挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

こんな夢を見た-夕暮れの高校

作者:青葉台旭
 私と、私の父親は、誰も居ない放課後の高校に居た。
 教室の中は、夕暮れの赤い太陽の光が差し込んでいて、真っ赤だった。
 私は一冊のノートを手に持っていた。
 ノートのページには、私自身の手で、とても公表できないような恥ずかしい文章がびっしりと書き込まれていた(しかし内容は、もう思い出せない)
 夕日で真っ赤に染まった教室の中で、私と父親は二人きりで何事かを話していた。(内容は、もう思い出せない)
 突然、扉が開いて、私の同級生の少年が一人、教室の中に入ってきた(少年の名前は、もう思い出せない)
 丸刈りで、身長は私より低くガッシリとした体格の少年だった。
 私は「放課後の高校に、まだ残っている生徒が居たのか」と、驚いた。
 丸刈りの少年は、私と私の父親の所まで来て、父親に「○○県は住みやすいか?」と聞いた。父親は若い頃○○県にしばらく住んでいたのだ(県名は、もう思い出せない)
 少年は、私の父親と話しながら、チラリ、チラリ、と私が手に持っているノートに視線を向けた。
(こいつ、俺の大事なノートを盗み読むつもりだな)
 私は、そう思った。用心しなければ、とも思った。
 しばらくして、同級生は教室から出て行った。
 私は同級生の居ない間に、大事なノートを埃の積もった背の高いロッカーの上に隠した。
 私が教室から廊下に出ると、夕日で真っ赤に染まった誰も居ない廊下の向こうの端に、先ほどの同級生がポツンと一人だけ立っていた。
 同級生は全裸だった。股間に黄色い粘土(ねんど)のような塊を、べたっ、と()り付けて、それでチンチンを隠していた。
 同級生の立っている廊下の向こうの端には、男子更衣室があった。
「おーい」
 男子更衣室の前で、同級生が私に向かって手招(てまね)きをした。
 私が近づいて行くと、全裸で股間に黄色い粘土(ねんど)のようなものを()り付けてチンチンを隠した同級生が、手に同じような黄色い粘土(ねんど)の塊を持って言った。
「今日から、この高校の制服が変わった。これが体育の授業で使う競泳用の水着だ」
 そう言って、手に持った黄色い粘土(ねんど)のようなものを私に突き出した。
「お前も、早くこの水着に着替えろ」
 ああ、そうだ、次の授業は体育で、しかも水泳だったのだ、と放課後の廊下で私は思った。急いで競泳用の水着に着替えてプールに行かなければいけない。
「これは、何だ?」と、私が(たず)ねると、友人は「カレー粉と小麦粉を混ぜて()ねたものだ」と答えた。
 私は大急ぎで男子更衣室に入り、全裸になって、カレー粉と小麦粉を混ぜて()ねた粘土(ねんど)のような塊を自分のチンチンに()り付けて、チンチンを隠した。
 ふと、同級生が居ないことに気づいた。
 あわてて、全裸で股間にカレー粉を()り付けただけの姿で廊下に出てみると、やはり全裸で股間にカレー粉を()り付けただけの同級生が、廊下の向こう側の教室に入って行くところだった。
「しまった、奴め、俺の大事なノートを探し出して盗み読むつもりだな」
 私は、全裸で股間にカレー粉を()り付けただけの姿で、大急ぎで先ほどの教室に戻った。
 教室の扉を開けると、同級生は私のノートを探し出して、ちょうど開いて読もうとしている所だった。
 私は同級生の所に走り寄り、ノートを()手繰(たく)った。
 危うく、大事なノートを読まれずに済んだ。
 友人は残念そうな顔をしたが、何も言わなかった。
 なぜか手を洗いたくなったので、私は全裸で股間にカレー粉を()り付けただけの姿で廊下に出て、手洗い場で手を洗った。
 すると先ほどの友人が、全裸で股間にカレー粉を()り付けただけの姿で私のところに来て言った。
「次の授業は化学実験だぞ。はやく化学実験室に行こう」
「化学実験室で何をやるんだ?」と私が(たず)ねると、友人は「カレー粉をウラニウムに変える実験だ」と答えた。
 答えながら友人は、私が手を洗うために(わき)の下に(はさ)んでいたノートを、鋭い目で見た。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ