挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/82

65・はじめての傷


 出かける前は小雨だった雨は、お昼頃になると本格的に降り出していた。
 傘を差しながら商店街を歩いていた私は、向かいから仲良さげに腕を組んだ男女を見つけて、立ち止まってしまった。
 男の人は北条真人先輩だった。
 同じ傘に入った女の子は、丸顔のかわいらしい人だ。誰なのかは分からない。二人は、顔と顔を近づけてキスできそう距離でクスクスと親しくしていて、どんな関係なのかは考えなくても理解できた。
 幸せなカップルは、びっくりと目を開いている私に気付かず通り過ぎていった。
 先輩と私との距離はどんどん離れていった。近づきたかった。だけど私は北上先輩の後ろを追いかけることはできない。振り向くのが恐くて、私は北条先輩の背中を見送れなかった。
「ちょっと。可奈、落ちてる」
「え?」
 お姉ちゃんが傘を持っていた。私のだった。気が付いてみれば私は雨に打たれていた。傘を受け取るけど、また手を放しそうになった。
「どうしたの?」
 急に放心して上の空になった妹の顔を、心配そうに覗き込む。
「何かあった?」
「あー、うん。別に……」
「何もなかったって顔じゃないじゃない。あたしに隠し事するわけ?」
「そうじゃないけど」
 傘が落ちそうになり、お姉ちゃんは傘を持つ私の手を強く握った。
「言いなさい。つーか、言え。さっきまで元気だった可奈が、急にしょぼくれるんだもの。心配するわよ、もう」
「うん。さっき……」
「さっき? 立ち寄ったブディックのこと?」
「ううん、この道。北条先輩が通ったの」
「北条先輩。だれそれ?」
「んと。私の学校の先輩の人。バスケやってて。かっこいいの」
「ふーん。そんなの、いたんだ」
 私にそんな男の人がいたのに、意外そうな顔をする。
「先輩。女の子と歩いてた」
 相合い傘の女性を思い出して、涙が出そうになった。
「そっかそっか。失恋しちゃったか」
 私の頭を撫でてくれた。お姉ちゃんの手を感じる内に、目から涙が膨れあがっていって、それが零れてきた。
「失恋なのかな。ちょっといいなって、思っただけなんだけど」
「泣くほどショックなんでしょ。それは、フラれたってことよ」
 お姉ちゃんは優しく微笑む。
「可奈も女の子なのね。安心したわ。あんた、そういうのに疎いって思ってたから」
「ひどーい」
「ごめん、ごめん。んじゃ、お昼食べましょ。あたしのオゴリね。ぱぁーっと食べちゃえば、吹っ切れるわよ」
「うん」
 私は頷いた。
 失恋したけど、お姉ちゃんとの距離は近くなった気がした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ