挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

371/557

SS:タマと悪者退治

※ちょっとだけ未来(13章中)のお話です
※年末年始特別号です。
「夜のお散歩~?」

 お出かけするご主人様を見つけたので、緊急タイホなの。
 だって、アリサとミーアに頼まれてるから。

「ああ、見つかっちゃったか。皆には内緒だよ?」
「あい」

 ご主人様に翼靴ウィングブーツを穿かせて貰って一緒にお出かけ。

 ミーアやアリサは「ご主人様が一人で出かけようとしたら捕まえて」って言ってた。
 でも、今はタマと一緒だから、大丈夫。

 ――大丈夫だよね?

 隣のお屋敷の天辺から、ぴょ~んと飛んで出発!
 ご主人様の黒いマントが風に揺れて楽しそう。白い仮面も笑ってる。

 タマは上手く飛べないから、ご主人様にだっこして貰う。

「どこまで~?」
「もうすぐ――ほら、あそこだよ」

 ストンと尖塔の天辺に着地。
 マントは風に揺れてるのに、ご主人様はぴくりとも揺れない。

 ――さすが、なの。

「ほら、あの悪者を退治するんだよ」
「悪者~?」

 ご主人様の指差す方を見ると、黒ずくめ達が武器を持って路地裏に潜んでる。

「ウチの従業員の実家を襲ったらしいんだ――って、そんな話は後だ」

 ご主人様がタマを顔の前に持って来る。
 見つめられると、恥ずかしい、にゃん。

「いいかい、あいつらは迷宮の魔物より遥かに弱いから、手加減を忘れずにね」
「あいっ!」

 シュタッのポーズでお返事。

「さあ、忍者の時間を始めよう」

 ご主人様の言葉に、コクリと頷く。
 だって、ニンジャは喋らないから。

 ご主人様がタマを抱えたまま黒ずくめ達の正面に着地する。

「なんだ、キサマらは!」
「お前達の敵さ」

 着地と同時にタマは陰に潜む。

「なんだ? ピンクの塊が消えたぞ?」
「それより、こっちの怪しい仮面を殺せ!」
「「「応!」」」

 黒ずくめ達が、一斉にご主人様に襲い掛かる。
 タマは助けに行かない。

 だって、必要ないから。

 ――しゅごい!

 ご主人様が6人に増えて、6方向から襲ってくる黒ずくめ達を攻撃してる!
 みんな剣を振り下ろすヒマもなく、打ち倒されて地面に転がった。

 タマも覚えなきゃ!
 だって、ニンジャだから。



 見とれてばかりじゃ、叱られちゃう。タマも仕事をしなきゃ――。

「向こうが騒がしいな」
「衛兵に見つかったのかもな」
「オレ達だけでも、さっさと奪って、殺して、逃げようぜ」
「だな」

 悪者発見。
 しゅりけん、しゅっ、しゅっ、しゅ~?

 ――あれ?

「ふん、なかなかやるようだが、元赤鉄の俺様には通じないぜ?」

 手加減しすぎちゃった。
 オジサンが大斧で襲い掛かって来た。

 居合い一閃なの。
 ニンジャトーをしゅぱんと抜いてシュシュッと振ると、斧なんて真っ二つ。

「うぉ、なんだ? 赤い刃が飛んで来た?」

 うにゅ、魔刃砲が出ちゃった。
 ――あっ、ご主人様が向こうで魔刃砲をキャッチしてくれてる。

 タマは手を振ってご主人様にありがと、ってする。

 あれ? でも、さっきまで向こうで戦ってたのに?
 振り向くと、そっちでもご主人様が戦っていた。

 残像! アリサが魔王ごっこで良くやってる「それは残像だ!」にゃん!
 さすがはタマのご主人様。

「魔法の武器か。この卑怯者め!」

 オジサンがぷんぷんって怒ってる。

 卑怯じゃないもの。
 それに卑怯って言った方が卑怯なの。

 だって、ニンジャは正義のミカタ、だから。

 タマも、残像、するっ。

「くっ、瞬動か!」

 オジサンの斧をクナイで受け止めながら、距離を取る。
 う~ん、ちょっと違う。

 オジサンが短剣を投げてきたのをひょいひょいと避けながら、向こうで戦うご主人様を良く見る。

 う~ん、難しい。
 ちょっと動いて、ぎゅん、って動くのかな~?

「ちっ、簡単に避けやがって、これなら、どうだ! 『炎よ』」

 オジサンが火石の付いた短い杖をこっちに向けてきた。
 小さな火の弾が飛んでくる。

 無駄にゃん。
 これは、ここを、斬・れ・ば――解決っ。

「なんだとぉ! こいつ魔法を切りやがった!」

 今度は、タマの番。

 ちょっと動いて、ぎゅん、って動く。

「な、増えた、だと?!」

 成功したみたい。
 でも、勢い余ってオジサンのお腹にぶつかっちゃった。

 口から血を吐いて死にそうなオジサンに、ご主人様が回復魔法を掛けてくれた。
 ご主人様、ありがとなの。

「タマも倒し終わったみたいだね。衛兵の人達も来たみたいだし、こいつらを引き渡したら帰ろうか」
「あい!」

 ご主人様が、えーへーの人に悪者を渡した後、お屋敷に帰る。
 途中で変装を解いて「ぴーぷー」って鳴るお店に寄って「ヨナキソバ」を食べた。

「まさかラーメンの屋台があるなんてね」
「美味しい~」

 今度はポチや皆も一緒に「ヨナキソバ」を食べに来たい。

「そうだね、今度はポチ達も連れて食べに来ようか」
「あい!」

 だから、ご主人様の言葉が嬉しくて、シュタッのポーズで元気良くそう答えた。
年越しそばネタのふりをしたラーメン屋台でした。

 本年も「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」をご愛顧頂きましてありがとうございます!
 来年もWEB版および書籍版ともによろしくお願いいたします。
              2014.12.31 愛七ひろ

※2015/4/5 下記のような指摘がありました。
 後日、この幕間を修正して10章に持っていくかもしれません。
>第十章の幕間:忍者タマの冒険で三人に分身してるんですけど……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ