挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おちこぼれエルフは、名探偵をさがしてる〜方舟キーテジ号殺人事件 作者:稲葉孝太郎

エピローグ

18/18

エピローグ

「で、次の日にまた来ると……どういうことなの?」
 電車の中で吊り革に揺られながら、霧矢はトトに尋ねた。
「えー、実はですね、今回の事件を解決したら、上の方が大喜びで、特別休暇をもらえることになったんですよ。交信が途絶えた時点で、全員死亡扱いされてたみたいで、みんなびっくりしてました」
 物騒な会話に、乗客たちの視線が集中した。
 これはまずいと思い、霧矢は話題を変える。
「それにしても、その服どこで買ったの?」
 トトは、いつもの暑苦しい制服姿ではなかった。涼し気な白と水色に彩られたギンガムチェックのワンピースを着て、ゼブラ模様のつば広帽子を被っている。
 確かに、休暇を制服で過ごすというのはありえない選択だとしても、いったいどこで手に入れたのか、霧矢はなぜか気になった。ファッション感覚は、こちらの世界でもあちらの世界でもそれほど変わらないということなのだろうか。
「これですか? これは、自分で作りました」
「作った? 自分で?」
 霧矢は、念入りにトトの服装を観察し直した。ファッションセンスに自信があるわけではなかったが、霧矢の目には、どう見ても市販品と同じクオリティに映ってしまう。
「……凄いね。服飾の才能があるんじゃない?」
「え、そうですか? まあ、セシャトさんよりはありますけどね!」
「セシャトさんが、どうかしたの?」
「ええ、セシャトさんは、自分でボタンもつけられないんですよ。ですから、アカデミーでセシャトさんの制服の世話をしていたのは、この私なんです。ルームメイトでしたからね」
「へー」
 完璧超人に見えたセシャトの意外な一面に、霧矢は何だか愉快な気分になった。
《次は秋葉原、秋葉原です》
 車内アナウンスが流れ、トトが顔をパッと輝かせる。
「ささ、降りましょう」
「ちょっと、まだ着いてないんだけど!」

 ◆

「へーくし!」
 スプーンを握り締めたまま、大きなくしゃみをする少女。
 ぐすりと鼻を鳴らし、シチューが飛び散っていないかを確認する。
「セシャト、風邪でも引いたのかい?」
 台所から、中年女性の声がした。
「何でもないわよ、母さん」
 セシャトはスプーンを持ち直し、母親手作りのシチューを頬張る。家庭の温もりが、口の中一杯に広がった。
 そこで、ふとセシャトは疑問に思う。なぜくしゃみが出たのだろうか? 過度の緊張感から開放されると、いきなり風邪を引いてしまうのはよくあることだが、別に体調不良を起こしている気配はない。
 しばらく考えた後で、セシャトは、ある結論に達した。
「……さては、誰かが私のこと噂してるのね」
 おそらく、本庁の上官たちが、「やっぱりセシャト君は優秀だ。将来の課長は彼女で間違いなしだね」とでも言っているのだろう。そんな妄想に耽るセシャトの顔は、だらしなく緩み切ってた。
「あんた、なにニヤニヤしてるの? 気持ち悪い……」
 母親に気味悪がられながら、食事中ずっと顔を綻ばせ続けるセシャトだった。

 ◆

「九鬼先輩」
「ん?」
 気合いの入った掛け声が響く剣道場で、ちはるは祝日の自主練に参加していた。
 今は面を外し、隅っこで休憩している最中だ。
「今日は何か顔色が冴えませんけど、どうかしたんですか?」
 後輩の少女に指摘され、ちはるは額に手をやる。
「ん、ちょっとねえ……デートの邪魔されちゃって……」
「デート……? ああ、霧矢先輩とのですか?」
「それ以外、誰だって言うのよ?」
 睨みを利かせたちはるに、少女は震え上がって首を左右に振る。
「喧嘩は止めてくださいよ、大会前なんですし。先輩がいないと、うちは戦力ガタ落ちなんですから」
 ハハッと、ちはるは自嘲気味に笑った。
「私抜きでも勝てるようになればいいのよ。それにしても……」
 ちはるは言葉を区切る。
「それにしても?」
「あの一条橋公子って女……イザムとでれでれしちゃって……。今度会ったら、正々堂々勝負をつけてやるわ!」
 意味が分からなかったのか、後輩はぽかんと口を開け、しばらくちはるの顔を見ていた。
「一条橋って……あのお嬢様の……」
「そうよ。他に誰がいるの?」
 無愛想に返事をするちはる。後輩は、そこでうっかりと本音を漏らしてしまう。
「それだと勝ち目がないんじゃ……」
 少女は慌てて口元を押さえた。
 だが、全ては後の祭りである。恐る恐るちはるの顔を見上げ、目が点になった。
「……今から稽古つけてあげるわ。さあ来なさい!」
「嘘ですッ! 嘘ッ! 誰か助けてッ! 死にたくないーッ!」

 ◆

 幾何学的に敷き詰められた事務机のあちこちから、ペン先を走らせる音が聞こえる。
 誰もが書類と睨めっこしている中で、ふいに子供っぽい声がした。
「あのー、ホウセン課長」
 声の主はサダコだった。書類の山で埋め尽くされた彼女の姿は、ホウセンの位置からでは確認できない。だから、サダコは、小学生のように右手を高々と挙げ、自己の存在をアピールする。
「何かしら、サダコさん」
 ホウセンは、顔も上げずに返事をした。
「どうして私だけ、休暇が取れないんでしょうか?」
「所員が1名死亡。別件でも負傷者続出。エイリアンの手も借りたいくらいよね」
 空気を読めというオーラが、ホウセンの方から漂って来る。
「ちょっと労働基準局に行って来てもいいですか?」
 授業中トイレに行くときのような調子で、サダコが尋ねた。
「明日出庁したとき、席がなくてもいいならどうぞ」
 会話は、そこで終わった。部屋の中は、再びインクを走らせる音に支配される。
 サダコはポリポリと頭を掻き、再び書類の海に沈んで行った。

 ◆

「だーかーらー、お見合いはしないって、何度言ったら分かるの?」
 陽の光が差し込むマンションの一室に、遠坂の声が木霊した。
 遠坂はイライラと座椅子を回転させながら、赤いボールペンを放り投げる。
《だって、あんたもいい歳なんだし、私も孫の顔をそろそろ……》
 電話越しに、我が侭な娘を宥める母親の声が聞こえてきた。
「結婚相手は自分で探すって言ってるでしょ」
《そう言ってもう何年になるのやらねえ……彼氏くらいはいるのかい?》
 チッと舌打ちして、遠坂は机に向き直る。
「母さん、今はテストの採点で忙しいの。後にしてくれない?」
《後って、今夜でもいいのかい?》
「お見合いの話じゃなきゃね」
 ハァという溜め息が、受話器越しに聞こえた。
《いったい何でこんなに男嫌いなのかね……それに、学校の教師だなんて……あんたの大学なら、もっといい仕事いっぱいあっただろうに……まさか、年下の男が好きだとか……》
 母親の詮索に、遠坂は顔を赤らめた。
「そんなわけないでしょ!」

 ◆

 午後の爽やかな風に包まれて、公子は読書を嗜んでいた。
 白いパラソルに覆われた純白のテーブルと椅子、それに食器類。その空間だけが、芝生の海に浮かんだ地中海の島々のように、眩く輝いている。
 しなやかな指で次のページを捲ろうとしたとき、公子は人の気配に気が付いた。振り返ると、燕尾服に身を包んだ初老の紳士が、礼節のある距離を保ったまま控えている。
 老人は、左手に包み紙を携えていた。
「お嬢様、ご依頼の品が届きました」
「早かったわね。開けてくださらない?」
 執事は恭しく頭を下げると、包装紙を切れ目なく丁寧に開いた。
 中から、深紅の革表紙に包まれたアルバムが姿を現す。
「どうぞ、ご確認を」
 本をテーブルの上に置き、アルバムを受け取った公子は、最初のページを捲った。
 少女の顔に、うっとりとした至福の表情が浮かび上がる。
「お嬢様、ひとつお伺いしたいのですが……」
「遠慮せずになさい」
「はい、では失礼致します。そのページの写真なのですが……」
 執事は、控えめに体を屈め、目当ての写真を指差した。
「このご婦人を殺めたのは、野犬かなにかですかな?」
 執事の質問に、公子は自慢げな笑みを浮かべる。
「虎などではありません……もっと珍しい生き物です……」
「珍しい……? アムール虎などで?」
「いええ」
 公子は、淑女の笑みを崩し、執事に向き合う。
「エイリアンですわ」

 ◆

「ナイスショット!」
 青空に消えていく小さなボールを目で追いながら、小柄な金髪碧眼の青年が叫んだ。
「いやー、タクロウさん、うまいじゃないですか」
「それほどでも……。ロキ先輩には適いませんよ」
 ロキと呼ばれた青年は、顔色も変えずに、自分のバッグを背負って歩き始めた。
 拓郎もそれに続き、刈り込まれた芝生の上に体重を乗せて行く。
「うちの課長から聞きましたよ。ずいぶんと大きな山を解決したそうじゃないですか。何か新しい捜査方法でも導入したんですか?」
 ロキは、何かを探るような調子で尋ねた。
「……運が良かった……それに尽きますね」
「またまたご謙遜を」
 ロキの愛想笑いに、拓郎は内心でノーを突きつけていた。もしあの事件を自分一人で担当していたら、間違いなく死んでいただろう。拓郎は、そう信じているからだ。
「そうそう、今度はアキさんにも声をかけましょう。彼女も結構うまいんですよ」
「アキさん? 同僚の方ですか?」
「いえいえ、あの眼鏡を掛けた日本人ですよ」
 拓郎は、水の都で一度だけ会った女の顔を思い出す。
「それは楽しみですね」
 拓郎は、何気なく空を見上げた。
 どこまでも澄み切った青空に太陽が燦々と輝く、昼下がりのことだった。
ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました^^
感想などいただけると大変嬉しいです。
本作を含め、超常ミステリーシリーズとして、これからも少し不思議な推理モノを書いていきたいと思っていますので、また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

新谷壮介シリーズ S−Proof 鬼の仮面

大学の写真サークルに所属する壮介と瑞希は、大学祭に出展するための写真を撮影するため水崎湖へとやってきた。そこで二人は凄惨な殺人事件に巻き込まれてしまう。「鬼の一//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/01/19 23:06
徳永警部! -チェスの王様-

大学教授である瀬戸は、同じ大学の准教授である宮崎を毒殺し、隠蔽を図るが・・・

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全25部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/09/10 12:29
殺人予告者

私は神村律子。八王子市にある大学の学生。私の親友中津法子が、奇妙な手紙を受け取った。単なる悪戯と思われたその手紙が、本当の殺人事件の発端になってしまう。法子の推//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/10/26 22:07
悪魔の子供たち

海で嵐に見舞われ、ボートから転落し遭難した主人公が目覚めると、孤島に流れ着いていた。助けを求めるべく、人を探し求めてあたりをさまよっていると洋館を発見する。助か//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/04 15:07
超越探偵 山之内徹

犯人の額に「犯人」という文字が見える少年探偵の物語。 番外編終了、ファーストシーズン。完結しました。 アルファポリスさんの「第七回ミステリー小説大賞」にて「読//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全68部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/27 04:36
モルグ・カイギ

貴方はすでに死んでいる――。 巷を賑わせる連続殺人事件。 主人公の原田瑞穂は、その5人目の被害者だった。 死者となった彼女が連れてこられたのは、とある密閉空間//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全32部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/29 22:02
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ

【1話完結。連作短編。どこから読んでもOKです!】中学二年生の僕は、厨二病まっさかりのお年頃。ネットを巡回しては、怪しげな知識を集めて喜んでいる。そんな僕が所属//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全262部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 20:08
キノコ煮込みに秘密のスパイスを

流川弥生は情報機関公安調査庁に勤務するスパイ。 その敵は某国とその在日組織、隠語で「マルセ」と呼ばれている。 弥生の前途有望な職員だったが、上司と対立して横浜へ//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全72部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/06/30 23:23
探偵の拳

女子高生・『蓬生 鳴』は同級生の幼馴染・『七里 修太郎』と共に、仲間内で計画した夏休みの旅行に来ていた。 山中の施設を格安で借り、恋に遊びに、有意義に過ごそうと//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全25部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/06/14 23:35
ファンタジーにおける名探偵の必要性

ミステリマニアである冴えない探偵は死んだ。しかし、その記憶を持ったまま、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョン、王道のファンタジーの世界に平民ヴァンとして転生す//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全177部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/27 00:11
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/11 00:00
マクデブルクの半球

ある夜、電話がかかってきた。ただそれだけの、はずだった。 高校時代、自分と折り合いの付かなかった優等生からの唐突な電話。それが全てのはじまりだった。 電話をかけ//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全63部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/19 11:45
マネーロンダリング~二億円の行方

※TOブックスから「マネロン 二億円の行方」というタイトルで、なろう版に加筆修正した文庫版が出版されています。  フリーターとして毎日を退屈に過ごしていた和樹//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全45部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/03/29 18:49
奇人島殺人事件

静岡県沖にある無人島――。 地図にも載っていないこの島を、地元の人々は奇人島と呼ぶ。 そこに集められた十人の男女。 そして、血なまぐさい事件が幕を開ける。

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/16 00:23
宝石泥棒の行方を追え!

 ※あらすじの前に、作者より挑戦者の皆様へ。  問題編01の暗号文は、登場人物のシオンとレオンが同05にかけて解き方をリードしてくれます。そこまで読めば、ピン//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全17部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/03 19:43
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全145部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/03 01:00
真夏の首

 真夏のある日、新潟県阿賀町国道の隅で人間の生首が発見された。連日の猛暑の中放置されていたためか首は腐乱しきっており、さらに野犬に食いちぎられたと思われる傷跡も//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全8部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/23 21:00
↑ページトップへ