挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
75/82

75・恋の腹いせに恋


 初めての恋は失恋で終わった。
 4つ年上の彼だった。
 そいつは女たらしで、他にも何人も付き合っている女がいた。あたしが大人の男にちょっと憧れたのを、上手く理由して、騙したのだった。
 彼は一流の大学に入学して、上京するのを機に、つきあっていた全ての女を捨てた。
 その時になってあたしは、彼と繋がっていたのは、恋愛という糸ではなく、ゴム越しの快楽だと知った。
 何も知らなかったあたしだった。いま思えば、なんであんなヤツに騙されてしまったのかと、バカみたいになってくる。ドラマのような恋に憧れたあたしの自業自得の顛末だった。
 でも、あの男になにもかも教わったあたしは、無垢だった普通の女の子ではなくなっていた。
 後戻りはもうできない。
 だから、あたしは恋と遊ぶことにした。
 男をとっかえひっかえ代えるようになった。交際は長くもって3ヶ月ほど。同じ男とそれ以上続けたって退屈になるので、平気で捨てて他の男に移っていった。
 色んな男に恋をして、たくさんの男と付き合っていた方が、それだけの数の恋を経験できるので楽しかった。
 でも、付き合っている人が増えていくと、男という生き物を理解できるようになって、その本性に幻滅していった。
 どの男も、男であるのに変わりない。
 個性はなくて似たり寄ったりで、情熱なんて沸騰したヤカンの湯のようなもの。冷める速さはあっという間だ。
 そんな時、初めての男に会った。
 居酒屋で酒を飲んでいたら、そいつを見つけたのだった。
 彼の顔すら忘れていたはずなのに、体が覚えていたようで、見た途端にドキンと心が切ない傷をあげた。
 10年振りだった。
 髭を生やして、安そうな背広をだらしなく来ていた。疲れた顔つきで、お酒を飲みながらヤキトリを食べている。精気を吸い取られたような、みすぼらしい姿だった。私が知っていた自信家の彼とは、全く雰囲気が違っている。
 あいつのことだ。
 東京に行ってからも、色々な女性を取っ替えて、どこかの高給な大企業に務めて、のうのうと暮らしているものだと信じていた。
 それなのに実際は、夢破れた顔をして帰省していたなんて……。
「どうした?」
 急にあたしが笑ったので、彼が不思議そうな顔をした。付き合って3ヶ月の男。平凡だが、悪くない男だった。
「乾杯しましょう」
 ビールをついだコップを取った。
「乾杯? なんの?」
「あたしたちの出会いによ」
 別れ話は取り止めにした。あたしは、恋の遊びはこれでおしまいにしようと決意した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ