挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/84

イイコトと新人

誠「…なんか面白いことないかな…。」

俺達はギルドで暇を持て余していた。ダンジョン攻略したあとはすることがなくなるから困るんだよな…。

グロウル「面白いことというと…例えばなんですか?」

誠「んー、そうだな…イイコトしたいなー。」

ベル「うわ…正直者ですね…。」

セナ「流石に引く…。」

剣聖「最っ低…。」

次々と俺に向けられる冷たい視線と罵声を掻い潜るように、俺は言い訳を考えて強めに言い放った。

誠「…仕方ないだろ、俺だって男の子なんだぞ。」

アイラ「だからって…。」

アルス「リディさん、イイコトって何ですか?」

リディ「…さあ?」

誠「イイコトっていうのは…」

そこまで言ったところで俺の言葉は、リディのげんこつによりうめき声に変わった。リディのげんこつ毎回毎回痛いんだよな…。

ベル「そもそも何で男の子ってイイコトしたくなるんですか…?」

誠「なんでって…しないと生きていけないから?」

剣聖「なら勝手にやってればいいじゃん…。」

誠「相手がいないから困ってるんだよ…。」

グロウル「ならサキュバス作ってあげましょうか?」

誠「いらないよ…他人の聖剣にイイコトとかしてもらいたくないっつーの…。」

アイラ「相手なんかいなくても自分で済ませればいいじゃん…。」

誠「自分で済ませるってどうやるのかな?教えてほしいな~?」

アイラ「…お前本当に最低だな…。」

…確かに今のは酷かった…。まずい…イイコトができなさすぎて理性を失いつつあるみたいだ…。結局俺はどこに行っても非リア充な存在みたいだな…。

誠「ああ…。」

ベル「急にテンション下がりましたね。」

誠「あ~あ…彼女欲しいな…。」

リディ「彼女なんかいても疲れるだけだと思いますよ?」

誠「彼氏いないやつに言われてもな…。」

リディ「はい?」

誠「な、なんでもないです…!」

俺は殺気を感じて立ち上がり後ろに退いた。このままバカにし続けたら、いつ殺されるかわかったもんじゃないぞ…。

誠「じゃ、じゃあ俺はそろそろ帰ろうかな…!」

俺は逃げ去るようにギルドのドアを開けて外に出た。するとドアを出た直後、ギルドに入ろうとしていた茶髪の女の子とぶつかってしまった。

誠「痛てて…ハッ!だ、大丈夫!?」

俺は女の子とぶつかって倒してしまったことを理解し、すぐに立ち上がって無意識に手を伸ばしていた。

女の子「す、すみません…。」

女の子は俺の手を握って立ち上がった。女の子と手を握る体験が無かった俺には、とても貴重かつ驚かざるを得ない状況だった。

誠「あ…えっと…。」

女の子「えへへ…ありがとうございます。…誠さん。」

誠「ど、どういたしまして…。」

胸がドキドキしている…!こんな感覚初めてだ…!この世界に来て女には出会っているが…こんな出会いは初めてだ…ん…?なんだ?何か変だ…。

女の子「…それでは。」

誠「あ、うん…また…ね。」

女の子は顔を赤らめて笑顔でギルドに入っていった。ギルドの外で俺は女の子を見ながら立ち尽くしていた。するとギルドから皆が出てきた。

ベル「誠さん?何やってるんですか?」

誠「……。」

アイラ「おーい…?」

誠「…ハッ!?ご、ごめん…ボーッとしてた…。」

アルス「どうしたんですか?」

誠「…えっ?い、いやなんでもないよ!ごめん…もう帰ろう。」

家に帰ったあとも俺はあの女の子の謎を抱えて、他のことに集中できなかった。でもその謎がなんなのかピンと来てはいなかった。

誠「……。」

剣聖「ちょっと誠…?本当にどうしたの?」

誠「いや…ごめん、なんでもない…。」

セナ「…?とりあえずお腹空いた…。」

誠「え…?」

俺は驚いたように窓の外を見た。するといつの間にか日は暮れて、月が昇っていた。考え事が過ぎたようだ。

誠「もう夜か…。」

アイラ「ギルド行こうぜー。」

誠「ああ、わかった…。」

俺はモヤモヤを抱えたままギルドに向かった。ギルドに入ると、大勢の人で賑わっていた。話の内容からすると、どうやら凄い新人が現れたようだった。

リディ「あ、誠さん!聞いてください!凄い新人が現れたんです!」

誠「凄い新人…?」

俺は人の波を掻き分けて中心に向かった。するとそこにはあの謎の女の子が立っていた。その女の子は俺を見つけると走りより、

女の子「また会いましたね、誠さん。」

誠「…っ!?」

これだ、この子から感じた違和感は。この子は知るはずもない俺の名前を知ってる…なぜだ?ギルドの外から聞こえたのか?いや、この大勢の声もギルドの扉を開ける前は聞こえなかったし…

女の子「あの…誠さん?」

誠「えっ!?な、なに…?」

女の子「私をパーティに入れてくれませんか?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ