挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
443/539

14-21.雪の王国(2)SS

※2015/12/19 誤字修正しました。

※今回はモブ視点のオマケSSです。
 私はキウォーク王国の北西にある雪崩村のピピネ。

 シガ王国から来る行商人のポンさんは、この国の事を雪と樹氷の王国なんて呼ぶけど、寒くて貧しいだけの小さな国だ。

 隣のコゲォーク王国とは仲が悪くて、数年おきに戦争をしている。
 私のお祖父ちゃんも、お父さんも、お兄ちゃんも兵隊として連れて行かれて帰って来なかった。

「お姉ちゃん、狩りなんてダメだよ」
「そうだよ、ピピネ。一人で狩りなんて出かけたら、雪豹に喰われちまうよ」
「ごめんね、吹雪がやんだ今しか無いの」

 妹や祖母が引き留めるが、私に選択肢はない。

 すきま風の吹き込むこの家には、短い春に摘んだ山菜の漬け物どころか、干し肉も干し魚も雪野菜さえも残っていない。
 ヤクを飼っていた頃ならミルクを貰えたけど、二年も続く長い冬の間に全て処分してしまった。

 この三日間、水しか飲んでいない身体からは力が抜けはじめている。
 今のうちに何か食料を手に入れないと、遅かれ早かれ餓死は免れない。

 雪兎なんて贅沢は言わない。
 霧虫や栗鼠、雪の下の雑草でもいいから、何か採ってこないと。

 凍り付いた扉を蹴り開け、私は雪の中に足を踏み出した。

 ――シロ、しろ、白。

 いつもの光景の中、遠くに見えるキウォーク山を目印に進む。

「樹氷草だ」

 この草は食べられないが「れんせー」に使うとかで、行商人のポンさんが高く買ってくれる。
 ポンさんが来る春まで生きていられたら、保存食と交換して貰おう。
 私は思わぬ収穫物に、運が良いと笑みを漏らす。

 この運を生かして、何か食べられるものを見つけなきゃ。

 ――ユキ、ゆき、雪。

 かんじき・・・・を履いていても、粉のように柔らかい新雪は私の足を呑み込んで、なけなしの体力を奪っていく。

 雪の向こうに、小さな白い影が動くのが見えた。

 もしかして、雪兎?

 今日の私は本当に運が良いみたいだ。
 私は期待を込めて、背中の短弓を手に取る。

 ドサリと音がして、近くの木から雪が落ちた。

 ――バカ! 雪兎が逃げたらどうするのよ!

 私は悪態を吐きながら、短弓に矢をつがえた。
 白い影が見えた場所で、雪が跳ね上がる。

 ――逃がさない!

 反射的に駆けだした私の視界に映ったのは、白い雪の中に見えたピンク色の三角形。
 跳ね上げられて舞い散る雪と白い靄のような湯気が、ピンクの周りを揺らめく。

 ――ヤバイ。

 そう気がついた時は、もう手遅れだった。

 雪の中から身を起こしたのは、雪色の獣。

 それも雪豹すらエサにする、雪原の覇者――噴進狼ロケット・ウルフ

 雪崩のような音を立てて背後の雪を吹き飛ばし、瞬き一つの間に目の前に現れた。

 ――PHYUSWYURUUUUUU。

 生暖かく臭い息が私の顔に吹き付けられる。
 鋭い白い牙から垂れた滴が、雪に深い跡を残した。

 ――ああ、私はここで終わる。

 妹やお祖母ちゃんを残して逝くのは心配だけど、この苦しみだけの生から逃れられるなら、それも悪くない。

 そんな諦めの心も、顔の上に落ちてきた温かい涎で吹き飛んだ。

 ――死にたくない、シニタクナイ、しにたくない!

「だ、誰か、助けてぇええええええええ!」
「はい、なのです」

 ――え?
※次回更新は 12/20(日) の予定です。


※活動報告にデスマ6巻「なろう特典SS」をアップしてあるので、宜しかったらご覧下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ