挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
1000文字小説 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/82

29・通報したのは


「ぴんぽーん」とチャイムが鳴った。
 テレビを付けたまま眠っていた彼女は、その音で目を覚ました。
 居留守を使おうかと思ったが、チャイムは、ぴんぽーん、ぴんぽーん、ぴんぽーん、と立て続けに鳴っている。
 うるさいなあと不機嫌になりながら、再放送のドラマを映していたテレビを消して、どっこいしょ、と声をだして起き上がり、インターホンの前にやってくる。
「はい?」
「警察の者です。ちょっといいですか?」
 その証拠であると、インターホンの画面は警察手帳を映していた。
 警察の人がなんで?と不思議に思いながら、彼女は自分の服の乱れを確かめてから、玄関のドアを開けた。
 ドアの前には、警官の制服を着た男が立っていた。顔は緊迫としていた。
「通報があったので駆けつけたのですが、奥さん大丈夫でしたか?」
 彼は警察手帳をしまって、家の中に入ってくる。
「通報って、なんの事でしょうか?」
「あなたの家に強盗が入り、部屋を荒らされたと110番通報があったんですよ。お金やら、宝石やら、大事なものを盗まれてしまったようですね」
「ええっ、そんなことありません」
 彼女はびっくりする。あまりの事に、眠気なんかふっとんでしまった。
「本当ですか?」
「はい。だって私、さっきまでテレビを見てましたし」
 不安そうに家の周りをきょろきょろする。眠っている間に泥棒が入ったのかと驚いたけど、家の中は、普段通りのままで、荒らされた様子はなかった。
「おかしいですね。電話ではたしかに強盗に入ったと、仰っていたんですよ」
「でも、何もなかったですよ」
「金目のある物は取られたし、あなたはロープで縛られて、抜け出すのが大変だったって、聞いたんですけどねぇ」
「ロープなんか縛られてないです。通報だってしてません」
「でも、確かに通報はありました」
「それって、イタズラではないですか?」
「いやいや、強盗が入ったのは本当のことです」
「家を間違えたんじゃないですか?」
「いえ、この家です。間違いありません」
「でも、家にいた私が何もなかったって言っているんですよ。嘘なんか付いていません。本当に強盗なんて入ってませんし、通報もしていません」
「それでも起きたんですよ。この家に強盗が入ったのです」
「そんなの、嘘です」
「事実ですよ。だって、たったいま強盗が入っているじゃないですか。尤も、通報するのはもう少し先ですけどね。さあ、お金を出しなさい」
 警察官になりすました男は、ナイフを突き出した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ