挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

92/549

6-19.黄金の聖剣と魔法道具

※8/13 誤字修正しました。

 サトゥーです。夜遅い仕事のせいか社会人になってから夜中に自室の風呂に入った記憶がありません。大抵は朝起きて目を覚ますために熱いシャワーを浴びて済ます事がほとんどです。
 ゆっくり湯に浸かれるのは、連夜の泊まり込み中に気分転換で行くスーパー銭湯くらいのものでした。





 ここ数日、夜風が冷たくなってきたので、夫妻には馬車の中で寝てもらった。オッサンは兎も角、ハユナさんが風邪を引くと赤ん坊にまでうつったら困るからね。

 今日の夜番は、いつもと組み合わせが違う。

 いつもは、オレ、ミーア、ルルが一番手、ポチ、タマ、ナナが2番手、リザ、アリサが三番手なんだが、今日は、アリサとミーアが順番を交代している。

「何作ってるの?」
回路液(サーキット・リキッド)だよ」

 大抵の教本では、魔液(リキッド)とだけ書かれている。
 今作っているのは、普通の魔液(リキッド)とは違う。紙束に隠されていたレシピに合わせて作っている。
 うん、素材が違うだけで、作り方は普通の魔液(リキッド)と同じだ。

「ふ~ん、あれ? いつもは赤く光ってなかった?」

 目ざといなアリサ。今は集中を切らしたくないので、アリサの言葉には答えずに、魔力を吸って青く(・・)光る魔液(リキッド)を見つめながら作業を進める。

 半分に割って魔導回路(サーキット)用の溝を刻んでおいた木剣に、完成したばかりの青い魔液(リキッド)を流し込んでいく。
 適度に温度を落としてから流し込んだので、前みたいに台座の木が燃えることはない。

「黒いけど、これも木刀なの?」

 あまり無視するのも可哀想なので、軽く顎を引いて肯定しておく。ルルは、大人しくみてるのに、騒がしいヤツだ。

 木剣の残り半分に薄く膠を塗って重ね合わせて貼り付ける。さらにヒモで縛って固定する。そのまま魔力付与台に載せて、木剣の中の魔液(リキッド)を付与台で微操作して、より細かいパターンを引いていく。

 やがて見ているのに飽きたのか、アリサが干し肉を咥えたまま、膝を抱えてゴロンと横になってしまった。その姿勢のまま、こちらを眺めている。
 オレの横ではルルが、額に浮いた汗をハンカチで優しく拭いてくれる。きっとルルの女子力は、53万くらいあるはずだ。

 完成した木剣に魔力を注いでみる。リザの槍より魔力の通りが悪いが、なかなかだ。

 木剣全体が、薄っすらと青く光る。

 魔力の供給をやめても、少し暗くなったものの光ったままだ。

「ね、ねぇ、青い光を放つ魔法の剣って……そ、そんな訳無いわよね。アレがそんなに簡単に作れる訳無いもんね」

 アリサの言葉に動揺がある。正体に気がついたみたいだ。

 もう一度、魔力を供給しながら木剣を振る。
 青い軌跡が綺麗だ。

「ねぇ、ソレって本当にアレなの?」

 その残像が闇に溶けるのを待って、アリサに答える。

「そう、聖剣だよ」





「ちょ、ちょっと聖剣って言った?」
「正確には聖剣モドキだよ」

 昼間、アリサがたて読みを見つけた紙束に載っていたのは、聖剣を作ろうとした男の研究記録だった。

 主な内容は、聖剣を作るために必要な特殊な回路液(サーキット・リキッド)の作り方。竜鱗粉(ドラゴン・パウダー)や宝石の粉、金塊などを素材にする。さっきの試作で金貨15枚分が飛んだ。これがMMO-RPG(ネット・ゲーム)ならスキル上げを断念する人間が出てきそうなレシピだ。

 もっともオリジナルの部分はここだけで、後は魔剣と同じ作り方みたいだ。その辺はトラザユーヤの書物の方が詳しかったので、そちらを参照した。

 モドキと言ったのには訳がある。

 さっきのように木剣などで作ると成功するのだが、鍛造する剣では上手く作れないらしい。鍛造は熱い金属を叩いて延ばすんだから中に精密な回路を形成できるわけが無い。今回は木みたいに柔らかい素材だから成功したみたいだ。
 トラザユーヤの様に高度な術理魔法を使う者でも、魔剣の作成は鋳造でしか成功しなかったみたいなので、他の聖剣みたいなモノを作るには更なる秘儀が必要になるのだろう。

「モドキなの? でも、勇者(マサキ)の持ってた聖剣と同じ色に光ってたわよ」
「実体が無くて弱っちい敵なら、本物と同じような効果が出そうだけど、所詮は木剣なんだよ。切れ味増加とか攻撃力アップみたいな回路の作り方も判らないし、今のところは聖属性を持たせた木刀だね」

 このレシピを残した研究者だが、予想に反してサガ帝国の人間ではなく、シガ王国の人間だった。
 王都にある王立研究所に居たらしいが、派閥争いに負けて辺境に追いやられてしまったらしい。これは違う紙束に、やはり縦読みで隠して書かれていた。殆どが恨みつらみだったが、エルフの賢者という人物の協力で1本だけ鋳造の聖剣を完成させたらしい。その剣の名前も載っていたが、あんまりな名前なので黙して語らないでおこうと思う。

 この木聖剣だが、持っている聖剣の中で一番弱いジュルラホーンが相手でも、打ち合ったら一合と保たずに破壊されてしまうだろう。たぶん、リザの槍どころかポチやタマの小剣と打ち合える程度だと思う。

 この青い回路液(サーキット・リキッド)――研究資料には青液(ブルー)と書かれていた――だが、青く光るのと聖属性を持つだけでなく、使用者が魔力を送らなくても自然界から自力で魔力を汲み上げる機能が付与されるらしい。
 アリサ風の感想をいえば「永久機関キター!」と叫びたい感じだ。実際は永久機関というよりは風力発電や太陽光発電みたいな感じだが、かなり便利だと思える。大規模に作るのは、ドライアドの居た山みたいに、自然破壊が予想できてしまうのでNGだろう。

「ちょっと貸して~」

 そう言って手を出してくるアリサに木聖剣を貸してやる。後で、お揃いの木魔剣も作ってみよう。両手に持って中二なセリフを言うアリサの姿が目に浮かぶようだ。

 アリサは魔力を注いでは青い軌跡を楽しんでいる。
 途中、何を思ったか、魔力をどんどん注ぎ始める。爆発したらどうする。危機感知が反応する前に取り上げる。

「危ないだろ、爆発したらどうするんだ」
「ごめんなさい、どのくらい吸うのかと思って試してたら止まらなくて。100ポイント注いでも限界に行かなかったわよ」

 一度限界を試してみたいが、当分の間、夜の散歩はアリサが許してくれなさそうだ。野営地で試して皆を怪我させたくないので、機会を待つことにした。

 せっかくなので、少し遊びを入れてみよう。

 木聖剣の表面に金箔を貼っていく。鍔の所に刻んであった薔薇の模様に、粉末状に砕いたサファイアを塗布する。さらに花弁に見立てたサファイア片を貼る。この時、サファイア片の裏に青液(ブルー)を薄く塗って魔力供給で青く光るようにした。

 刀身が寂しかったので、金箔の上にも青液(ブルー)で唐草模様を少し入れてみよう。

 魔力を通すと金色の木聖剣に青い光が浮かんで、キラキラと綺麗だ。特に根元の薔薇の光り方がいい。

「ご主人さま、素敵です」
「うっわ~ なにソレ、成金が泣いて喜びそうな装飾ね」

 確かに、金ぴか過ぎたか。木魔剣は銀色にしよう。





 さて、検証が終わってスッキリしたので、兼ねてから作りたかった魔法道具の試作を始める。設計は移動中の暇な時に済ませてある。サンプルが幾つも有ったので、そのなかから簡単なものを組み合わせただけのものだ。

 まず、今日の昼に作っておいた銅貨を叩いて引き伸ばした非常に薄い銅版に発熱するタイプの魔液(リキッド)でパターンを描く。

 次に木を削って、拳の半分くらいの大きさのプロペラを作る。
 プロペラの中心に穴を開けて軸を入れて、魔力を通すと回転するように魔導回路(サーキット)を構成する。

 回転させるための魔導回路(サーキット)のサンプルが思いのほか簡単そうだったので、前に買った魔力コマを分解して見た。予想通り魔液(リキッド)の使用量も少なく、単純な回路だった。だいたい原価は銀貨1枚くらいだったみたいだ。

 この前から簡単に作っていたが、普及率から考えて魔法道具を作れる人間は、思ったよりも希少なのかもしれない。

 完成したパーツを筒に組み込んで行き、最後に取っ手をつける。

「まさか!」
「そう、髪を洗った後に欲しくなるアレだ」

 試運転はアリサに任せる。魔力を注ぐとプロペラが回転し、発熱板の生み出した熱を空気と共に流す。

「まさか、こっちでドライヤーが使える日がくるとは思わなかったわ」

 異世界(こっち)だろうと、便利なものは欲しいよね。
 そろそろ寒くなってきたし、次は暖房設備かな。冷たい水で洗いものとか洗濯とかで、ルルの手がアカギレする前に、湯沸かし器でも作ってみるのもいいかも知れない。

 夢が広がるね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ