挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
34/530

第三章の登場人物

ちょっとした纏めです。
読み飛ばしてください。
 第三章の登場人物


【アリサ】

 11歳。Lv10。奴隷。薄紫色のゆるふわ髪の正統派北欧系幼女
 クボォーク王国の元王女。紫の髪や瞳は縁起の悪いものらしい。
 元日本人、橘亜里沙。少年嗜好者(ショタコン)。欲望にわりと忠実。
 サトゥーが日本人だと見破った。サガ帝国の勇者と面識がある。
 称号:「サトゥーの奴隷」「亡国の魔女」「気狂い王女」
 スキル:「精神魔法」
 ギフト(先天スキル):「自己確認(セルフ・ステータス)
     「能力鑑定(ステータス・チェック)
     「技能隠蔽(ハイド・スキル)
     「宝物庫(アイテムボックス)
特殊能力(アビリティ):「不倒不屈(ネバー・ギブアップ)
     「全力全開(オーバー・ブースト)


【ルル】

 14歳。奴隷。黒髪黒目の正統派和風美少女。王の庶子。アリサの異母姉。
 曽祖父が日本人。隔世遺伝らしい。
 この世界の人からは醜女に見えるらしく、使用人達にまでブスと陰口を叩かれていた。 スキル:「礼儀作法」





【白髪の文官さん】

 72歳。執政官。
 初登場時には完全に空気でしたが第四章ではもう少し活躍します。


【中隊長】

 29歳。騎士。
 ゼナの上司。筋肉が溢れて来そうな男、いたずら小僧の様な表情。フケ顔。


【文官のお姉さん】

 20歳。
 白髪の文官さんの部下。蛙肉を没収しカマドウマの槍を取り上げようとしてリザに嫌われた。獣娘達3人の所有証書を作ってくれた親切な人。


呪い士(まじないし)の女の子】

 18歳。呪い士(まじないし)。生活魔法が使える。
 ワンピースっぽい服を着ている。算数が苦手。


【青年奴隷商人】

 22歳。契約(コントラクト)スキルが使える
 奴隷商人(ニドーレン)の部下。


【奴隷娘達】

 13~18歳。
 欧風美人。胸元が透けた膝丈の薄布1枚だけを着ている。処女。
 オークションで高値で取引された。


【売れ残り奴隷娘達】

 15歳。金髪。そばかす。不貞腐れた態度。スキル「交渉」
 26歳。茶髪。面長。長身。スキル「性技」
  9歳。くすんだ金髪。痩せ過ぎ。処女。スキルなし。
 15歳。三つ編み赤毛。文学系の地味な少女。処女。スキル「採取」

 売れ残ると鉱山都市に売りに行くと聞いてアピールを始める。


【ハヤト・マサキ】

 18歳。レベル61(アリサと出会った当時)。
 サガ帝国の勇者。変態紳士(ロリコン)
 フケ顔の癖にイケメン。マッチョで体毛が濃い。
 彼のユニークスキルは『矛盾』らしい。
 剣と槍の基本スキルに威力や手数を増やすスキルまで色々持っている。
 回想にのみ登場。


【従者の女性】

 ?歳。勇者のお目付け役。回想にのみ登場。


【メガネっ子】

 ?歳。勇者の仲間。参謀タイプ。メガネっ子。回想にのみ登場。


【奸臣】

 ?歳。
 隣国の王と組んでアリサの内政チートを妨害した。
 城の地下にある死んだ迷宮を復活させるために王族を生贄にする。
 アリサとルルに生涯奴隷を強制する魔法を掛けさせた。
 魔族の襲撃で死亡した。


【宮廷魔術士】

 ?歳。
 奸臣の仲間。強制(ギアス)という非常に強力な術理魔法が使える。
 なぜ貧乏国に仕えていたのかは不明。
 アリサとルルに生涯奴隷を強制する魔法を掛けた。


【クボォーク王国の王族】

 王、王妃達、王太子は公開処刑。
 他の王子、王女はアリサとルルを除いて生贄にされた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ