挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/82

78・プレッシャー


 一人になりたかった。
 トイレの個室に逃げ込んだ。異臭はあったが気にならなかった。ズボンを下ろさず、蓋が閉まった状態の洋式便器にそのまま座った。
 時折、用を足しにきた男たちの足音と、放尿の音が聞えてくる。
 自分の腕を見る。鍛えられた肉体。
 人を破壊する拳。
 すでに何人ものボクサーをノックアウトしてきた。その俺の最大の武器が、微かに震えているのが分かった。
 いくらトレーニングをし、完璧な肉体に改造しようとも、精神は初心者のように弱いままだ。
 全身を汚染させる不安を吐き出すように、大きく息を吐いた。
 ゆっくりと目を瞑る。
 リング上を思い浮かべる。
 古く黒ずんだ血の染み、先に上がった選手たちの汗、まばらにいる観客たち、俺に指示するレフェリー。
 そして、キリンのように長細い顔をしたスキンヘッドの男。
 本日の敵はサウスポーだ。
 デビュー以来六試合連続で勝ち進んで、ついに俺に回ってきた。
 連戦連勝中の奴は調子に乗っている。KOする気で挑んでくるだろう。
 ゴングが鳴った。
 俺は奴に向かって突進する。ジャブを撲つ。ガード。お返しに左フックが来る。避ける。ストレート。相手はよろける。もう一発だ。
 ダウン。
 イメージトレーニング。
 空想の中で試合を何度も繰り返し、最後は敵のダウンで終わらせる。
 こうやって少しずつ自信を植え付けていく。暫くすれば、腕の震えも止まってくれた。
 時刻が迫ってきた。
 そろそろ呼びくる頃合だ。控え室に戻ろうと、トイレの個室を出た。
「長かったな。心配した」
 男子トイレを出ると、壁に寄りかかった美女がいた。
 俺を一瞥すると近寄ってくる。長くすらりとした黒髪がなびいていた。
 男臭い試合会場には場違いな綺麗な女だ。
「待っていたのか」
「もっと遅ければ、中に入る所だった。まだ不安か?」
「ああ、酷いプレッシャーだ。どうにかしたいものだが、どうやっても襲いかかってくるんだ。こればかりはどうしようもないことだ」
 試合前になると必ず、重圧に押しつぶされそうになる。試合の数を重ねようとも、プレッシャーだけは逃れることはできないでいる。
 それを背負いながら戦っていくしかない。
「勝て」
「わからん。ベストをつくすだけだ」
「勝つ。私の前で、そう誓え」
 負けることなんて考えるな、そう彼女は顔で語っていた。
 確かにその通りだ。
 負けは許されない。
「分かった。勝ってやるよ」
「よし、それでいい。これで勝ちは決まったようなものだ」
 彼女は笑って、俺の背中を押した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ