挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/84

だるさと癒し

誠「ただいま…。」

返事はなかった。もう夜も遅いし皆寝てしまったのだろう。まったく…あの暑苦しい男共め…絶対に許さん…。

誠「ふう…。」

俺は風呂に入ったあと自分の部屋のベッドに飛び込み、ゆっくりと目を閉じた。疲れていたからかすぐに眠ることができた。

誠「…ん…。」

俺は目を覚ました。起き上がろうかと思ったが疲れがまだ残っているようで、俺は起き上がるのをやめてもう一度眠りに付いた。

誠「…ん…?」

ベル「あ、やっと起きましたか。もう昼過ぎですよ。」

誠「ああ…うん…。」

俺はだるさを感じながらもリビングに向かった。そして椅子に座り皆の話を聞いていると、何回か眠気が襲い意識が飛びかけた。…こんなに疲れていたとは…。

セナ「大丈夫…?」

誠「…え?なにが…?」

アルス「なんだか疲れた顔してますよ?」

誠「ああ…まあ確かに…疲れてるかも。」

アイラ「ちゃんと寝たか?」

誠「…そりゃもうグッスリと…。」

二度寝までしたというのにこの気だるさ…一体なんなんだ?…というか回りにこんなに女がいるのに疲れを感じるなんて…。

誠「……。」

俺はふと皆の顔を見つめた。皆かわいい…かわいいんだけど癒しを感じない…。女神のような癒しがない…。

剣聖「…どうしたの急に?」

千夏「あんまり見つめられると恥ずかしいですよ…。」

誠「……。」

皆を見つめていると、不意に女神に会いたくなってしまった。俺は黙って癒しを求めるべく、リビングに置いてあった自分の剣を手に取った。そして剣先を自分の腹に向けた。

誠「…ふっ!」

ベル「ちょ、ちょっと!何やってるんですか!?」

誠「頼む…!死なせてくれ…!」

ベル「何言ってるんですか!」

千夏「そうですよ!急にどうしちゃったんですか!?」

誠「俺は癒しが…癒しが欲しいんだ…!」

アルス「お、落ちついてください!」

誠「死なせてくれえええ…!」

俺は頑張って死のうとしたが、皆に止められてしまい死ぬことができなかった。更に部屋に閉じ込められ、何もできなくなってしまった。

誠「ああ…誰か身近に癒しをくれる人…いないかな…。」

俺は思考を巡らせた。転移魔法があるから行こうと思えばどこへでも行ける。しかし…皆の前に現れたら、きっとまた部屋に連れ戻されるだろう…。多分リディも忙しいだろうし…。

誠「…待てよ?人じゃないけど頼れる奴がいるじゃないか!」

俺は早速自分に転移魔法を使った。着いた先は見覚えのある、若干ボロボロな城内。そう、魔王グロウルさん家だ。

グロウル「…何の用ですか。」

誠「実は最近疲れがとれなくてさ、だから俺を癒してくれな…」

グロウル「嫌ですよ…。」

誠「なんでっ!?」

グロウル「私は今仕事中なんですよ…。」

誠「そんなの後でいいじゃん!」

グロウル「凄い身勝手ですね…。はあ…。」

グロウルはため息をつきながら地面に座ると、膝の辺りをポンポンと叩いた。その手には耳掻き棒が握られていた。

誠「…耳掻きしてくれるのか!?」

グロウル「仕方ないですからね…。」

誠「ありがとう…!」

俺は喜んでグロウルの膝に頭を乗せた。柔らかく暖かい感触だけで俺は癒しを得た。そのあとグロウルの耳掻きが始まった。

誠「ああ…幸せだ…。」

グロウル「はあ…仕事が…。」

誠「…仕事ってどんな仕事なんだ?」

グロウル「新しい魔物の考案ですよ。」

誠「なるほどな…手伝おうか?」

グロウル「えっ、いいんですか?」

誠「任せなさい。」

俺は魔物のイメージを膨らませた。やっぱり魔物と言えばドラゴンとかだろうか。でもそんなのできるのか?

グロウル「どうですか?何か思い付きましたか?」

誠「んー…微妙だな…。」

グロウル「そうですか…あ、片耳終わりましたよ。」

誠「お、ありがとう。」

そう言いながら俺はグロウルの膝の上で体を回転させ、逆の耳を上に向けようとした。が、グロウルはそれを手で防いだ。

誠「なんで嫌がるんだよ…!」

グロウル「お腹の方向くのはダメです!」

誠「なんで!?」

グロウル「絶対変なことしますから!」

誠「しないよ!てかお前確か変態だろ?ならいいだろ!」

グロウル「ち、違います!今は…ほら、仕事モードなんです!」

誠「…なるほどな…なら俺がそっち系のモードにしてやるよ…。」

俺が手を揉むように動かしてグロウルに近づくと、俺はグロウルからげんこつを喰らった。

グロウル「帰ってください…!」

誠「ま、待って…逆の耳やってからにして…。」

グロウル「…やりますから、やったら帰ってくださいね!」

誠「ありがとうございます…。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ