挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
9/82

9・夢を追おうと、追うまいと


 八年間勤めた会社を辞めた。
 悪い職場ではなかった。この不景気な時代だ。残っていた方が安定した生活のためには良かっただろう。けれど、やりたい仕事ではなかった。このままで良いのだろうか?と違和感が強まって、ついに限界が来たのだった。
 さっぱりした。
 しかし、その先にある、将来の希望は闇の中だ。
 辞めたことを親に伝えると、「暇なら、おじいちゃんの様子を見に行って欲しい」と頼まれた。
 息子が無職になった心配より、面倒事を私に押しつけられて好都合と言った態度だった。
 祖父は頑固だ。
 老人ホームや、息子の家に居候するのは性に合わず、一軒家で一人暮らしをしている。
 ぼうぼうに生い茂った雑草。庭からは、楽器の音色が聞こえてきた。
 祖父だった。椅子に腰掛け、懸命にチェロを弾いている。
 初めて見る姿だ。
 私が近寄ると、祖父は野良猫を追い払うように睨み付けてきた。孫だと分かると、厳しい顔が一転して、優しいものに変わった。
「重くない?」
「持てないほどではない」
「それ、どうしたの?」
「友人が、年で使えなくなったと言ってきてね。それを格安で私が買ったんだ」
「その人は幾つ?」
「70を超したばかりだったかな?」
「おじいちゃんより若いじゃないの」
 祖父は80歳を超えている。身体はやせ細っても、頭はしっかりとしている。
「ああ、まだ若造だ。勿体ないことをしたな」と祖父は笑った。「チェロは、若い頃に弾いていた。戦争でやめざる得なくなった。それっきりだ。このチェロを見てな、かつての私を思い出し、バッハの無伴奏チェロ組曲を弾きたくなったんだ。それで習ってみることにした。そのうち、全曲弾けるようになって、コンサートを開いてみせよう」
「その年で?」
 祖父は、チェロの弦に触れていた弓を離した。
「おまえの言う通り、今更かもしれない。だが、遅すぎようとも、時間を巻き戻すことはできない。来年は82歳、再来年は83歳、9年生きれば90歳だ。夢を追おうと、追うまいとな」
 再びチェロを鳴らしていく。楽譜を見ながら、真剣に。音は弱い。ミスだらけ。音楽と言える音色ではなかった。
 けれど、しんみりとさせられる、何かがある。
「それで、おまえは何しに来たんだ?」
「会社を辞めてきた」
「これから、どうする?」
「翻訳家になるよ」
 憧れていた夢だ。それなのに、検討違いの方向に進んでしまった。
 やり直すのに、遅すぎることはない。
「そうか」祖父が言った。「やりたいようにするといい」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ