挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ソラニワ 作者:緒浜
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/53

008 replay

 “何でもする”
 瞳を瞬いて、少年が声を震わせる。
 長いまつげに縁取られたその双眸は、どこまでも澄みきった夜空色だ。
 一片の曇りもない一途さは、狂気と見紛うほど。
 すべてを削ぎ落とした眼差しはまっすぐであるが故に脆く、側面からちょっと力を加えれば一気に壊れてしまいそうで。
 ――この手で壊したい。
 そんな衝動に、手指が疼く。
 “何でもする”
 まっすぐに澄みきった“それ”を、叩き壊し、踏みにじり、欠片さえ残らないほど粉々に打ち砕く。
 その快感を思って、桐生は唇を笑みに歪ませた。
 薄暗い部屋で発光するホログラフの少年が、再び声を震わせる。
 “あいつのためなら、何でもする。だから……”
 哀れみを誘う幼げなその声音に、桐生が口元の笑みを大きくする。にやにやと笑いながら、桐生は手元のコントローラーを操作した。
 映像を少し戻して、再生する。
 “あいつのためなら、何でもする”
 再び戻して、再生する。
 “のためなら、何でもする”
 戻して、再生。
 “、何でもする”
 “何でもする”
 “何でも”



 ――何デモスルワ。



 とうに忘れたはずの女の顔が脳裏をよぎる。
 もう顔立ちも思い出せないけれど、病んでなお赤い唇だけが記憶に鮮やかだ。
 唇はいつも、そこだけが別人のもののように妖しく微笑んでいた。



 何デモスルワ。
 オ母サン、アナタノタメナラ。
 何ダッテ、デキルノヨ。



「――嘘つきめ」
 ぱき、と音を立てて、コントローラーの液晶がひび割れる。
 桐生の頬に張り付いていた筋の収縮だけの笑みは、いつのまにか消え去っていた。
 その双眸に満ちているのは、深く冷たい憎悪と侮蔑。
 何でもする、なんて。
「嘘を、吐くなよ」
 卓上に設えられた電子パネルに手を伸ばす。画面が展開し、繋がった回線から案内役の女性の声が聞こえてきた。
「桐生だ。木刃大佐に取り次ぎを……そう、捕縛部隊の出動要請だ」
 “ソラは……あいつは無事なのか?”
 再び動き出した映像から目を離さないまま、桐生は話した。
「……沢木? ああ、彼らは彼らで勝手にやるだろう。所詮まだ教士だ、何も期待はしていないさ。……いや、長老会がうるさくてね。まあ、うまくすれば足止めぐらいにはなるかもしれない。それで予定より早いが、こちらはこちらで本格的に動くことに……そう。もし彼に“適正”があれば“計画”は大きく進展する。成功する可能性は低いが、試してみる価値はあるだろう。魔法士は貴重だのなんだのと渋っていた長老会も、狂った背反者なら文句は言わないはずだ。……いや、その必要はない。彼が投降する可能性はまったくのゼロだ。逆に捕縛には骨が折れるだろうね。彼の動きを止めるなら、むしろ……」
 “何でもする。あいつのためなら、何でも。だから……”
 ホログラフが祈るように声を震わせる。
 幼い路音の顔が苦しげに歪んだ。
 “だから、ソラを殺さないで”
 桐生が残忍な笑みを浮かべた。
「……“ヒトガタ”の殺処分を、最優先に」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ