挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/82

6・転機


 ムシャクシャしていた。
 職場で俺の悪口が耳に入った。
 廊下の外れにある休憩所に通りかかった時に偶然、聞いたのだった。相手は信頼している部下だ。話し相手は俺を見て驚いていたが、お喋りに夢中のそいつは背中を向けていて気付いていない。
 険悪な関係になるのを避けるため、俺はそしらぬ振りをした。
 仕事場に戻っても、集中力が失われて、何も身につかない。苛々する。何時間もの細かなミスチェックをする作業に、モニターをぶん殴って破壊したくなる衝動に襲われた。
 残業となるのは確実だったが、続けたところで、苛立ちは積もる一方だ。残りは明日にして早めに切り上げることにした。
 居酒屋に寄って、酒をがぶがぶ飲んだ。
 アルコールに溺れなくては、やってられなかった。
 親しくしていた相手だ。そいつすら陰では俺のことを蔑んでいた。ショックだった。笑顔と人を褒めるのが苦手な俺だ。良い評判がないのは自覚している。
 それでも、陰口をこの耳で聞いてしまったショックは想像以上だ。
 嫌になった。
 俺は一体、何のために仕事してきたのだろう。上司の言うことを聞き、部下の面倒を見て、決められた作業を黙々とこなす。
 つまらん毎日だ。
 やりたくて選んだ仕事じゃなかった。運良く内定が決まり、ずるずると続いていた。脱サラしたくても、安定した収入を得られる保証はどこにもない。俺に成功できる才能など持ち合わせていない。
 凡人だ。
 出来ることと言えば、酒を飲んで、つまらない毎日に、一人で愚痴をこぼすぐらいだ。
 アルコールに溺れて、ふらふらになりながら駅に向かった。
 俺は王だ。上司だ。偉いんだ。さっきまで何を気にした? つまらないことだ。もっと良い相手はいっぱいいる。
 気分は高潮して、天下を取った夢心地になっている。
 そこに女が歩いてきた。
 美女というほどでもない。近くに来ると、垂れた目じりが目立っている。
 非常に好みで、どこかで見た顔だと、まじまじと見た。
 そいつが目の前に来ると、俺のことに気付いて足を止めた。
 その時、不意にこう言ってしまった。
「結婚してくれ」
 女はびっくりした。10秒ほどして、こう答えた。
「はい」
 顔を見合わせた。
 彼女はびっくりしたままだった。瞬きを何度もしている。その双眸は、同じくびっくりした俺の顔が映っていることだろう。
 酔いは一気に冷めていた。
 俺たちは結婚した。
 奇妙なものだ。まさか俺の悪口を言った部下と結婚することになろうとは。
 世の中、何が起こるか分からない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ