挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

花ノ宮町限定☆美少女ヒーロー

作者:光太朗
遠い昔、なりたいものにならせてあげると、仮面の男がいった。ヒーローになりたいと、少女は願った。そして十二年ぶりに、懐かしの町に帰ってきた少女は……!? 勢い重視のファンタジックライトコメディ!
scene_0 「魔法が使えるんだ」
2011/10/28 13:46
scene_1 「嬉しいんだよ」
2011/10/28 13:47
scene_2 「ヒーローだもの」
2011/10/31 16:00
scene_3 「敵がいるはずです」
2011/11/08 12:38
scene_4 「冗談や遊びじゃないんだ」
2011/11/13 22:25
scene_5 「心を、ひとつ」
2011/11/18 17:42
scene_6 「もはや無関係なのだから」
2011/11/20 02:15
scene_7 「怪しすぎて逆に怪しい」
2011/11/22 01:48
scene_8 「ヒーローって、なんだ」
2011/11/23 10:02
scene_9 「絶対に、来てくれる」
2011/11/24 02:16
scene_10 「やめてしまえばいい」
2011/11/25 13:21
scene_11 「ヒーローになりたい」
2011/11/26 06:53
scene_12 「だから、助けに来たの」
2011/11/28 01:42
scene_13 「大好き」
2011/11/29 00:59
scene_14 「良かった」
2011/11/29 01:04


おまけの小話公開中です。よろしければポチッとどうぞ。

web拍手 by FC2 お返事

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Elixir ―エリクシル―

求めるのならば与えましょう、その奇跡『エリクシル』を── 医術が独占された国で、賞金首として追われる異端の医師、キルリアーナ。独占する側でありながら、キルリア//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全22部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/09/16 00:07
↑ページトップへ