挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

82/82

82・密室殺人


「なるほど、これは密室になるな。これほど完璧な状態の密室殺人を見たのは初めてかもしれない」
 探偵が部屋の周囲を見回して、感心したように独り言を呟いた。
「一体犯人はどうやって、この密室を脱出することができるのか。どうやれば、巧妙にアリバイを作りあげて、素知らぬ顔で家の者たちの前に現れていけるのか……」
 頭脳をフル活用させながら、殺人が起きた部屋を見て回っていた。
 床には、鈍器で殴られた男が倒れていた。頭から血が流れていて、俯せになり、横を向いた顔は驚愕の表情を上げたまま、永遠に目覚めることのない眠りについていた。
 被害者は探偵を招いた男だった。
 大富豪の男で「命を狙われているから助けて欲しい」と依頼してきた。そして、探偵が豪邸を訪れて3時間もしないうちに、被害者は寝室で殺されたのだった。
「凶器は、分かっている。拳銃だ」
 殺された男の傍に、拳銃が置かれてあった。撃ったのではない、それを鈍器にして頭を殴ったのだった。
「なんで撃たなかったのか。答えは簡単だ。弾が入ってなかった。では、なんで弾が入ってなかったのか。殺人が目当てなら、周到に準備してあるはずだ、弾が入ってなければおかしい」
 探偵は間を取って、続きを言った。
「つまりは、殺人に使われた拳銃は犯人のものではない。被害者が護身用に置いていた道具だった。犯人が侵入してきたとき、拳銃は被害者の手元にあった。だが、弾が入ってなかったので、撃つことが出来なかった」
 探偵は、被害者を見下ろした。周辺は、死体の他には何かしらの変わった様子は見られない。
「犯人は拳銃を取り上げた。被害者は飛びかかった。格闘の始まりだった。時間は数十秒といった所だろう。激しい物音はしなかったし、物だって飛び散ったりしていない。証拠らしき物は大して残らなかった。格闘に手慣れた犯人は、即座に拳銃で殴った。相手は一撃で死んだ。殺人を犯した犯人は、それからどう動いていけば完璧なのか」
 探偵は窓に近づいた。鍵が掛かってある。格子窓になっており、窓が開かれていても、出入りが不可能な状態になっていた。
「格子が外れるという細工もしていない。虫ぐらいしか出入りすることはできないな。やはり唯一の逃げ道は、あそこだけか」
 被害者、そして探偵が入ってきた、寝室のドアの前に来た。鍵が掛けられてあり、ドアを捻っても全く動かない。
「さて。犯人の私は、どうやってここを密室状態のままで脱出すればいいのやら」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全523部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 23:20
山内くんの呪禁の夏。

『きみ、なんで火がお口から出てるの?』『……へーぇ。オレの火がみえるんだ』幼い日、墓石の陰から現れた妖しい子に、山内くんは命を救われた。小学校六年生になった山内//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全32部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/24 17:14
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全842部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 10:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全544部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全809部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
↑ページトップへ