挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

60/84

嫌悪と終了

事情があって凄く短くなりました。すみません。
ラッキースケベになった俺はアイラに壁ドンをしたあと、若干モジモジしながらアイラと席に戻った。

誠「……。」

ベル「誠さん?どうしたんですか?」

誠「えっ!?な、なにが?」

千夏「ボーッとしてましたよ?」

誠「そ、そんなことないよ!そ、それよりリディ!あの機械、水が出てこなかったぞ!」

リディ「本当ですか!?す、すみません!すぐ直します!」

リディは勢いよく立ち上がり、足早に機械を直しに行った。俺は緊張から喉が渇いていたので、あとを追って水をとりにいった。

誠「…直ったか?」

リディ「はい、多分もう大丈夫だと思います。」

俺は機械に近づきボタンを押した。するともの凄い勢いで水が飛び出し、一瞬でコップを一杯にした。そしてこぼれた水は俺の服に飛び散った。

誠「うわわわっ!直ってないじゃないか!」

リディ「す、すみません!すぐタオル取ってきますから!」

誠「あ、ああ…頼む。」

俺はタオルを取りに行ったリディを目で追ったあと、コップ一杯の水を一気に飲み干した。数秒後、リディがタオルを持って戻ってきた。

リディ「ほ、本当にすみません!すぐ拭きますね!」

誠「い、いや自分で拭くから…」

突然リディに詰め寄られた俺はまた緊張し始め、一歩後ろに下がった。しかしその足は軸足にぶつかり、俺は後方に倒れた。

誠「うわっ!」

リディ「ひゃっ!?」

誠「痛てて…ん?こ、これはっ!?」

俺の両手には柔らかい感触、これはまさか…!俺は試しに、両手に当たる柔らかなモノを強く握ってみた。

リディ「んっ…な、何するんですかっ!!」

誠「ゲボラッ!!」

リディの拳が俺の頬に勢いよくぶつかる。その途端、俺の視界は暗くなり意識を失った。リディのパンチ…強すぎ…。

誠「…ん…?」

女神「……。」

誠「あっ…(察し)。」

女神「…生き返らせてあげますから近づかないでください。」

誠「え…なんでそんな冷たいの…?」

女神「自分の胸に聞いてみてくださいっ!」

誠「えっ!?ちょっ…」

俺は何を言われているのか理解する前に再び意識を失った。次に目を覚ましたのは自分のベッドの上だった。

誠「…ん…。」

俺は目を覚ました。窓から眩しい朝日が射し込む…って朝日っ!?う、嘘だろ今何時だ!?俺は焦るように時計を見た。時間は朝の八時、相当寝てしまっていたようだ。

誠「あ…ああ…俺のラッキースケベが…終わった…。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ