挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/82

3・メールフレンド


 携帯電話をポケットに入れたまま、洗濯機に流してしまった。
 慌てて濡れたズボンから取り出すと、画面は真っ黒だ。どのボタンを押してもうんともすんともしない。
 人生に嫌気がさして家に籠もるようになって3ヶ月。スマートフォンではなく、電話とメールぐらいしか使い道のないガラケーは、充電するのも勿体ないほど不要なアイテムになっている。
 たまに、僕のことを心配した友人がメールをくれるけど、返信はしなかった。電話が鳴っても、出ることはない。
 誰かと相手をするのが恐かった。無関心でいてほしい。それでも鳴り続ける電話に耐えきれず、電源を切ってしまう。
 携帯電話が壊れたことに、心底ほっとする。そのまま解約して、捨てようかと思った。
 けれど、大場さんが頭に浮かんでくる。
 僕が唯一返事をしているメールフレンド。
 70歳を過ぎたお婆さんだ。
 僕がコンビニでバイトをしていたとき、万引きをした人だ。
 捕まえたとき、
「一人暮らしの寂しさで魔が差してしまった。もう二度としないから、お願いだから、娘に知らせないでほしい」
 と子供のように泣きじゃくった。
 かわいそうとは思わなかった。けれど、家族や警察に連絡する気にもなれない。
 それに店は僕の他に、新人の子がひとりだけだ。長い間、大場さんに構うわけにもいかない。
 「二度と万引きをしない」
 と約束して、大場さんを許すことにした。
 大場さんは、監視用に携帯電話を娘に持たされていたけど、全く使っていなかった。
 ふとした気まぐれで、寂しくなったらメールしていいと、自分のメールアドレスを教えてあげたら、大場さんは感激をして、何度もお礼を言われた。
 それから、半世紀も歳の離れた人と、メールのやりとりが始まったのだった。
 メールは、
「赤飯を炊きました。とても美味しかったです」「本を読みました。松本清張です。面白かった。あなたも読むといいですよ」
 など、当たり障りのない内容だ。そんな取るに足らぬことすら、話せる相手がいなかったのだろう。
 大場さんの何気ないメールから、孤独に暮らすお年寄りの寂しさが滲み出ていた。
 僕へのメールは、寂しさを慰める手段になっている。だから、ひきこもるようになっても、大場さんのメールだけは返信するようにしていた。
 連絡を取れなくなるのは、大場さんにとって大きな打撃になるだろう。寂しくなって、また万引きをするんじゃないだろうか。
 捨てられなかった。
 僕は携帯を買い換えるべく、3ヶ月ぶりに家を出た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ