挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺だけが神速の異世界で 作者:apple_pie
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/84

退屈とカジノ

事情があって短くなりました。すみません。
アイラ「……。」

剣聖「……。」

アイラと剣聖はゲッソリとした表情でソファーにもたれかかっている。俺のプレイが相当効いたんだろう。可哀想に。

ベル「あ、誠さん今日は何するんですか?」

誠「そういえば決めてなかったな…。」

アルス「ダンジョンは昨日行きましたしね…。」

セナ「ギルドで決めればいいと思う…。」

セナはお腹を抑えながらそう言った。どうやらお腹が空いてしまったらしい。俺も正直お腹が空いたし、セナの言うとおりギルドで考えるとするかな。

誠「じゃあギルドに行くか。お腹空いたもんな、セナ?」

セナ「うん…お腹空いた…。」

誠「よし、じゃあ行くか。」

ギルドに入るとリディとグロウルが、入り口の近くの席で語り合っていた。俺達はその席に座りリディに飯を注文した。

リディ「アイラさんと剣聖さんは何にしますか?」

アイラ「…なんでもいい…。」

剣聖「…私も…。」

リディ「わ、わかりました…。」

剣聖「うん…よろしく…。」

リディ「誠さん…何があったんですか…?」

誠「え…?なんで俺?もしかして疑ってる…?」

リディ「まあ…誠さんしかいないかと…。」

誠「…ご名答。」

リディ「やっぱりですか…。」

そんな会話をしたあと、リディは注文されたものを持ってきた。俺がそれを受け取り食べていると、横からグロウルが話しかけてきた。

グロウル「そういえば今日は何する予定なんですか?」

誠「ん?んー、特に決めてないんだよな…。」

グロウル「なら私のお店に来ませんか?」

ベル「お店…ですか?」

グロウル「はい!金儲けできると思って建ててみたんです!」

誠「ああ…そう…。」

リディ「それで、どんなお店なんですか?」

グロウル「簡単に言うと、カジノ…ですかね?」

誠「うわ…金の臭いがプンプンするな…。」

セナ「でも楽しそう…。」

リディ「確かに楽しそう、私も行こうかな。」

誠「…じゃあ行くか?」

アルス「行きましょう!」

俺達は今グロウルの案内で暗い路地に来ている。その通りを暫く歩くと大きな扉が見えてきた。そこを開けて中に入ると、眩しい光とゲーム音、人の声が溢れ出てきた。

誠「…うるさっ…。」

グロウル「まあカジノですし…。」

セナ「うるさいの苦手…。」

ベル「私もです…。」

誠「帰るか…。」

リディ「少しは遊んで行きましょうよ…。」

誠「えー…。」

俺は嫌々ながらもカジノに入った。すると入った途端、視界の端に嫌なものが映った。パンツ一丁でパチンコに向かう男だ。多分金を注ぎ込みすぎたんだろう。

誠「…帰るぞ。」

リディ「そ、そうしましょう…。」

アルス「誠さん…なんであの人パンツ…」

誠「知らん…ほら、帰るぞ…。」

全く…この魔王は金を儲けることしか考えられないのか…?俺はそんなことを思いながら皆を連れてギルドに戻った。

誠「あーあ…また暇になっちまったな…。」

グロウル「カジノで遊べばよかったじゃないですか…。」

誠「嫌だよ…。俺はパンツ一丁になんてなりたくないっつーの…。」

アイラ「全裸で寝るくせにか…?」

誠「うっ…反論できない…。」

リディ「女の子の前で全裸で寝たんですか…?」

誠「…あ、あ~あ!暇だなあ!!」

セナ「誤魔化した…。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ