挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

290/550

SS:リザ買い食い

※サトゥー視点ではありません(アリサ視点)
 再掲載です。

「お、リザさん、ハッケーン!」

 西門前の軽食エリアに来れば、誰かいると思ったのよね。

 声を掛けたいトコだけど、買い食いする品を選んでる時はダメなのよ。前に声を掛けたときに、食い殺されそうな目を向けられたもん。アレは夢に見るレベルよ。
 露店のオヤジとか、脂汗を流しながらあの視線に晒されながら笑顔で接客するなんて、見上げた商人魂だわ。笑顔が引きつってなかったら「一流の」って付けてあげたんだけど。

「おい、アレは黒槍のリザか?」
「お、今度は何の肉を選んでるんだ?」
「トカゲの肉串と兎の骨付き肉を迷っているらしい」
「どっちも、大銅貨が必要な肉か~、さすが赤鉄証の探索者は羽振りがいいねぇ」

 周りの探索者達が話すのが聞こえた。リザってば、有名人じゃん。
 鋼トカゲの肉串と岩兎の骨付き肉を選んでるのか。どっちも堅そう。
 でも、朝方、アイツから皆に金貨1枚配ってたんだから、両方食べればいいのに。
 選ぶのが楽しいから別にいいけどさ~

「お、選んだぞ」
「どれだ?」
「トカゲの肉串だ」
「おいおい、共食いかよ」

 む? ギャラリーの最後のセリフがムカついて振り向いたら、周りのリザのファンからタコなぐりにされていた。

 あらら、出番なしか。
 街中じゃ魔法が使えないから、スキルレベル0の杖術が唸ったのに。やっぱ、ルルみたいに護身スキルでも取って置くべきかな? かな~?

「美味です。鋼トカゲの肉串は、淡白な味に思えて噛めば噛むほどに中から旨味が染み出してきて――」

 うぁ、リザってば、串を齧るなり語りだした。
 でも、ホントに肉なの? 何かヘンな音してるよ?

「おい、リザさんの『美味です」が出たぞ。あの串焼きはアタリみたいだ」
「はん! この素人がっ。『美味です』の後の言葉をよく聞け」

 素人って、アンタ達……。

「そうそう、歯ごたえを絶賛している時は買っちゃダメだ。オレ達ごときの惰弱な顎じゃ歯が立たねぇ」
「お前ら人族と一緒にするな、獅子人のオレに喰らえぬ肉など無いわ! オヤジ、オレにもコイツと同じ肉をくれ!」

 まわりのギャラリーの人の忠告を無視して獅子人族の男が、リザと同じ肉を買って食べて「歯がっ」とか呻いて座り込んだ。
 ご愁傷様~
 それにしても、あんな肉を仕入れるなんて、チャレンジャーよね。
 半分くらいの肉串は、色が違うから別の種類の肉なのかな?

 リザが、2本目に選んだ肉を咀嚼している。今度は「歯ごたえがイマイチですが」と続けている。
 なるほど、選んでたのは、どれを食べるかじゃなくて順番だったのか。納得。

「よし、岩兎の方が狙い目なわけだな」
「オレ、今度、迷宮で大金を稼いだら岩兎の肉を食べるんだ……」

 最後のヤツが死亡フラグを立ててない事を祈るわ……。
 結局、リザさんに声が掛けられたのは、5本目の締めの蛙肉の肉串の後だった。
※活動報告 2013/12/05 に掲載したものと同じです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ