挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/84

ビンタと苦労

俺達はギルドに着いたあと、いつも通り近くの席に座り飯を食べていた。するとリディが少し呆れた顔で俺を見てきた。

誠「…なに?」

リディ「…結局なんでビンタされたんですか?」

誠「ん?あー…。」

俺は少し考え込むように目を閉じたあと、顎に手を当ててリディの胸を凝視した。ふむ…それなりにデカいですね…。

リディ「…!?どこ見てるんですかっ!?」

俺の目線に気づいたリディは慌てて身を引き、胸を両腕で覆った。そして遠慮なく俺を睨み付けてくる。

リディ「そんなんだからビンタされるんですよ…!」

誠「それは違うぞリディくん…。一応言っておくが君だってビンタの射程内なんだからな…?」

リディ「…え?私もなんですか…?」

誠「そうだぞ…だから言動一つ一つに気を付けた方がいい…。」

リディ「…わかりました…。因みにビンタってどのくらい痛いんですか…?」

誠「ふむ…そうだな…例えるならばトラックにハネられたくらいの…」

アイラ「聞こえてるからな。」

俺は背後に迫る影に身を震わせ、冷や汗をかきながら振り返った。そこには眉間にシワを寄せる貧乳組みが立っていた。

誠「トラックが四台…」

俺の言葉はそこで途切れ、代わりに軽快な炸裂音がギルドに響き渡った。俺は地面に倒れ、目に涙を浮かべた。

剣聖「…大丈夫?」

誠「…大丈夫…。」

千夏「頬凄い腫れてますよ…?」

誠「…知ってる…。」

俺は痛む頬を押さえながら立ち上がり、貧乳組みに謝罪をした。しかしまだ皆は怒っているらしく、返事をしてくれなかった。

誠「あの…。」

アルス「ふんっ!」

ベル「…貧乳を否定するからこうなるんですよ。」

誠「いや別に否定してる訳では…」

セナ「大きいくせに…。」

誠「いやだから…」

俺はそう言いながらこう思っていた。…あれ?もしかして胸が小さい人って心の器も小さいの…?と。

誠「はあ…随分嫌われたな…。」

千夏「まあまあ…時間が経てば許してくれますよ。」

誠「そんなもんかな…?」

千夏「そんなもんですよ。」

誠「はあ…。」

剣聖「…落ち込みすぎじゃない?」

誠「女の子に嫌われたんだぞ…?そんなすぐ立ち直れる訳ないよ…。」

リディ「…ほんと女の子好きですね…。」

誠「当たり前だ!女の子には男にないものがたくさん詰まってるからな!」

リディ「例えば…?」

誠「胸。」

剣聖「誠にもあるけどな。」

誠「はあ…君は自分の胸を自分で揉むのかい?」

剣聖「いや、そんなことしないけどさ…。」

誠「いいか!?胸っていうのは人のを揉むから楽しいんだよ!オッケー!?」

剣聖「お、オッケー…。」

誠「全く…。」

俺は不満な表情のままリディに金を渡し会計を済ませ、皆の方を振り返った。そして一呼吸おいてから、

誠「…さて、帰るか。」

ベル「はい?」

誠「…え?なに?」

セナ「まだ帰らない…。」

誠「いやでも今日はやることな…」

アルス「洋服買いに行くって約束したじゃないですか!」

誠「いや約束なんてしてな…」

アイラ「ほら行くぞ!」

俺は皆に腕を引かれ、背中を押されてギルドを出た。そして晴天に目を向け再び涙を流した。くそっ…流しきれなかったか…。

リディ「…誠さんって結構苦労してるんですね…。」

千夏「ですね…。」

リディ「助けてあげないんですか…?」

剣聖「まあ…面白そうだし?」

リディ「…そうですか…。」

千夏「じゃあ私達もそろそろ行きますね。」

リディ「あ、はい…。」

剣聖「じゃあねー。」

千夏と剣聖はギルドの扉の前でリディに手を振りながら、別れを告げて先を歩く俺達に着いて来た。

リディ「…誠さん…苦労してるなあ…。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ