながら身を屈め、肘で俺をつついてくる。…なんなんだこの女神…妙に馴れ馴れしいぞ…?

誠「お前…なんか軽くなったな…。」

女神「軽く…ですか?まあ上司がいないっていうのは気が楽ですね!」

誠「ああ…そう…。」

セナ「女神も大変なの…?」

女神「大変ですよ!規則がありすぎてもう何がなんだか…。」

誠「クビになってよかったな。」

女神「それはないです。」

誠「す、すみません…。」

そんな話をしながら歩き、家についた俺達はとりあえずリビングに集まった。特にすることもないので適当に話したりしていた。

誠「…そういえばギルドで男共に群がられてたけど女神って強いの?」

アイラ「姿が見えなくなるくらい囲まれてたな。」

女神「んー…綺麗だからじゃないですか?」

誠「真剣に聞いてるんだけど…?」

女神「割りと真剣に答えたんですけど…?」

誠「ステータスとかその辺を聞いてるんだよ!」

女神「美貌もステータスだと思いますけど…。」

ああ言えばこう言う女神に腹が立ってしまった俺は、怒りを抑えつつちょっと強めに聞き直した。

誠「それで…どこが強いんだ?」

女神「ギルドでは回復魔法を褒められましたね。」

アルス「回復魔法…ですか。」

女神「回復と言うよりは復活ですかね。ほぼ詠唱なしで生き返らせることができるそうですよ。」

アイラ「へー…凄いな。」

女神「試してみますか?」

女神は凍りつくような視線で俺を見ながらそう言い放った。かと思うと突然立ち上がり、ドア付近に立て掛けてあった俺の剣を手に取った。

誠「お、おい待てなんで俺なんだよ!?」

女神「誠さん死に慣れてるじゃないですか。」

誠「そんなことないから!てか皆も止めろよ!」

アイラ「誠なら大丈夫だろ。」

セナ「そんな気がする…。」

誠「お前ら人間じゃねえ!」

その言葉を最後に俺は大量の血を流し、意識を失った。目を覚ますと俺は、いつも通り何処かもわからないところで椅子に座っていた。いつもと違うところは、女神がこの前の女の子になっていたことだ。

女神(小)「あれー?もしかして君が誠さんって人?」

誠「ん…そうだけど…!?」

女神(小)は椅子から降りると俺に走りより、顔を俺の顔に近づけた。互いの呼吸が当たるほどに。見かけによらず大胆だな…。

女神(小)「へー…先輩が目をつけるのもわかる気がするなー…。」

そう言いながら女神(小)は俺の頬に手で触れようとした。小さな手が触れかけた瞬間、俺の意識は飛んでしまった。

誠「…はっ!?」

アルス「凄いです女神さん!あっという間でした!」

女神「て、照れますね…。」

俺は目をパチクリさせながら、目の前の光景を見つめていた。さっきまでの幸せ空間がまるで夢だったかのようだった。

誠「……。」

女神「どうですか誠さん?私の復活魔法凄いですよね?」

誠「…あっという間すぎるよ!」

女神「そこが売りなんですけど!?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ