挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/84

ラッキーとスケベ

グロウルへの脅迫を終えた俺は、自分の部屋に帰りベッドに潜った。すぐに眠りについた俺は、久々に安眠を得ることができた。

誠「ん…。」

目を覚ました俺は、一度背伸びをしたあと時計を見た。時計は朝の五時過ぎを指していた。こんな朝早く起きたのに、俺の頭は冴えに冴えていた。

誠「二度寝はできなさそうだし…どうするかな…。」

俺は無駄に余ってしまった時間をどう使おうか悩んでいた。悩んでいるうちに、昨日皆が攻略に苦戦したと言っていたことを思い出した。

誠「…買い出しでも行くかな。」

俺はベッドから降りたあと、一通り準備をして道具屋に向かった。朝方の静かな空気…暖かく射し込む日の出の明かり…早起きって素晴らしいな。もう二度としないだろうけど。

誠「よし、着いたな。」

道具屋のおばさん「いらっしゃい。」

誠「…さて、とりあえず回復アイテムだな。」

俺は一通り回復系のアイテムを手に取っていた。するとアイテムの置いてある棚の奥に、異様なまでにピンク色の本があることに気づいた。

誠「…なんだこれ…?」

道具屋のおばさん「あら…ウフフ…それ、今お買い得よ…。」

誠「え…?」

俺は道具屋のおばさんの不気味っぷりに疑問を抱きつつ、ピンクの本を棚から取りだした。そこにはなんと…

誠「ラッキースケベに…なれる本…だと…!?」

道具屋のおばさん「フフ…今だけ50000ジルよ…。」

誠「買います!!」

たかが本一冊、されど本一冊。この本はその辺にある本とは格が違う、たまたま拾ったエロ本よりも価値があるだろう。

誠「よし!早く帰ろう!」

道具屋のおばさん「あら?ここで読んで行かないの?」

誠「い、いや…流石に人前では…」

道具屋のおばさん「私にラッキースケベできるかも…」

誠「しない!さよなら!」

俺は高速スキップで家に帰って部屋にこもり、早速ラッキースケベになれる本を開いた。まず一ページ目、

誠「なになに…?効果は一日限り…か。」

俺は若干ガッカリしながらも次のページに進んだ。が、次のページに進んだ瞬間に俺は意識を失い倒れてしまった。

誠「んぐ…?」

俺はベッドの上で目を覚ました。気づけば手元に本はなく、全てが夢だったかのような清々しい朝だった。

誠「夢…だったのか…?」

ベル「…なにがですか?」

誠「うおっ!?なんでここに!?」

ベル「遅かったから起こしに来たんですよ。」

誠「あ、ああ…そうなの…。」

俺は時計を見ながらベッドを降りた。時計は十時過ぎを指していた。それを確認したあと、俺はベルの元に歩き始めた。

ベル「それで…どんな夢見てたんですか?…あ、まさかエッチな夢でも…」

誠「そ、そんなんじゃな…」

否定しようとしたが俺はベッドに足をぶつけ、そのまま前に倒れてしまった。が、不思議と倒れた衝撃は少なかった。

誠「た、倒れちまった…恥ずかし…」

ベル「ま、誠…さん…!?」

誠「…え?」

俺は今自分のやっていることを瞬時に理解できなかった。そして段々と頭が働き始め、俺はベルを押し倒していることに気づいた。

誠「…っ!?」

俺の右手はベルの左手と指を交互させるように握り、左手はベルを抱き抱え右足はベルの股に食い込ませていた。

ベル「あ、あの…その…!」

誠「ご、ごめんっ!」

俺はすぐにベルから離れて体を震わせていた。本物だ…!あの本は本当にラッキースケベになれる本だったんだ…!凄い…これは凄いぞ…!

ベル「う、うう…。」

誠「本当にごめんっ!」

ベル「ニヤけながら言われても伝わらないですよ!!」

正直ニヤけるなと言うほうが無理な話ってもんだぜ。こりゃ今日一日、楽しくなりそうだなあ…グヘヘ…。

ベル「もう…早くリビング行きますよ!!」

誠「へへっ…了解っす~!」

俺は意気揚々とリビングに向かった。リビングにはすでに皆集まっていた。俺が寝坊したせいで皆お腹を空かせているようだ。

セナ「やっと起きた…。」

誠「おう、おはよう。」

アイラ「腹減ったー…。」

誠「悪い悪い、じゃあギルド行くか。」

アルス「ですね!」

俺達は軽く準備をしたあとギルドに向かった。ギルドにはいつも通り、グロウルとリディが話し合っていた。

リディ「あ、誠さん。いらっしゃい。」

グロウル「こんにちわ。」

誠「おう。」

俺達はリディとグロウルの座っていた席に座った。そして一通り食べ物を頼み終わったあと、俺達は話をしていた。

アイラ「ちょっと水とってくる。」

千夏「わかりました。」

誠「俺もとってこよ。」

剣聖「いってら。」

アイラを追ってに水をとりに行くと、アイラが困った表情で俺を呼んできた。どうやらボタンを押しても水が出てこないらしい。

アイラ「壊しちゃったかな…?」

誠「平気じゃない?」

アイラ「ちょっと代わりにやって…。」

誠「わかった。」

俺がアイラと代わろうとした瞬間、後ろを通った冒険者が俺の背中にぶつかった。そのせいで俺はバランスを崩し、前のめりに倒れてしまった。

アイラ「…へ…?」

誠「あ…。」

前のめりに倒れた俺は、壁に前腕をついて体を支えていた。そして俺の目の前には顔を火照らせたアイラ。俗に言う壁ドンというやつだ。

アイラ「…あ…えと…。」

誠「(ゴクリ)」

顔が近い。アイラの吐息が聞こえる、そして肌に触れる。や、やばい…そろそろ離れないと理性がぶっ飛びそうだ…!

誠「ご、ごめん…!」

アイラ「…え?あ、うん…。」

すげえ…めっちゃ興奮した…!あの本マジでやばいな…!俺今日だけで野獣になっちまいそうだ…!じゅるり…。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ