挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/84

空腹とレストラン

誠「…おーい?セナー?」

今、俺達はセナの部屋の前で集まっている。実はセナはくすぐり倒されたあと、フラフラと自分の部屋に戻り鍵を閉めてしまったのだ。まあ…要するに拗ねてしまったのだ。

ベル「…返事してくれませんね。」

千夏「まあ…やりすぎちゃいましたからね…。」

アイラ「誠、どうするんだ…?」

誠「どうするって言われてもな…。」

剣聖「…なんかお腹空いてきちゃったな…。」

誠「のんきだなお前は…。」

アルス「…でもかれこれ一時間位経ちましたよ?」

アルスの言うとおり、実際かなりの時間が経っている。正直俺もお腹空いてきちまったし…どうするかな…。

誠「…まあ、とりあえず皆は飯食って来なよ…。」

ベル「いいんですか?誠さんもお腹空いてるんじゃ…。」

誠「俺は別に大丈夫だよ…。」

剣聖「お腹擦りながら言われても…。」

誠「だ、大丈夫だって…だから行ってこい。」

アイラ「へー…珍しく優しいな。」

誠「…一言多いぞ…。」

そんな会話をしたあと俺は、一人セナの部屋の前で立ち尽くしていた。はあ…腹減ったなあ…飯食いたいなあ…。

誠「…セナー?出てこいよー…出てきてくれよ…頼むよマジで…。」

俺はお腹を擦りながら、死にそうな目でドアを見つめた。どうせ開かないだろうと思っていた、のだがドアはゆっくりと開きセナが現れた。

誠「セ、セナ!やっと来てくれ…」

セナ「お腹空いた…甘いものも食べたい…。」

誠「そ、そうすか…。じゃあギルドに…」

セナ「いや…。」

誠「…へ?」

セナ「ギルドのじゃなくて…クルールのレストランがいい…。」

誠「いや…でもレストランなんて凄い高…」

セナ「レストランがいい…!」

誠「あ…はい…。」

俺は準備を終えたセナと、転移魔法でクルールに向かった。それからはセナに案内してもらい、物すごーく高そうな建物に到着してしまった。

誠「なんすか…ここ…。」

セナ「レストラン…。」

誠「…高級ホテルか何かに見えるんですけど…。」

セナ「そんなことない…とにかく入る…!」

誠「う…うぃっす…。」

俺はセナに強引に手を引かれ、レストランらしき建物の中に入った。中は食欲をそそるいい臭いが広がっていた。

誠「…で、何頼むの…?なるべく安く済ませてね…。」

セナ「わかった…じゃあ…」

セナはテーブルに置いてあったメニューを開き、俺に向けて人差し指をメニューの端に指した。…まさか…

セナ「ここから…ここまで…。」

誠「全部じゃねーかっ!!」

セナ「だ、だって…どれも美味しそうだから…。」

誠「確かにそうだけど限度があるだろ!限度が!」

セナ「の、残さず食べるから…。」

誠「そういう問題じゃないわ!金の心配をしてんだよこっちは!」

セナ「…レストランでうるさくしたらダメ…。」

誠「…お前な…。」

俺はため息をつきながら顔を落としたあと、テーブルに置いてあったボタンを押した。数秒経つと店員が注文を受けに来た。

店員「ご注文は?」

セナ「ここから…ここ…。」

店員「えっ!?ぜ、全部ですか…!?」

誠「すみません…お願いします…。」

店員「わ、わかりました…。」

店員は早足で何処かへ行ってしまった。その直後、周りにいた店員達が急にあたふたとし始めた。…ほんとすみません…。

店員「お、お待たせしました…。こ、こちらで最後になります…。」

誠「ど、どうも…。」

セナ「……!」

店員は1メートルはあるかもしれないパフェを、テーブルに置き一礼して何処かへ行ってしまった。

誠「あ、あの…これ一人で食うんすか…?」

セナ「…?当たり前…。」

誠「お、俺にも一口…」

セナ「ダメ…!」

誠「即答!?なんでだよ!?」

セナ「ダメなの…!」

誠「ひ、一口でいいから!」

セナ「…ほんとに一口…?」

誠「ああ、約束する!」

セナ「…じゃあ…」

セナはパフェに刺さっていたスプーンを手に取り、巨大なパフェの一部を掬って俺の方に差し出してきた。

セナ「はい…あーん…。」

誠「…えっ!?あ、あーん…。」

セナ「美味しい…?」

誠「お、美味しい…。」

セナ「そう…。」

誠「も、もうひとく…」

セナ「ダメ…!」

誠「…うぃっす。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ